ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2人の共同作業は難しい

<<   作成日時 : 2006/04/10 12:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

前回冬の演奏会の録音を聞いた。
チャイコフスキー交響曲1番はFgは1stと2ndの2管編成。オクターブ、3度ハモリ、ユニゾン(同じ旋律を吹く)が続出し、2人で息を合わせないときれいに聴こえない曲。

うーん。
2ndパートのわたくし、今回は主張しすぎたかなぁ…
時々1stのヘッケルおじさまの音が聴こえない。
でも、自分の聴こえたい低音は色んな音に消されて聴こえない。

たとえ2ndパートと言えども、Fgの2ndパートは低音・内声で重要であると思う個人的な主張
でも
1stはメロディーラインだから、やっぱり1stを立て(?)なくちゃ
という思いがいつも葛藤する。

折衷案がちょうど良いのだろうが、加減が難しい。
研究します…。


−−
1発目の音が出なかった1楽章最後
音が欠けちゃったことが見事にばれてます。
あぁ。はぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ホールに届く音は予測不可能(2)
もちろん、コントラファゴットの音だけでなく並ファゴットの音も、どのくらいホールに響くか予測不可能です。 2ndパート担当が多いわたくし、 Fgパートが3度・5度ハモリの部分で、1stのスーパーヘッケルおじさまの音を消している部分が…。 ホントごめんなさい。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/04/12 12:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2人の共同作業は難しい ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる