テーマ:コントラファゴット

コントラファゴットf→p伸ばし(2)

先日の演奏会の、コントラファゴットのf→pの伸ばしで、一拍前に力尽きて伸ばし損ねた事について、大いに反省しなくてはなりません。 最初大きな音を出そうとするとそれだけで息消耗 コントラだと特に 制御未だ困難 もともとロングトーン苦手 並ファゴットでも自信もってこれできるか!? いずれにせよ練習不足ですが 専門官の回数を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コントラファゴット専門官終了(2009.8)

無事夏の演奏会が終わりました。 おぉ、気持ち玉もたくさん頂いてる!皆様ありがとうございました。 今回はお兄様方2人にチャイコフスキー交響曲第4番他大曲をお任せし、大変そうなのを横目に私はコントラファゴット1曲のみでしたが、 1曲たかが10分なのに、全てを出し切るのは難しい・・・。 技術と容量伴わないのに、出来ないものを気合で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

f→p伸ばし

現実を直視できず今まで書けませんでしたが、 明後日の演奏会はコントラファゴット一曲の一発勝負です。 曲の出だしが、標記のフォルテ→ピアノの伸ばし。 出だし勢いよく、他の楽器が入ってきたら落とす。 ですが、 他の楽器が入ってきたら落とす、ではなく、音が途切れる可能性大。 コントラファゴットの音量調節が0か1にしかできな…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

久々にコントラファゴット

再びコントラファゴットのお題を頂いたので、師匠にコントラを持ってきて頂き、練習に行ってきました♪ お題は、ショスタコービッチ「ロシアとキルギスの民謡の主題による序曲」 ショスタコービッチは単発勝負、短期決戦型だと思うのですが、 自分の録音を聴くと、音が遅れる、音が残る、締まらない、ロングトーンできない←別問題 相変わらず課題…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

やっぱり周囲に埋もれて聞こえない

前記事ではご心配をおかけしましたが、わたくし自身は相変わらず元気にやっております。 そんなこんなで、 楽器・日記とも「ご無沙汰しています」が続いており、日記を今日にでも削除しようかと日々思っていたこの頃ですが、 山梨に来てから特に顕著ですが、全く面識がないのにこの日記がきっかけでお知り合いになった方、この日記がないとお知り合い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コントラファゴットを吹くためには

非常に当たり前のことではありますが、 コントラファゴットを吹くためには、フォルテのロングトーンが得意な方がいいと思いました。 コントラファゴットでクレッシェンドする時など特に。 コントラファゴットを吹いた後、その勢いで普通に並ファゴットを吹くとffの音が出るしね。 何事も体力っす。 --- 少し補足。 これまで、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コントラファゴット専門官終了

冬の演奏会が終了しました♪ 今回は、1st2ndファゴットパートともに難曲なのを横目に私はコントラファゴット2曲の乗り番、パートリーダー所有の楽器を使わせて頂き、リードと楽譜と衣装だけ持参という何とも怠慢な状況で臨んだ訳ですが^^ 上手くタイミングが掴めなかったラヴェル「ラヴァルス」も、直前数回の通しでやっと曲の楽しさがわかってきて…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more

お化け屋敷的効果音

ラヴェル「ラ・ヴァルス」中間部には、2ndファゴット→コントラファゴット→1stファゴットの 半音階スケールの掛け合いがあります。 手持ちのCDを聴いても、Fg族の音はクラリネットの裏に隠れて普通全く聞こえないのですが、 指揮者から、「ちゃんと」吹くように指示がありました。 デクレッシェンドせず、お化けが出るみたいに、ヤクザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭打ちのタイミング(>_<)

ラヴェル「ラ・ヴァルス」@コントラファゴットの練習を久々に録音してみました。 (ただレコーダーは性能抜群ではないので、音が割れちゃって自分の音はあまり聞こえないんですけどね) ラ・ヴァルスのダンスの頭打ち(ズンチャッチャ~♪の「ズン」)は、コントラバスとコントラファゴットから始まるんですけど、 わたくし、やっぱり頭打ちが遅れて…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

コントラファゴットリード再入手

依然コントラファゴットを上手く操れないわたくし、 弱小なわたくしをコントラファゴット専門官として使ってくれるのはCフィルしかないだろうし、 この機会に修行と、コントラファゴットリードを再び買ってしまった。 思えば、コントラのリードは現有の2本・2種類しか吹いた事がないのと、 先日の日記で音程が当たらないと悩んでいた際、あるコ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

コントラファゴットの中高音

ラフマニノフ交響曲第3番@コントラファゴットの練習でした。 …隣のファゴットの方が怪しい動きをしてて楽しそう。 …でもコントラファゴットも楽しくなってきたかも。 楽器が重いのに担いでもらってありがとうございます。 それはさておき、 コントラファゴット5回目の演奏会だし、今回はコントラ専門官だし、そろそろちゃんと吹かねばなの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

コントラファゴットの音色

コントラファゴットは、単にコントラバスや低音管楽器の補強という意味合いで使われてるのかとずっと思っていた。(そういう曲もありますが) コントラファゴットは目立たない・聞こえにくいから真相がよく分からないのです。 ところが、HIDAMARIさんの日記「ひだまりのお話」で「コントラファゴットの音色」について、 リードが震える音その…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

コントラファゴットも音程を響かせないと

前回演奏会の映像を客観的に観ると、 ブラームス交響曲第3番のコントラファゴット、なんだかわたくし、低弦族の音程を乱しているかも。。。 (低音族はユニゾンなのに何でこんなに音程が決まらない箇所が多数なのだろう…) 指を押さえてただ(振動)音を出せばよいわけではなく、 音程を響かせないと?、音程が分かるように鳴らさないと、 客…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

本番用コントラファゴットリード

演奏会本番は、思った以上に体力を消耗します。 なので、本番用に使うリードは、 新品リードは絶対に使わず、←突発的な音が出たり音が出なかったりで成功したためしがない。 複数回合奏に臨んだ後の新品リードorヘロヘロになる一歩手前の物を使用している。 コントラファゴットの本番は、その傾向が顕著である気がしました。 今回新品同様の…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

コントラファゴットも音が出ない事件

コントラファゴット@ブラームス交響曲第3番の本番は、プラスマイナスプラス…で勝率6~7割の出来だった訳ですが(-_-;) 本番では、軽め・古いリード(2年物)と重め・新リード(1月物)、どちらを使うか悩んだ挙句、 弱音を出したい1楽章は、音程を取りにくいけど軽め・古リードで挑みました。 →http://satapyon-fg.at…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

tuttiにも負けないコントラファゴット

友人の演奏会を聴きに行きました。 (噂以上に熱い。熱かったわ…。) で、マーラー交響曲第5番 コントラファゴットの振動音が2階側席まで響き渡ってました。 全てがうるさい訳ではなく、出るところは出てびっくり。 通常、全員で吹く場所ではコントラファゴットは所詮聞こえないと思っていたのですが。 一体ステージ上ではどういう鳴…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

MH系コントラファゴットリード

マーラー交響曲第10番でコントラファゴットを初めて吹いた時(あれからまだ2年しか経ってないのか…)に購入した「軽め」のコントラ用リードが、何となく軽くなり、明るめの音になってきた気がするので、試しに「重め(ミディアムハード系と言われる)」のリードを新調してみた。 うぉ。 単発の音を勢い良く出しやすい。 暗めの音になってきた(音…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

コントラファゴットでも慌てず慌てず

コントラファゴット@ブラームス交響曲第3番の練習3回目でした。 とにかく落ち着いて、 息をゆったり幅を広めに?、どっしり構えたつもりで息を入れると、 いい響きになるかもしれないかもしれないことが少し実感できました。 が、未だに指使いで相当混乱してますの。 前回の練習で結構いい感じになったのに、学習能力がないなぁ…。 楽譜…
トラックバック:4
コメント:8

続きを読むread more

コントラファゴットの鳴らし方に苦戦

雨の中パートリーダーにコントラファゴットを持って来て頂き、ブラームス交響曲第3番の練習に挑みました。 前回より少しコツが掴めたような。 しかし特に4楽章はアンサンブルには至らず、道は険しい。。 頑張ります。 しかし、そもそも。 ブラームスの曲は、人生経験を携えてもっともっと渋く深く吹きたいのに、何か明るすぎる。騒がしい。 …
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

コントラファゴットとファゴットの違いに困惑

ブラームス交響曲第3番の4楽章、師匠の楽器を拝借し、初めてコントラファゴット(以下「コントラ」)で吹きました。 並Fg(普通サイズのファゴット)で吹けば何てことのない簡単な楽譜ですが、 四分音符・八分音符が頻発 音の跳躍が激しい 高音F・F#・G・G#・Aが多数出現し、難関です。 まず、指をちゃんと押さえて(全身運動?が必…
トラックバック:4
コメント:7

続きを読むread more

コントラファゴットの聞こえ方は予測不可能

前回演奏会の映像を観た。 えーっ!! スペイン狂詩曲のマラゲーニャ(2曲目)、サリュソフォーン(今回は師匠の楽器を拝借して吹いたコントラファゴット)のソロが全く聞こえない! 頑張って吹いたのに。 でも、本番直前になって体力不足で息が続かない事が発覚し、どーしよう、どーしようと冷静さを欠いて吹いたから当然か。(おまけに姿が映ってな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ホールに届く音量が予測不可能

前回冬の演奏会の録音を聴いた。 わたくし、1年前からすごーく簡単なコントラファゴットパート担当(初心者)。 吹奏楽でおなじみ「エル・サロン・メヒコ」、コントラファゴットはファゴットのソロの裏で伴奏してます。 「コントラファゴットはどうせ聞こえないから、pでも強く吹いて良いよ」 というパートリーダーのアドバイスの元、音量関係な…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

顔では感情を隠せても態度には出てしまう

夏の演奏会のビデオを観た(2) 前半の曲、1stだったこともあり、気合い満点な印象を受ける。 後半の曲:マーラー、この時は既に疲れ果て、楽譜を追いかけている感じがする。 曲の途中で「5楽章コントラの部分、息が続かずちゃんと吹けない、どーしよう、体力ない、どこをちゃんと吹けばそれなりに聞こえるだろう、あー、うー、どーしよう…」とずっ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ねじ巻きコントラファゴット

マーラー:交響曲第10番(クック版全5楽章)の5楽章の冒頭のみコントラファゴットが2本必要ということで、ずっと逃げてきたコントラFgを吹いた。 しかしわたくしミニサイズ。演奏会のビデオを見て爆笑。 楽器に隠れて姿が見えない。動力がどこにあるかわからん。 さらに顎が上がった状態で吹いてます。 演奏は… 息が続かず、コントラF…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more