ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ビリビリ音を出すための技

<<   作成日時 : 2007/09/10 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ファゴットは、同じ楽器・同じ奏者でも、口、息、吹き方やリードによって実に色々な音が出せると思います。

曲によってビリビリした音(というのかな、勇ましい音)を出すために、
わたくし、例えば曲の中でビリビリ音を出したい箇所だけ、軽い種類のリードに変えたりしています…。
自分の技ではなくリードに頼ってる…これでいいのかな。いいのかもしれないけど。

本当は、いわゆる万能リードで、
自分の技(アンブシャや息や腹筋)で調節できるようになりたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私は不器用なので曲中でリード変えることは恐ろしくて出来ないのです
プロの方々も必要に応じて曲中でリード変えることはあるそうですからいいと思いますよ?
どちらかというと軽めのリードを使ってビリビリいわせないで吹けるようになるのが私の理想なのですが・・・

善蔵
2007/09/10 08:42
善蔵さん、私が「ビリビリ」言わせる時に使っている軽めのリードを、別の人はモーツァルトをまろやかに吹くために使っている、という話を聞いてびっくりしていたところです。どうしてこんなに違うのだろう…。
pyon
2007/09/11 07:21
実際のところがわからないからなぁ・・・

わたしも昔はビリビリ言わないように重めのリードを使っていたのですが・・・

うーむ(`_´;)
わからん・・・
善蔵
2007/09/11 08:40
ちゃんと音楽を習っていない私は色々自己流&他力本願&主観的で…。すみません。
リードのことは難しいですね。
pyon
2007/09/12 07:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ビリビリ音を出すための技 ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる