ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アンサンブルって難しい 〜後輩とパート練習♪(2)

<<   作成日時 : 2006/12/31 09:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、次回の演奏会に向け、ドビュッシー:小組曲を高校生とパート練習を試みたのですが、
この曲、楽譜は実に簡単なんですけど、
Fgは1st2ndで同じ音形でも、スラーの区切り・フレーズの取り方が違う等、2人一緒ではない場所が意外にあり、(ちょっと大げさですが)2人がそれぞれの役目を果たして初めてカッコよく聞こえると思われる箇所、盛りだくさんなのです。

かつて大学の大先輩からは、「アンサンブル」とは、
・自分の音を吹きながら自分の音を聞く
・相手(周囲)の音を聞きながら自分の音を吹く
・相手の出方を見ながら自分の音をコントロールする
・自分の音が相手にどれだけの影響力があるか考えながら吹く
事が大事だと教わった。

さらに、
例えば、楽譜上「スラーの切れ目」が人と違う事は、
楽譜の記載間違いの場合もありますが、
隣が息を吸ってるので、切れないように聞こえさせる
次のフレーズに向けて低音が主導権を握って次に繋げる
等々々(考えすぎな感もありますが)
その互いの役割に何かしら意味があり、その役目を考えて吹く必要がある、
という事も言っていた。

…これ、
口で理想を並べるのは実に簡単なんですけど、
これらを瞬時に実践するのは…実に難しい。
経験を重ねれば、何てことはないんでしょうけどね。
頑張りましょう。

---
…これらは、お仕事でも一緒ですねぇ。。
いやはや。

後輩とパート練習♪ なんか力入って長文す

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アンサンブルって難しい 〜後輩とパート練習♪(2) ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる