ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり注文が多いベートーヴェンの曲 〜交響曲第7番

<<   作成日時 : 2006/11/12 08:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2月の演奏会に向けたベートーヴェン交響曲第7番の練習に行ってきました。
のだめカンタービレの影響を受け、楽しく、元気に、華々しく演奏できればいいなぁ
というイメージで合奏に臨んだのですが・・・

(いろいろな方の話を総合すると)
ベートーヴェンの曲は、楽譜に細かい注文が多い。
その楽譜に忠実に演奏しなくてはいけないというのが、どうやら業界の常識らしい。
・スタッカートと普通の音符の音の長さの違い
 (苦しくても普通の音符は音の長さを正確に守り伸ばす)
・アクセント(>)、くさび形アクセント、sfの違い
 (苦しくてもアクセント類があればその都度アクセントをつける)
等を吹き分け、最後まで遵守するのがベートーヴェンらしい演奏という。

・・・すっかり忘れてました。
特にこの楽団、普段から弦楽器もゴシゴシ弾いて、濃い目の演奏をするのですが、
全体的に、普通の音符は音価を守って正確に伸ばして(ベターっと)吹くよう指示があり、
とっても重厚で濃い演奏を目指している模様。

いつものとおり、休みがほとんどない楽譜だし、
その前の曲は、意外に難曲シューベルト交響曲1番だし、
うおー。
できるかなぁ。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
のだめカンタービレ英語版
英語学習は漫画で覚えるのは早い!英語の漫画を紹介!あの漫画の英語版もあるかも!? ...続きを見る
英語学習
2006/11/14 21:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ベト七いいなぁ<しつこい?
ブライトコプの楽譜ではあちこちパート事に違ってたりするので揃えるのに苦心したりしましたが音価を皆でしっかり通すことで物凄いエネルギーが産まれてくる気がします
月末に川崎でやる第九(さりげなく宣伝!)はベーレンライター版なのでさらに楽譜に忠実に吹くことを求められて苦しいですが揃えば新鮮な音楽が作れそうです
がんばりましょうね
善蔵
2006/11/12 08:49
善蔵さん、コメントありがとうございます〜
励ましのお言葉も頂いちゃって、嬉しいですわ。
あー残念、月末、この時間はちょうど練習…。頑張ってくださいねー!
ちなみに私がやったベト7は全部ベーレンライター版ですが、何度吹いても苦しいですね…。
pyon
2006/11/13 07:37
某楽団、ベト7も濃いんでしょうね・・・きっと。
聴きに行けたらいいな〜と楽しみにしております。
年明けからは私も苦しいベト7が待ってます・・。
今は違う苦しさショスタコ5を頑張ってます。
おかげでリードの消耗が激しい今日この頃です・・・。
rinko
2006/11/13 19:46
えっrinkoさん、今回は乗らないのですか…?知らなかった。。残念。相変わらず、今から指揮者と弦楽器は濃い演奏で、後ろから見ていて面白いです。
ショスタコ5番いいなぁ!やりたいなぁ。3楽章のソロとか大変そう。頑張ってくださいねー。
pyon
2006/11/14 07:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やっぱり注文が多いベートーヴェンの曲 〜交響曲第7番 ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる