ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 存在感がある≠土臭い演奏だけど

<<   作成日時 : 2006/03/21 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

3月19日のN響アワーにて、ブリテンの青少年の管弦楽入門@ネビル・マリナー(1979年公演)を聴いた。
木管楽器各パートのソロが満遍なくあり、1stだけでなく2ndも大活躍する。

わたくしの先輩を初めとする少し前?の管楽器奏者は、当時は1st・2nd関係なく濃い、土臭い、主張ある演奏をしていた方が多いと思うが、
今回のN響2nd奏者はまさにそんな演奏であり、個々がそれぞれの役目を全面に押し出している印象。

でもあれ?、土臭い演奏って日本人的な傾向…?
そういえば、CD1枚千円以内で買える(例えばNAXOS等)は1950〜70年代の欧米の録音が中心だが、
今と変わらずスマートな演奏…(濃い演奏ではないよなぁ)

いずれにしても、うわべだけでない演奏法は盗みたい
と思いました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ 財布
存在感がある≠土臭い演奏だけど ファゴット(だけじゃない)日記/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 財布
2013/07/08 18:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
存在感がある≠土臭い演奏だけど ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる