ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS tuttiの中で埋もれない吹き方

<<   作成日時 : 2008/07/09 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

ベートーヴェン交響曲第3番「英雄」(2nd)に乗せてもらったのですが、
ベートーヴェンの曲って、全員がガーッとうるさい時にファゴットが別の事をしていて、「頑張っても吹いてもこりゃあんまり聞こえないよー」という状況なのに、プロのCDを聞くともれなくファゴットの音がバッチリかっこよく聞こえてる箇所が結構あると思う。

例えば4楽章の最後(418小節目)
レー「シ♭ソ」と動くのはファゴットだけ。
画像


この箇所は練習・本番とも指揮者から指差され、当方も結構頑張って吹いたけど、
他の楽器の抵抗勢力を押しのけて聞かせるには、
・2人で呼吸を合わせて吹く
・べったり吹く
・ボディーアクション ←指揮者の指示
…あとは、気合?根性?

専門家の皆さんどうしてるのでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
僕だったら細かい音を固くハッキリ立ち上がらせた上でちょっと大目に時間を使うかな?
べったり吹くだけだと(時間を使うことを言いたいのだと思うのだけど)自分の前の音に埋もれて聞こえなくなってしまいそう
善蔵
2008/07/10 08:16
前の演奏会で私も似たような経験をしました。プロオケの音源を聴いても聴こえないし、パートリーダーにも何度も相談したのですが、結局、答えが出なかった・・・。とにかく楽譜どおりに吹こうと思いましたが、なんだか未消化で終わってしまいました。難しいですね。
ここぼろ
2008/07/10 21:21
劣悪な画像にお付き合い頂きありがとうございます。

善蔵さん、べったり?というか、細かい音も、音の最後まで音を抜かずに吹くというのでしょうか…。

ここぼろさん、パートリーダーに何度も相談したというのはすごい。私は1stの人とまぁいいか、でも頑張って吹くかという超適当な臨み具合。でもやっぱり未消化なので、録音を聞くのが怖いです。
pyon
2008/07/11 07:33
うーん・・・
僕の場合はどっちかというとホールの響きまで含めて被らない程度でmarc.のイメージかな?
同じことを別のイメージで言ってるみたい(^_^;)
善蔵
2008/07/11 08:26
今現在クラリネットを吹いていますが
2枚リードの楽器に興味があります。でもアンブッシャーが難しそうです。やっぱり違いすぎて大変でしょうか?
マリル
2008/07/13 17:02
善蔵さん、ホールの響きまで計算する余裕はありませんでした。音を言葉で表現するのは難しいですね。音で表現するのも難しいですけどね…。ご容赦下さいませ。

マリルさん、私の同級生で大学の時クラリネット、社会人になってからファゴット(+その他多数の楽器)を吹く人がいます。私はクラリネットを吹いた事がありませんので口の使い分けが必要なのかわかりませんが、情熱があればできるみたいですよ。ファゴットのコツは口に力を入れないことです。
pyon
2008/07/13 20:31
ご返事ありがとうございました。私の場合社会人はとっくに過ぎて50に近い年齢です。地元のシニア楽団で吹いています。2枚リードの楽器がないので以前から興味がありどうかな・・・とObかFgで口に力を入れないという事は歯形なんてつかないわけですね。
マリル
2008/07/15 21:50
マリルさん、大変失礼しました。何となく学生の方かと勝手に想像してしまいましたm(__)m
リードは「モ」の発音の口でくわえて息を入れますので、慣れるまでは口まわりが疲れます。でも両刀使いができるようになったらかっこいいですね。
pyon
2008/07/16 23:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
tuttiの中で埋もれない吹き方 ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる