人前に弱い私

会社にて人事ヒアリングがありました。
わたくし、今年は転勤リーチの年なので、気合を入れて面談に臨まねばなりません。
(希望がそのまま通るのは稀、というのはさておき)

最近、本番に対して弱気になっているわたくし、たかが事務的な面談なのに、緊張してきた…。
人の視線を感じると、この歳になって大分慣れてきましたが、訳もなくダメな時があるようです。
深く息吸って、水飲んで、腕時計見つめて、ボスに伝えることを頭の中で整理して…
という作業を経て、やっと少し落ち着いてきた。

プレゼンが得意な人、
人からの視線をパワーに変えられる人はうらやましい。
人前で何かするって難しいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ここぼろ
2006年10月18日 09:53
プレゼンはかなり得意ですが、面談は嫌いです。
「審査される」「評価される」「判断される」
という場面になると、しっぽ巻いて逃げたくなります。

オケも実は本番が嫌い。
「下手だと思われてるんだろうな」
とか思うと、命が縮まります。
pyon
2006年10月18日 23:08
ここぼろさん、プレゼンが得意、しかもかなり得意だなんて!技を伝授してください!

緊張する条件を分析されているんですね。
私はまだ、自分が緊張するのは運が悪いと思って逃げているかも。。
ここぼろ
2006年10月19日 15:00
緊張って成功体験と失敗体験のバランスなのかなあ
って、個人的には思ってるんですけど。

私、根は目立ちたがり屋なので(←もと演劇部)
人前でしゃべるのが昔から得意で、
成功体験が多かったので、いまだに緊張しないです。

でも、面接は…就職氷河期の人間なので、
失敗経験が多くて、「ダメだったらどうしよう」
って、思ってしまうことが多いです。

楽器もリスキーなパートを選んでしまったから、
コケた時の周囲の冷たい視線がトラウマになって
なかなかリラックスして吹けないです(^^;)

がんばってうまくできた経験を
少しずつ積み上げていけたら
オケの時もプレゼンのように
リラックスしてできるんだけどなあと思ってます。
まだまだ道は遠いですけど…。
pyon
2006年10月20日 07:19
ここぼろさん、私も就職氷河期に就職しましたが、面接試験でうまくいったためしがありません。就職面接だけじゃないですけど、あらゆる事で「ダメだったらどうしよう」と思うこと、多いですね…。
確かにファゴットはオーボエほど目立ち楽器ではないですけど、1人1パートの席に座るだけで緊張します。
成功体験を積み重ねられるよう頑張ります~

この記事へのトラックバック