ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 演奏会メンバーになる条件って

<<   作成日時 : 2006/04/27 12:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

mollenさんから丁寧なトラックバックを頂きましたが、
楽団で吹くためには、まず楽譜が吹けることは当たり前で、人と合わせていくことは重要なファクター
だと、私も思います。
(その到達度は周りの皆さんとの相対的なものによるのだろうけど…)

オーケストラの管楽器はパート数に制限があり、他の花形楽器とは比にならないが、絶対数が少ないファゴットでも演奏会のパート決めで多少の駆け引きがある。
特に、大学1〜2年の初心者の時は、同じ学年でも上手・下手で演奏会に出れる人とそうでない人がいましたが
・一通り音が吹ける
だけでなく
・今の管楽器メンバーと「合わせ」られる
という周囲の相対的な選定基準(演奏会のパート数が多ければ基準は緩くなる)により、演奏会に出れるかどうか決まっていた気がします。

正規の演奏会に出れない期間の練習って結構辛いですよね。
でも、どのレベルまで吹けると演奏会に出れるという明確な選定基準はないんですよ。
例えば、教則本の○ページまで終わった
だけでは、人に合わせるアンサンブル能力が培われない。
→演奏会に出れない
→「合わせる」機会が絶対的に少ない
→他の同期より上達してない気がする
→悶々

…難しいところです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そうなのですか。本番に乗れる乗れないといったことも起こりうるのですね。僕は今のところ全乗り状況になっていますので、そこら辺の事情がよく分かっていませんでしたね。まあ、乗ったらそれに全力投球で行こうと思うのですが。
mollen
URL
2006/04/27 13:00
コメントありがとうございます〜
社会人の団体では演奏会に出れない事は全くないのですが、学生の時にはこういう事態があったなーと、ふと思い出してしまいました。
そうですね。出演となったら全力投球で行きたいですね。
pyon
2006/04/27 18:19
こんにちは。はじめまして。
私はヨコハマ在住でアマオケでチェロ弾いてます。
偶然こちらのブログにたどりついて読ませていただきました。
ファゴットはチェロじゃなかったらやってみたい楽器です(ヘ音ですもの)。
オケは共同作業なので「人とあわせる」というのが確かに重要ファクターですね。
どんなに上手い人でも合わせると本領が発揮できない(あわせるのが苦手)人もいるので、
自分は群舞の一部であることを常に意識しないとな、って思います。
ただ、弦楽器は普通はプルトに人数がいるので
そのなかで自分が率先して弾いてる人と周りに完全に合わせてしまう人といて、
それが絶対的なレベルの違いでしょうがない部分もあれば、
そうじゃなくて、そういう弾き方になってしまうという悩みもあったりします。
自分がもっとしっかり弾くようになりたいな、と思っている今日この頃です。
また遊びにきますね!
shinovsky
URL
2006/04/30 11:09
shinovskyさん、初めまして!
わたくしも次はチェロやりたい・・でも弦楽器休みが無くて大変そう。
傍目で見ると、弦楽器は複数人で1パート、皆さん音が合わせられてすごいなぁといつも思います。リーダー的な方に合わせるのも重要でしょうが、個々人がしっかり弾くとまた違った音になるんでしょうね。

ドヴォルザーク&ブラームスうらやましい・・・
こちらこそまた遊びに行きますね(^^)
pyon
2006/05/01 16:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
演奏会メンバーになる条件って ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる