ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS モーツァルトは音を短く。

<<   作成日時 : 2006/05/17 12:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

モーツァルト交響曲第36番「リンツ」を練習中です。
モーツァルトは輪郭がハッキリした音で吹けば何とかなる」という教えを遵守し
四分音符、八分音符♪をしっかり鳴らすため、■■■■と長めに吹いていたら
となりのFgの先輩が
「モーツァルトは、基本的に、音、短くていいんじゃない」
と言う。

手元にあるベルリンフィルのCDを聞いてみる。
■ ■ ■ ■と刻んでいる。かも。
でも、軽すぎないし、重たくも聞こえない。
一つ一つの音の処理を丁寧に、最後まで鳴らして、おさめている。

ひょっとしてやっぱり
モーツァルトってものすごく練習が必要かも…。


モーツァルト交響曲第36番「リンツ」/実は内声も面白いかも

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モーツァルトは音を短く・均一に(2)。
社会人になって、正当派な古典曲をたくさん演奏する機会に恵まれた。 夏の演奏会でも、モーツァルト「リンツ」の他、ベートーヴェン、シューマンを抱えているが はて、やっぱり、いまいちかっこ悪い。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/05/18 12:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
またやってきましたよ、pyonさん。

去年の定期演奏会で「リンツ」やりました。
歯切れよく、さわやかに〜を心がけました。■ ■ ■ ■みたいに音と音の間をあける感じ。
ぼくは「重くなっちゃいけない」って言われました。
かつひろ
URL
2006/05/17 18:12
かつひろさん、こんにちは。
リンツ演奏したのですね、アドバイスありがとうございます!
そうか、爽やか…かぁ。
ドドドド…と■と■にの間に間があかなくて
全然爽やかじゃないんですよねぇ…。
歯切れよく爽やか系を目指して頑張ります!
pyon
2006/05/17 19:22
腹の故障がやっとなおって来た善蔵です
今夜はUn Fagottable聞きに行こうか思案中

モーツァルト
これまでクラコンとレクイエムしかやったことがないのです
しかも今年も予定無し!

曲のせいかなぁ
その辺のことはあまり考えずにできました
善蔵
2006/05/18 09:20
おお、善蔵さん、体調は大丈夫ですか?
モーツアルト、基礎力に乏しい私が何にも気にせず普通に吹くとえらくかっこ悪いのです。なぜでしょう。
教則本やら音階練習をみっちりマスターした人なら楽勝なのかもしれないなぁ。なんとなく。
という私見です。

Un Fagottableいいですねぇ。18:30渋谷は難しく断念…。感想お待ちしてます〜(^^)
pyon
2006/05/18 12:09
おはようございます
行ってきましたよー
凄かったです
午後半休とったり五千円かけたりするだけの価値がありました
(私は休んでないですよー)
善蔵
2006/05/19 09:19
善蔵さん、Un Fagottableの記事拝見しましたー
うおー。残念!
20日小樽行きたいなぁ!
pyon
2006/05/19 13:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
モーツァルトは音を短く。 ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる