テーマ:ブラームス

ネヴィル・マリナー&N響(ブラームス交響曲第4番)

先日、ブラームス交響曲第2・3番を演奏するに当たり、 それまで大御所・大編成の演奏に耳が慣れていた中、結構衝撃を受けたCDは、 ネヴィル・マリナー&アカデミー室内管弦楽団 の演奏だった。 (あの後友人からブラ2のCDも無事拝借した) 室内管弦楽団なので編成は小さめ、低音の厚みが薄めだが、 「アンサンブル能力」(と一言で言ってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コントラファゴットの音色

コントラファゴットは、単にコントラバスや低音管楽器の補強という意味合いで使われてるのかとずっと思っていた。(そういう曲もありますが) コントラファゴットは目立たない・聞こえにくいから真相がよく分からないのです。 ところが、HIDAMARIさんの日記「ひだまりのお話」で「コントラファゴットの音色」について、 リードが震える音その…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

「いい音」が出るリードでも

今回のブラ2の演奏会は、わたくしの我儘により、音量ともかく、とにかくいい音で吹きたいと、 上から下の音まで納得できる音が出る新しいリードで臨んだのですが…。 本番用にずっと取っておいたリードを不注意で破損し、残りのリードは1年超物のヘロヘロリードだったりして…。 確かに、上手く吹けた箇所は大いに自己満足に浸っちゃったのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経験者強し

演奏会が終了し、山の向こうの日常に戻ってきました。 今年は1年でブラームス交響曲第2番の演奏会を2回、しかも1stと2ndを両方経験するという貴重な機会を得ました。1stのフレーズを頭で歌いながら2ndを吹けるように…を目指したのですが、本番中はリードが重くて音が出ない箇所多数、自分の事で精一杯になってしまい皆に合わせられない箇所多数…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

中低音持久力不足

低音が気に入って買ったはずのヴァルターですが、 (↑この言葉を何度使ったことか…) 毎日どころかここ数ヶ月ほとんど楽器を吹いていないわたくし、(すみません) たまに低音を吹くと、以前にも増して息絶え絶え、全く息が続かないのです。 楽器が他の機種より若干太め・厚めだからだそうで。 こんなんでブラームス交響曲第2番2ndFgの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

個人的ブラームスチクルス第3弾

秋はやっぱりブラームスの季節です。 夏のブラームスに引き続き第3弾演奏会に出演させて頂きます。 平成19年11月25日(日) 14時~ 日本大学カザルスホール(JRお茶の水駅) http://www2.biglobe.ne.jp/~yayoi/ ハイドン 交響曲第39番 マーラー さすらう若人の歌(アルト:鈴木賀子)…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

ブラームス交響曲第2番1stFgの瞬間一発芸

1楽章最後の合いの手、ファ#レ↑レ↓ (レのオクターブのスラーの跳躍、 普通に聴くと何てことないけどFgにとっては瞬間一発芸だと思う) レ↑ ~ nレ↓ スラーで(タンギングをしないで)上から下のレに移る時、腹筋?を上手く使わないと、 瞬間的に間があく、初め変な音が鳴る、下のレの音程が下がりきらない…等々。 レ↓の…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

重い…。

今日は(も)弱気発言。 低音が気に入って買ったヴァルターですが、 やっぱり楽器の吹奏感が重い。 正直に告白すると毎日楽器を吹いていないので たまにブラームスなんかの休みがない低音続出の曲を吹くと、今まで使ってた重めのリードでは演奏困難…。 楽器自体も重くて持ち運びでヘロヘロ…。 以上は色々な方にアドバイス頂いたヴ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

テナー音域E-F#運指

ブラームス交響曲第2番4楽章122小節~の2ndファゴットには、 ラシドレミファ#ミレ~のA-durの甘美な音階があるが、 実はこれが結構鬼門。          (左手)   (右手) テナー音域E  ●○●Es ●●●        F# ○●○Es ●●○F 左手薬指を右手と同時タイミングで動かせず、EからF#に素…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

コントラファゴットも音程を響かせないと

前回演奏会の映像を客観的に観ると、 ブラームス交響曲第3番のコントラファゴット、なんだかわたくし、低弦族の音程を乱しているかも。。。 (低音族はユニゾンなのに何でこんなに音程が決まらない箇所が多数なのだろう…) 指を押さえてただ(振動)音を出せばよいわけではなく、 音程を響かせないと?、音程が分かるように鳴らさないと、 客…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

コントラファゴットも音が出ない事件

コントラファゴット@ブラームス交響曲第3番の本番は、プラスマイナスプラス…で勝率6~7割の出来だった訳ですが(-_-;) 本番では、軽め・古いリード(2年物)と重め・新リード(1月物)、どちらを使うか悩んだ挙句、 弱音を出したい1楽章は、音程を取りにくいけど軽め・古リードで挑みました。 →http://satapyon-fg.at…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

常に拍を感じさせるブラームス

ブラームス交響曲第3番の合奏時の指示(Mr.O田氏)を書いてしまいます。 ブラームスの曲の中には拍が刻まれている。 自分が伸ばしている時は、他のパートが拍を刻んでいる箇所多数。 この縦がメロディー・内声・伴奏でカッチリ合うと、何ともあぁブラームス的な響きになるようにできている、緻密な(粋な)設計の曲、なのだそうだ。 画像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演奏者が違うと

先日、ブラームス交響曲第2番の本番を終えたところですが、 この秋にブラ2をやる団体の練習に行ってきました。復習復習。 同じ曲でも、演奏するメンバーが違うと 同じフレーズでも吹き方が違うし、 2楽章(33~56小節とか)・4楽章、別オケでは停滞していた箇所がびっくりする程スムーズに流れる。またその逆もしかり。 一長一短という…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コントラファゴットでも慌てず慌てず

コントラファゴット@ブラームス交響曲第3番の練習3回目でした。 とにかく落ち着いて、 息をゆったり幅を広めに?、どっしり構えたつもりで息を入れると、 いい響きになるかもしれないかもしれないことが少し実感できました。 が、未だに指使いで相当混乱してますの。 前回の練習で結構いい感じになったのに、学習能力がないなぁ…。 楽譜…
トラックバック:4
コメント:8

続きを読むread more

ブラームスチクルス第1弾終了

個人的ブラームスチクルス第1弾終了しました。 コンマスにプロの三浦氏、コンチェルトに引き続き藤森氏がブラームス交響曲第2番の演奏にも参加して下さり、コントラバスとビオラにもプロの奏者が潜んでて(奏者も皆プロ級にお上手なんですけど)、豪華でパワフルな演奏会になりました、かな。 しかし、 交響曲の1stで、自分がきちんと吹いた上で…
トラックバック:7
コメント:6

続きを読むread more

ブラームスSym.2の1stFgの見せ場は?

ブラームス交響曲第2番1stファゴットの見せ場は…。 ……。 ないかも。(^^;) 確かに、1楽章最後の合いの手(普通に聴くと何てことないけどFgにとっては瞬間一発芸)と、2楽章のメロディーは、1人で違うことをしているのですけど。 それよりも、 ブラームスのファゴットは、どの曲もとにかく最初から最後までメロディー、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ブラームスチクルス第1弾

超個人的なチクルスで恐縮ですが、 今年は、7、8、11月?にブラームス交響曲2・3番の演奏会に出演予定(今のところ)。 で、第1弾。 平成19年7月8日(日)14時~ ノバホール(茨城県つくば市・つくば駅徒歩数分) http://muse.s101.xrea.com/ *ブラームス ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

12/8拍子の中で8/8拍子を貫く(4)

Cフィル炎のバイオリニストhifujiiさんの「自律的にミスマッチ感をアンサンブルしなければならないブラームス」で、ブラームス交響曲第2番2楽章冒頭、アウフタクトに聞こえ難い箇所は、このミスマッチを能動的に感じなくては、と譜例&MIDIファイルつきで解説されています。 で、 「低弦の速い音(32分音符)で駆け上がるところは、譜面…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

コントラファゴットの鳴らし方に苦戦

雨の中パートリーダーにコントラファゴットを持って来て頂き、ブラームス交響曲第3番の練習に挑みました。 前回より少しコツが掴めたような。 しかし特に4楽章はアンサンブルには至らず、道は険しい。。 頑張ります。 しかし、そもそも。 ブラームスの曲は、人生経験を携えてもっともっと渋く深く吹きたいのに、何か明るすぎる。騒がしい。 …
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

「吹けないのは自分の技術面以外の問題」

ブラームス交響曲第2番4楽章の合奏にて、木管楽器が実にたくさん捕まってしまいました。 綺麗なスケール以外にも、どの楽器も指とか音とか難しい所多数。 その上で、元気良く喋る所があったかと思えば、静かにミステリアスに吹く所あり、で、 コロコロ表情を変えなくてはなりません。 ちゃんとできたらカッコいいだろうなぁ。 合奏終了後、後…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

12/8拍子の中で8/8拍子を貫く(3)

8/8拍子と言うのが正しいのかわかりませんが、 ブラームス交響曲第2番第2楽章の中間部の3連符と16分音符が混在する箇所、 1拍3連符を聞いちゃいながら1拍を4つに数えることはやっぱり鬼門。 そもそも、 口で3連符を数え(歌い)ながら、(頭や手で)16分音符をカウントすることよりも、 口で16分♪を数え(歌い)ながら、3連…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

頭の中をぐるぐる回る曲

クラシック音楽に限りませんが、 リズムや音形が気に入っちゃって、頭の中でずっとグルグル回ってる曲ってありますよね。 最近回ってる曲 ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 2007/6/10のN響アワーで放送されてましたが、 7月の演奏会でもやるんです(でもわたくし降り番) 3楽章冒頭からのアクセント+スタッ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ネヴィル・マリナー&アカデミー室内管弦楽団(ブラームス交響曲第3番)

この夏演奏する、ブラームス交響曲第2番と3番のCDをいくつか(といっても☆の数ほどあるブラームスSym.のうちほんの一部)聞いております。 いずれも一長一短…? 中でもFgパートとしてはベルリンフィルの演奏がいいなぁ、という印象。 しかし先日、 ネヴィル・マリナー/アカデミー室内管弦楽団(Neville Marriner/A…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

12/8拍子の中で8/8拍子を貫く(2)

ブラームス交響曲第2番、練習番号Dの1小節目に加え、2小節目(58小節目)も鬼門です。 3拍目の、32分音符に突入するタイミングがつかめない。 フルート、オーボエが1拍を3つで数えて(12/8)吹いているのに、 ファゴットは1拍を4つ(16/16or8/8)で数えなくてはならない。 1 2 3 4 ラ/ー/ーシ/ドレ な…
トラックバック:4
コメント:5

続きを読むread more

12/8拍子の中で8/8拍子を貫く

ブラームス交響曲第2番の2楽章、カウントが難しい… というか、算数ができません。 練習番号D(57小節目)から、弦及びファゴット(写真上から4段目)は8/8拍子(4拍子)の冒頭のメロディーが出てきますが(再現部)、 フルート、オーボエ、クラリネット(写真上段から1~3段目)は12/8拍子(1拍を3つに数える4拍子)。 ファゴ…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

コントラファゴットとファゴットの違いに困惑

ブラームス交響曲第3番の4楽章、師匠の楽器を拝借し、初めてコントラファゴット(以下「コントラ」)で吹きました。 並Fg(普通サイズのファゴット)で吹けば何てことのない簡単な楽譜ですが、 四分音符・八分音符が頻発 音の跳躍が激しい 高音F・F#・G・G#・Aが多数出現し、難関です。 まず、指をちゃんと押さえて(全身運動?が必…
トラックバック:4
コメント:7

続きを読むread more

1拍目が不明なブラームス交響曲第3番

この夏にやるブラームス交響曲第3番も、1拍目がどこだがわかりません。 1楽章に、2ndFgが呼び水となるこの特徴的なフレーズがあります。 (60小節目~と179小節目~、写真の楽譜では上段がクラリネット、下段がファゴット2パートです) 何で、これもまたアフクタクトなの? ミレドシドシ/ラドファラソファ/ 123/123…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

ブラームス交響曲第2番/2・3楽章の注意点

甲府でオーケストラを続けようと幾つかの団体に当たってみたのですが、ファゴットパートは空席なし、それどころか待機中の人複数とのこと。吹奏楽団なら募集中とのことなんですけどね。 その他諸所諸々と、Cフィルファゴットパートの皆様のご好意により、せっかくなので、これまで所属していた団体で、可能な限り出演しようと思案中です。(まだ練習に行ってな…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

ブラームス交響曲第2番・2楽章の冒頭のフレーズ

ブラームス交響曲第2番のファゴットパートには、冒頭からこの→特徴的なフレーズが4回出てきます。 が、聴くのと、楽譜を見るのとでは、フレーズが何か違うと思うのですよ。 何でアウフタクトなの? ファ#ーソ#ラ#ー / ドード#レ#ー // ドード#ーレ#ミファ# / ソーファ#ー // レ#ーシー と思ってた…。 いずれにせよ…
トラックバック:7
コメント:3

続きを読むread more