アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「音楽」のブログ記事

みんなの「音楽」ブログ


子連れクラシック

2016/02/16 18:11
案の定、今年頑張りたい事が全く頑張れてませんが

先日、地域の小学校のオーケストラの家族コンサートに行ってみました。お子様制限ないし、無料だし…と
子も「演奏会行く」って張り切ってたので

しかーし
指揮者が入場したとたん、「おしゃべりしたくなっちゃった」
前半中盤から
「座るのヤダ」と立ち見
曲の冒頭、弦楽器のソロで始まる前に
「×〓※△…!」(出口を指差し)
(曲間途中退席)

大人でも、演奏会の、咳しなきゃいけない時間は、かなり窮屈ですものね

曲中賑やかな、盛り上がってる箇所では口を開けてステージを見つめてたので、良かったのかな。演奏会嫌いにならないことを願う

周囲の皆さん、誠にご迷惑をおかけしました
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


今年頑張りたい事

2016/01/06 07:34
明けましておめでとうございます

いつ途絶えるか危ういこの日記ですが、
ファゴット(ヴァルター)を所持している限り、自分と誰かのためになることを願い、書きたいと思います
よろしくお願いします

先日、数年ぶりに以前所属していたオーケストラの演奏会に乗せてもらったのですが、

ブランクの期間分
音が鳴らなくなった!!

いや、
側鳴りはするが、頑張って吹いてもステージから客席まで届いてない
音が通らない
他の、ずっとオケ活動を続けてる方の音とのバランスが悪すぎる

と実感しました

そんな訳で、今年は
ファゴットを吹く時間を作る
…できるのか?
…夫単身赴任で普段は仕事育児一人で回さなきゃなんだが
…とはいえ、ものは考えようなので


無理ない範囲で目指したいと思います
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


明日演奏会本番

2013/07/13 08:47
画像誠にご無沙汰しております

明日、ママさんオーケストラ演奏会本番なのです

いっつもいっつも書いていますが
わたくしのような実力がない者は、練習する時間を確保しないとさまにならないのに
今更、しかも子どもがいない限りある時間の短期決戦で、できるとこだけ…
という状況
皆さま、すみません…

しかも、1stを吹かせて頂くなんてもう当分ないと思うのに…音程めちゃくちゃだ…あぁ

本当はもっと色々書きたいことはあるはずだが、また今度ね

それもこれも含めて仕方ない
頑張ります〜
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


楽器ケースにカビ(>_<)

2013/01/26 06:24
不快なタイトルで申し訳ありません
しかも楽器ケース一面に(>_<)

引っ越して4ヶ月、北側の部屋を衣装部屋&物置にしてほとんど換気しなかったら
洋服にカビ発見
あれ、と思いつつ掃除していくと…
洋服だけでなく壁、天井、その他物まで、詳細を書きたくない程の被害甚大
油断してた…こんなの初めて!

幸い、楽器本体含め、ケース中身は無傷でした

時々動かさないといけませんね。イヤハヤ、大ショック
記事へ驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


「私は必ず成功する」

2013/01/11 17:29
12月に放映された日テレ「笑ってこらえて」マーチングスペシャルで
福岡県精華女子高等学校吹奏楽部員の方がソロを練習する前に唱えていた、バスケット部のおまじない

「私は必ず成功する」
できる できる 必ずできる
できると思えば 必ずできる
できないと思わず
できると信じ
常に私は進歩する
できる できる 必ずできる

確かに、できる気になります

---
(このおまじないのおかげだけではないでしょうが)
立派に演奏する高校生、本当に大したものです!
頑張ろう

記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


2012年

2012/12/31 07:05
大変ご無沙汰しています。

今年は仕事、引越、出産等で、例年に増して楽器活動ができませんでした。
しかし、身重な中でも貴重な演奏会にいくつか出演させて頂いたのは感謝です。
最後に出演した演奏会では、自分的にヒットした新たなリードをプロの方に譲って頂いたのですが…その後活用できてない(^^;)

しばらくは、生活と仕事の安定のため、今までのような楽器活動はできないと思いますが、
単発活動等、機会を見つけてファゴットを吹けたらいいなぁ。できるかな
引き続きよろしくお願いします。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2012/11/05

2012/12/31 06:52
画像11月5日に男の子を出産致しました
妊娠7ヶ月まで楽器を担いで出歩いていた&妊娠9ヶ月後半までの遠距離通勤に耐え、頑張ってくれたことに感謝です

ヴァルター吹いてくれるかな…息子に任せよう

記事へかわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8


ママでもオーケストラを続けること

2012/07/09 19:29
ママさんオーケストラ(=女性限定)の本番が終わりました。
お客様が800人近く入ったそうで、びっくりです。

生まれて間もない乳児、幼児を一人で練習場に連れて、あやしながら楽器を、オーケストラを続けようとするパワー、集中して合奏に臨む姿勢は本当にすごい!感心します。
(練習場は子どもの声と走り回りで凄い光景ですけどね ※という団の方針なのです)


…で、「ママ」オケとは関係ありませんが
わたくしは全曲2ndなのに…相変わらずダメダメな箇所もありすみません…でしたが、
この期に及んで色々発見、勉強があり貴重な体験でした。これはまた後日〜
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


オーケストラはいつも一発勝負

2012/07/08 07:23
なんだけどね…
ホント、いつまで経ってもうまくいきませんね(-_-;)

特に管楽器は、練習の末できるようになる、ではホントは務まらないのだけど。


昨日今日と、前日リハ+本番のみでママさんオーケストラに出演してきます。
クビにならないよう頑張ります。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


間違っても前に進む

2012/06/18 06:45
マーラー「大地の歌」演奏会が終わりました。
客席はほぼ満席、どうもありがとうございました。

途中色々大事故がありました。
わたくしも、数え間違いはクリアしましたが(大恥)、えーっという事故を起こしました。

でも、曲が流れている限り、例え自分のせいで曲が止まりそうになっても
「誰もわかりゃしない」と開き直り、めげずに先に進むしかありません。
多分誰か追従orリカバリーしてくれますから。

もし、自分のソロでこんな事故があったらできるかなー。でもやるしかないね。

---
今回も超準備不足で出演を迷ってましたが、
失敗も成功も含めて、やっぱりオーケストラで演奏することは楽しいですね♪
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


タイトル 日 時
これからマーラー大地の歌演奏会
これからマーラー大地の歌演奏会 1ヶ月間、風邪から発展した副鼻腔炎と雑事に追われてました…。うー。 お陰様で副鼻腔炎はやーっと治りました。やれやれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/06/17 09:30
再び再始動
ご無沙汰しています。大分長い月日が経ってしまいました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/07 06:59
結局はプレイヤー次第
前記事の楽器購入推奨的な内容とは相反するが ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

2012/02/03 06:57
ヴァルター6年目
ヴァルター6年目 そういえば、 新しい楽器を購入して1月末で丸5年が経ちました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 3

2012/02/02 06:54
事故が起きても立て直す力
事故が起きても立て直す力 冬の演奏会が終了しました。 ご来場頂いた皆様、関係者の皆様ありがとうございました! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/01/16 06:47
個室に籠もり練習
個室に籠もり練習 やっと某所に籠もって練習できました。 よしこの調子、と思ったら、今日は残業で頓挫… ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/13 21:47
オンザビートで音を出す(2)
演奏会本番直前の練習でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/09 06:18
演奏会本番前注意事項
演奏会本番前の注意 ・風邪を引かない  (呼吸が苦しくなる) ・包丁で手を切らない  (以前演奏会前、ツナ缶の縁でパックリ指を切って、穴を押さえるのに苦労した) ・けがに気をつける  (以前演奏会前に、足骨折、上唇数針縫って、迷惑をかけた) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/07 15:31
仕事始め
新しい年が始まりました。 今年もよろしくお願いします。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/04 06:24
今年の楽器的よしなし事
今年も、楽器ブログには全く相応しくない、オーケストラに専念できなかった一年でしたが、 いい演奏会を経験できました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/12/31 14:23
リードやっと新調
いつものファゴットリードをやっと購入した。 お店に電話して次の日にリードが届くという超便利な時代なのに、何ヶ月ぶりだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/27 06:15
オンザビートで音を出す
冬の演奏会の集中練習でした。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/26 06:25
一発勝負に強くなりたい
芥川の交響三章1stとドヴォルザーク交響曲第7番2ndを代奏させて頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/28 06:33
再始動
今シーズン初めてのCフィル練習に行きました。 お題はオネゲル交響曲第三番と芥川の交響三章。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/14 06:18
気付かない箇所が重要だったかも
夏の演奏会、マーラー交響曲第三番の映像が届いたので、聞いてみた。 うぉ、思ってたよりいい演奏ではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/04 06:48
客観的に聞くと…うぉぉ
客観的に聞くと…うぉぉ 演奏会の公式録音がアップされたので、かいつまんで聞いてみた。 色々あったので危惧してたが、全体的に意外にいい演奏かも♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/19 06:28
本番で間違えても立て直すには
本番で間違えても立て直すには 演奏会終了しました。 皆様ありがとうございました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/17 06:40
リズムに乗り遅れる
このファゴットブログは、練習が伴わないのにオケ活動をするわたくしの自己反省用日記、しかもその反省点を結局クリアできないことが多くお恥ずかしい…になりつつありますが、皆様お付き合い頂きありがとうございます。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/16 07:50
左手の小指
1stどうしてやっぱり上手く吹けないんだよね… の理由の一つに、中音域から上の音程が定まらないことがあります。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/13 08:50
1stはやっぱり難しい
今週末演奏会なのです。 シューベルトの1stと、ベートーヴェン関係の2ndを吹きますが 1stどうしてやっぱり上手く吹けないんだよね… (練習が伴ってないから当然だわ) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/11 08:42
foxファゴットスタンド
foxファゴットスタンド わたくし、練習でも演奏会でも基本的にファゴットスタンドは使いません。いくらコンパクトで軽くても荷物になるので…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/27 06:17
マーラー交響曲第6番集中練習、本番
マーラー交響曲第6番を、短期間(連休5日間)で集中的に練習し演奏会に臨むという恐るべき企画に参加させて頂きました。 わたくしは4番ファゴット=四楽章だけの出番。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/26 07:45
アンサンブルの緊張感
モーツァルトのディベルティメント8&12番(ObHrFg×2の6重奏)を人前で吹く機会がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/06 06:14
酔いしれる恥
久々にオーケストラの練習に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/30 06:35
本番リードの選定
本番リードの選定は永遠の課題です。 今回は開演直前まで結局定まりませんでした(>_<) ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/09 07:19
マーラー交響曲第3番演奏会終了
マーラー交響曲第3番演奏会終了 マーラー交響曲第3番の演奏会が終了しました。 ご来場頂いた皆様、関係者の皆様、どうもありがとうございました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/08 06:18
前日リハーサル
前日リハーサル ホールで前日リハーサルでした。 恥なので今まで記述できませんでしたが、 マーラー交響曲第三番三楽章中、2nd1人で吹く高音箇所がこの期に及んでもどーしてもできません(-_-) ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/08/05 22:05
木だけでなく森を見る
マーラー交響曲第三番本番間近です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/02 06:21
どの楽器とも相性が良いファゴット(?)
わたくしのようなド素人のファゴット(以外が多い)この日記でも、色々なファゴット関係者に見ていただいているようで、 半年以上も前に、ご丁寧にbiglobe経由でメッセージを頂いていたのを、つい最近見つけました。 せっかくメッセージを頂いてたのに、怠慢本当に申し訳ないです。。。 皆様、このような日記と稚拙な知恵でも宜しければ、今後ともお付き合いください。 適宜チェックするようにしますm(__)m ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/17 09:49
ママでもオーケストラを続けること
ママさんオーケストラ(メンバーは女性限定、未就学児入場可・子連れ練習参加可のオケ)の演奏会に出演しました。 前日、当日だけしか練習に参加出来ず、本番で初めて吹く曲があったのですが^^練習と本番の差がこれだけあれ演奏会は初めて。皆さんの集中力に圧倒されました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/07/11 06:21
ハイトーンを出すことも目標だが( 2)
マーラー交響曲第3番でした。 リードを替えたら、曲中何回も出てくるHigh-C♯、Dが当たるようになってきました(^^;) (根本的解決にはなってない) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/04 06:38
High-B→C
ハイトーンについて色々偉そうに書いておりますが、決して完璧に吹けないわたくし、 マーラー交響曲第三番2nd3楽章で、ひとりで高音を吹く箇所があり、思案中です(&gt;;_<) ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/28 06:14
ハイトーンは捻出することも目標だが
マーラー交響曲第3番の練習に行きました。 曲中何回も出てくるHigh-Dがちっとも当たりません(泣) はさておき、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/27 06:22
High-B♭、C、C#、D
マーラー交響曲第3番の高音を練習してみました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/19 08:09
再びハイトーン
夏の演奏会でマーラー交響曲第3番に乗せてもらえそうなのですが、 この曲、High-Dが何回も出てきます ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/06/09 06:13
再始動
冬の演奏会以降楽器から遠ざかっていましたが、 夏と秋にお題を頂いたので、オーケストラの練習に行ってきました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/30 06:21
前後の流れに乗る
指揮と演奏が1拍合わず(多分)ファゴットソリが出られなくなる事故の演奏録音を繰り返し聞いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/29 07:37
演奏中は動揺しないこと
冬以降ファゴット記事が乏しく誠に申し訳ありません 放っておくとしばらくこの状況が続きそう。そろそろ活動しないと… ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/28 06:50
(ト音記号) Eに上がる時の運指
(ト音記号) Eに上がる時の運指 先日のモーツァルト交響曲第38番では、下の音からト音記号真ん中のE(低音から数えて三番目のE)に上がる音形があるが、通常運指だとEの音が裏返ってしまう ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/02/28 06:33
1stはやっぱり難しい
先日の、オールモーツァルトプログラムの演奏会の音割れ版録音を聞いている。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/24 20:09
オールモーツァルトプログラム演奏会終了
オールモーツァルトプログラムの演奏会が終わりました。 聞きにきて頂いた方ありがとうございました&長丁場お疲れさまでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/21 06:36
刻みは徐々に停滞
モーツァルトは、メロディー以外は特に、タンギングで刻みばっかりです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/17 06:18
テンポに乗り遅れ、後で早くなる
わたくし、自他共に認めちゃう程テンポ感がありません。 周囲に付いていくのがどーも遅れるだけでなく、特に一人で吹く箇所、自分でテンポキープするのが苦手です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/02/14 05:40
「つもり」と客観は異なる
モーツァルトは正統派な楽譜なので、いわゆる基礎(音、スケール、タンギング等)がしっかりしていないと、非常にトホホな演奏に聞こえます。と思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/09 06:44
思いと客観は異なる
Yオケオールモーツァルトプログラムの練習でした。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/07 06:27
タンポ外れる
ファゴットのキーの裏側には、穴を抑えるための発砲スチロールのような緩衝材(タンポでしたっけ?)がくっついているが、 楽器を組み立てようと思ったら、B♭キーから転がり落ちてきた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/06 17:47
体力勝負モーツァルト
久々に、Yオケの練習に行ってきました。 今回は、交響曲第38番+セレナーデ#9ポストホルン+αの全モーツァルトプログラム。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/31 06:44
約20年振りに楽器を再開
冬の演奏会で、中学の時どろぼうかささぎを一緒に練習した同級生と約20年振りに偶然再会しました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/18 06:49
何事にも替え難い快感
冬の演奏会が終わりました。 聞きに来て頂いた方、関係者の方々、本当にお疲れさまでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/01/17 06:03
他を感知するのが面倒なのか
中高年者も多いわたくしの事務作業員系の職場ですが、 複数人で同じ事を成し遂げる時に、いい歳してどうしてどうして 統一性を持つ、足並みを揃える、役割分担する といった事を自らしようとしなくなるのか。 リーダー・作業員ともに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/01/12 06:44
それでも楽器を吹きたくなる一要素
決して人に誇れる忙しい事はしていないのに、今年も毎日キャパオーバーで一段とオーケストラから遠ざかってしまいました。 日記も発信できず、それなのに気持ち玉を多数頂き、どうもありがとうございます。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/28 06:22
ごまかしてはいけないが(2)
問題の、プロコフィエフ「スキタイ組曲」練習でした。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/27 20:39
細かい音を難なくこなす
夫の職場のボスが、楽器をやっている私にと、N響クラリネット奏者松本健司氏の2010年9月発売のソロCD「FANTASIEST&Uuml;CKE 幻想小曲集」を貸してくれた。 親戚なのだそうだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/25 17:08
ごまかしてはいけない
オーケストラの練習で、ファゴットパートは諸先輩方がやむなく欠席のため、 わたくし1人で挑むことになりました。うおぉ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/12/20 06:22
20年振りの美化された記憶
休日がやっと落ち着いてきた…と思ったら業務超繁忙期になってしまったが、めげずにオーケストラの練習に行ってきました。 お題はロッシーニ「どろぼうかささぎ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/11/29 06:10
懐かしい曲、懐かしい街
友人の演奏会を聞きに行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/23 06:49
音を飛ばす
遅ればせながら、先日のYオケ演奏会の音割れしていない録音を静かな環境で聞いた。 (通勤中は山道通過の音で低音良く聞こえない&gt;<) ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/21 11:13
リスクマネジメント
過去、わたくしの怠慢or不可抗力により、本番一週間前を切って演奏会に出られそうになくなった事が2、3回ある。 結局、ほとんど2ndだったこともあり、色々な方のご好意等によりわたくしが出演したが、1人1パートの管楽器、あれが正しかったか未だに反省する事が多い。 (演奏的にも) http://satapyon-fg.at.webry.info/200904/article_1.html http://satapyon-fg.at.webry.info/200807/article_1.htm... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/10 06:27
オーケストラの実力って
Cフィルのマーラー交響曲第9番の演奏会を聞きに行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/09 06:17
集中力の欠如
演奏会打ち上げに出たかったのに地域のお祭り動員のため欠席、はたまた深夜には職場落雷被害(山梨はすごい豪雨落雷だった)の連絡が警備会社から来たりで、演奏会終了と同時にすっかり現実に引き戻されてますが、日記で引き続き現実逃避します(&gt;__<) それまでの演奏に気を良くしちゃって、気が抜けたのが見え見え。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/26 06:17
3年ぶりのYオケ演奏会終了
約3年ぶりのYオケ演奏会が終了しました。 いやー。本当に楽しかったです! 出演者の皆様、聴きに来ていただいた皆様、どうもありがとうございました! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/07/25 21:50
今更な盲点
昨日のGP録音を聞いた個人的覚え書き(音割れバージョン) ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/25 08:31
音が大きければ良いって訳じゃないでしょうけど
前記事と一部相反してますが…(^^;) ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/19 09:14
上手く吹くって
先日、初めて音大卒のファゴットの方と一緒に吹く機会がありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/16 06:32
人して最低限心がける事
…とまで言う程の事か疑問ですが(^^;) ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/15 06:43
タイミングを合わせること
前回に引き続きYオケの練習に行ったら、3年も経つと木管陣の大半が、以前在籍していたCフィル木管陣に入れ替わっていて、びっくり。 わたくしにとっては非常にラッキー。 慣れた方につけて演奏するのは楽だし、本当に楽しい。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/22 06:07
聞いてから吹いてる
昨晩のワールドカップは案の定撃沈で見逃し、夫から試合結果を睡眠学習中に聞いていたものの、翌朝の各局ニュースのハイライトを見ると、あぁ、やっぱ試合の全貌を見たかったなぁと若干後悔。次は応援します。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/15 06:19
3年ぶりのYオケ
約3年ぶりにYオケ演奏会に出演することになり、遅ればせながら練習に行ってきました。 練習会場は、わたくしが小中学生の時に住んでいた最寄り駅の近くの小学校。 同級生に会って同窓会状態になったらどうしよう・・・と妄想したりしたが、そんなバカな事は当然ある訳もなく、最寄り駅の変貌振りにただ驚くばかり。 対して、Yオケの皆様は全くお変わりなく、 1stのお兄様が不在だったので、1stと2ndを交互に吹かせていただいたのですが、1stソロでObやClとタイミングが合わなくても間違っても温かく見守っ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/06/14 05:27
リコール対象商品だったとは
四年前に買ったソニー製ウォークマン 一年前位、いやもっとずっと前から接触不良で音がとぎれて聞こえるのを、手と気合いでイヤホンを固定し聞いていたが 先日、ついに音が聞こえなくなった ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/11 06:08
ファゴット・ブーツ修理
気づけばもう2年前の事!ですけど ケガでファゴットが吹けなかった間、先述の楽器の亀裂の状態を見てもらうため、修理に出してきました。 →http://satapyon-fg.at.webry.info/200806/article_1.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/03 05:18
2ndの立ち位置に悩む
これまでの日記でさんざん「2ndは大事だ」と書いてきましたが、 三十代も半ばにさしかかり、仕事上でも態度がでかくなりつつあるわたくし、 (以前から態度がでかいというのはさて置き) 2ndを「普通に」吹いていても主張しすぎてるような気がしてなりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/21 06:32
貯金があっても要練習
過去に一度演奏した事がある曲でも、二度目に吹く時も楽勝で吹ける …なんて事は絶対にない。 そりゃそーだ。 ましてや、基礎力低下中のわたくしならさらに。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/20 06:21
ファゴットベルに傷
ふと気づいたら、ファゴットのベル(筒部分)に二カ所も大きな傷発見(&gt;_ベルリングが割れた ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/05/18 06:14
経験様々
アンサンブルの練習に行くことができました。 次のお題は、ベートーベン木管八重奏とグノー(だったかな)木管九重奏。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/05/13 06:52
均衡の取れた欲望
あぁ楽器吹きたい、という衝動に駆られて仕方ありません。 今、ファゴットプー太郎なので。 日常を整理してどこかの団体に所属できればよいのだけれど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/11 06:00
上手く隠れられない
楽器を新調してから三年経ち、大分慣れたが 未だに自分の音がコントロールできない部分がある ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/10 06:11
モーツァルトは難しい
個人的練習不足でどうなる事かと思いましたが、グラン・パルティータ演奏会本番無事終了しました♪ 楽しかった〜 なかなか練習に行けませんでしたが、乗せてもらって良かったです。ありがとうございました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/25 18:20
モーツァルト「グランパルティータ」
次のアンサンブルのお題は、モーツァルトのグランパルティータ全楽章です。 (Ob2、Cl4、Fg2、Hr4、Cb1:Fg2nd) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/04/15 06:03
同じフレーズを数十人で演奏する事
4/1深夜TBS系で、小田和正さんが発起人の、数十人の豪華アーティストが各自の持ち歌をメドレーで一緒に歌うライブ「22'50」の企画、リハーサルから本番までのドキュメンタリー番組を流し見てた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/02 06:21
美しい音の終わり方
先日のミューズの晩餐にて、川井郁子さんが、チェリスト新倉瞳さんの音を聞いた感想を述べていたが ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/23 06:17
楽譜に忠実に演奏する
2010/3/20テレビ東京「ミューズの晩餐」に出演していた若きチェリスト新倉瞳さんと、司会のバイオリニスト川井郁子さんとの会話 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/21 08:21
PDCAサイクル
先日の県立美術館ロビーコンサート(ドボルザーク13管セレナーデ1stFg)の練習録音を、怠慢により本番終了後に聴いてしまった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/15 06:38
美術館ロビーコンサート
これからドボルザーク「管弦のためのセレナーデ」本番です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/03/07 11:44
2本が1本に聞こえること
1月演奏会(火の鳥1910版&ムソルグスキー「ボリス・ゴドノフ」)の録音を聴いた。 うぉー。 大曲だし、全体的にはかなりいい演奏でした♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/06 10:57
練習不足→更に緊張
火の鳥1910年版演奏会が無事終わりました。 いやー。 聞きに来て頂いた皆様、関係者の皆様、コントラを貸して頂いたパートリーダーの師匠どうもありがとうございました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/12 06:28
2ndは「1stより小さく」が大原則ですが(2)
2ndは、1stよりも小さく吹くという事は大原則で、 相手の出方により相対的調節は必要 ですが、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/07 06:05
2ndは「1stより小さく」が大原則ですが
2ndは、1stよりも小さく吹くという事は大原則ですが、 相手の出方により相対的調節は必要です。 山梨県立美術館日曜コンサートにて、パワフルなおじさま2人とわたくしの3人でファゴットアンサンブルを行うことになりました。 で、練習録音を聞いてみた。 わたくしは2nd。 相対的に細音のわたくし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2010/01/04 06:04
山梨学院大学
所用で、山梨学院大学のキャンパスに初めて入りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/31 08:41
細く長く、か
師匠の楽器をお借りし、2ndコントラファゴット@火の鳥の練習でしたが、 わたくし、コントラ下手すぎます…。 勿論、楽器の問題は全くなく、吹き方の問題です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/28 06:32
カッコヨク聴かせる
こうして文字にして見ると↓、わたくしはどーも、難曲「火の鳥」をカッコヨク仕上げたいと思ってるようです。 学生時代に火の鳥1919年版をやった時、木管チームの練習目標が、メインのブラームスSym.2に対抗し、「いかに鋭く、カッコヨク聞こえるか」に終始してた事が影響してるに違いありません。きっと。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/15 06:29
音価通り∩鋭さ
火の鳥1910年版のファゴットパートを吹いていると、音の処理的に、1919年版の鋭いイメージ(スタッカートの鋭さ、音の抜き等:個人的感想)からどーも脱却できない。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/12/14 06:21
負のスパイラル
楽器練習だけに限った事ではありませんが、 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/01 06:23
火の鳥冒頭・パラッパラッ
火の鳥1910年版(3rdfg&2ndCfg)の練習に初参加しました。←今更初参加ですみません的な感じであります。 楽譜は簡単なのに個人的に問題箇所多すぎ-_-; ネタに困らなそう ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/11/30 07:04
楽器に頼り過ぎ
引き続き指揮なしアンサンブルに参加させて頂いてます。 お題はドボルザークの13管セレナーデ。面白い曲ですね。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/27 06:57
アンサンブルが上手くなってく感覚
毎日五時間強の通勤に翻弄され、未だ生活リズムに慣れません。うー。 夫も同様の様子で、体調を崩しっぱなしで気の毒です。うー。 先週末も練習欠席してしまい…。すみません。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/10 06:53
木管アンサンブルに指揮
八王子に引っ越しましたが甲府勤務、遠距離通勤に楽しみをということで、山梨の楽器関係者から木管アンサンブルに誘っていただきました。 クラリネット、ホルン、ファゴット各2の6重奏です。 お題は、ベートーヴェンの6重奏とウェイバーのアダージョ&ロンド。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/18 08:04
弱音を飛ばす
あんまり記載すると怒られそうですが… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/31 06:37
チャイコ下吹き(2)
長距離通勤・移動の暇つぶしに合奏録音は最適です。 録音を聞くと色々ボロがわかって勉強になります。 先日代吹きしたチャイコフスキー交響曲第4番の録音は本当に面白い。思わず何度も聞いてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/12 09:37
チャイ4初見
チャイコフスキー交響曲第4番は好きな曲なのに …初見(とは言え2nd)では立ち打ちできません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/10 06:18
ケガから1年
最近楽器関係の記事が少ないのに、今日は弱気発言です…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/06/28 07:34
手づくりファゴットスタンド
半年も前の事ですが、一緒にやっていたファゴットの方に、手づくりのファゴットスタンドを頂きました。 ブーツを置くところは銀色のカップ?など工夫が一杯です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/17 08:02
下手でもチャレンジできる環境
山の中のオーケストラの地域の依頼演奏のネタの一つとして、トレーナーの方に、 「ファゴットコンチェルトやらないの?」 と言われたのですが… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/28 07:25
責任を持って吹く
オーケストラを通じて教えられた事は、音楽的な心はもちろんですが、 意外にビジネスに役立っているかもしれません。 エキストラを探す時も、 「(演奏面・練習面ともに) ある程度責任を持って引き受けてくれる方」 に依頼したいものですよね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/15 08:18
ひたすらイメトレ
Cフィル木管陣が、どんな難曲でも難なくこなす超名手である事はこの日記でも何度も書かせていただいておりますが、 皆さん仕事・家庭で忙しいのに、どーやってあの難曲を吹いているのだろうと思ってました。 事あるごとに聞いてみると、口を揃えて ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/13 07:25
取捨選択
いつか、いずれこういう日が来ると予期してましたが、まさかこんな突然訪れるとは。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 1

2009/04/24 07:28
高文連オーケストラに参加
先日のソロ(「ヒンデミット」ピアノとファゴットソナタ)は反省する気も起きないほど大撃沈しましたが。。 (後日記載します) その翌週、上記ソロの演奏会と同じ会場で行われた、山梨県内の小・中・高校生のオーケストラに参加させていただきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/21 18:04
プロの演奏に頼ってしまう
皆様お久しぶりです。 更新が滞っている間も、決してファゴットから遠ざかっている訳ではなく、ありがたいことに活動をボチボチ続けさせていただいているのですが、本業と日常生活で切羽詰っており外に発信する気力が失せていました。ごめんなさい。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/03/11 06:09
コントラファゴット専門官終了(2009.1)
無事?コントラファゴット専門官+1stアシ@千葉での任務を終えて帰ってきました。 コントラファゴットは1年振り。その1年前の専門官任務で自分的に撃沈し、身の丈に合わないことはするものではない…と心に誓ったのですが、今回こういうありがたい機会を頂き、思わず参加表明してしまった事を後悔しつつも、結局楽しんでしまいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 6

2009/01/13 08:08
山梨県民第九演奏会
あけましておめでとうございます。 晩秋から色々あり全く発信できませんでした。今年も益々怠慢になります。お許しくださいませ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/01 07:39
演奏会終了
ご無沙汰しております。 決してケガに参っていた訳ではなく、激波が押し寄せ日記から遠ざかっておりました。申し訳ございません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/11/30 06:54
ケガ、その後
今日は弱気発言でごめんなさい。 6月に不注意で唇を切り、現在見た目はほとんど元通りですが…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/05 08:28
第九初挑戦
年末の「第九演奏会」の練習に参加しました。 念願の初第九(2nd)、初参加のオケで緊張しまくりでしたが^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/11/02 07:47
ソロを吹く度胸(2)
ムソルグスキー「展覧会の絵」ビドロで、ユーフォニアムのをソロを吹いた高校生が、演奏会前のウエルカムコンサートでも、ステージ上で一人ドソロの曲を披露していた。 おそらく随分前から相当練習したと思うが、難曲を冷静に吹いてて立派でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/28 07:29
ソロを吹く度胸
甲府市教育委員会主催の演奏会に出演させて頂きました。 元ベルリン・フィルコンサートマスターのレオン・シュピーラー氏をコンマス兼指揮者に迎え英語での合奏、一回り以上違う中・高・大学生に混じって演奏するのは貴重な機会でした。 合奏回数数回のみなのに、集中力がすごい。本番が一番いい演奏ができました。来年もこの機会があるといいなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/27 07:23
音楽は数学
というのは、私も以前から考えていたことですが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/25 07:52
自分に負けてる
本当に不器用なわたくし、早い・細かいパッセージは大の苦手です。 一人では何となく吹けた気になっても、合奏中、百発百中で上手くいったためしがありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/10/23 21:59
自分に負けない
上手く吹けないのをリードや楽器のせいにしては負け。 吹いてる最中にリードや楽器を見たら負け。 落ち着いてちゃんと息を入れれば音は出る。←音が爆発しやすいからビビッてるのだけど ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/21 07:47
甲府市交響詩コンサート
甲府市には市民が作った?「交響詩:遥かなる時を超えて」(しかも5つの組曲から成る、フルオケ・合唱つき)があり、そのコンサートに参加してきました。 今回は市制100周年、コンサート20周年記念だそうで、中には20年連続コンサート参加という方も。甲府市役所、教育委員会の尽力も凄いものでした。 正直、私は甲府市に来る前は縁もゆかりもありませんでしたが、わが甲府〜・武田菱〜・愛宕山〜・舞鶴城〜等という歌詞を聞くと、甲府市民はこういう事を大事にしているのだなと少し感慨深くなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/20 08:17
吹けなくても吹き倒すパワー
今週末・来週末は甲府市教育委員会の演奏会本番。 このオケのメンバーは中・高・大学生が約半数。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/18 08:33
「セビリアの理髪師」EDWIN F.KALMUS社版
以前、ロッシーニ「セビリアの理髪師」の記事で、Ricordi版が「一般的」で、EDWIN F.KALMUS社版がアレンジ等と記載してしまったが、 全音のスコアを見たら、EDWIN F.KALMUS社版と同じ楽譜! 多分、Ricordi版は基の楽譜で一般的ではないですね。失礼しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/14 07:45
南アルプス市民音楽祭
第一回南アルプス市民音楽祭なるものに参加させて頂き、チャイコフスキー「白鳥の湖」抜粋と、南アルプス市の歌!(16団体合同の合唱つき)を演奏してきました。 久々のひな壇に動揺し、肝心な箇所の音をはずしてしまいました…うぉ、ごめんなさい。でも、お客さんが入ったホールで演奏するとやっぱり気持ちいいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/12 20:01
語尾の処理
音の長さは、音価どおりに吹くことが大原則ですが、 フレーズの終わり、音の終わりは、ぶつ切りに吹くよりは、「長めに」吹くのもありかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/11 07:58
「セビリアの理髪師」
山の中のオケの方の紹介で、甲府市教育委員会主催の一発オケに参加させて頂くことになりました。 昨年は、このオケの存在は聞いてても、募集ルートが全然分からず。 人脈のありがたさが身に沁みた今日この頃です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/10/08 22:32
「気分を乗せて貰える」という感覚(2)
ファゴットの役割の一つは、メロディーライン他、他の方の「気分を乗せる」ように吹く と書きましたが、 裏ソロ、オブリガード以外に、(つまんない)伴奏や刻みでも同じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/30 07:54
「気分を乗せて貰える」という感覚
またまたフルート奏者・高木綾子さんの日記からですが、かの水谷上総さんとヴィヴァルディ他を共演された時、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/09/29 06:42
1人1パートの度胸
日中はまだ日差しが厳しいのに、朝晩は半袖1枚では寒い今日この頃。 お陰で鼻・喉をやられてしまいましたが、-_- あっという間にもう秋ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/13 07:02
「パイパーズ」ヴァルターファゴット評
先程の教育テレビ「オーケストラの森」の幻想交響曲@名古屋フィルハーモニー交響楽団、相当かっこ良かったなぁ。 5楽章は吹きたくないけど、いい曲ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2008/08/31 23:20
ホールで練習
市民オケの練習に行ったら、本番と同じホールで練習!(本番は3ヶ月先なのに) 何とも協力的な市&ホール。 #普通はホールを使用すると使用料が相当かかるため、本番当日以外にホールで練習する事は滅多にないと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/27 07:53
お腹のささえ
美人フルート奏者高木綾子さんのブログ「綾子のワンポイントレッスン♪」に、管楽器を吹く際の「お腹のささえ」について気になる記事が。 →http://yaplog.jp/takagiayako/archive/789 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/08/26 06:45
N響アワー「ほっとコンサート」
8/3の「ほっとコンサート」、昨晩のN響アワーで改めて観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/08/25 07:19
ミュージックショップ「サンリン」
甲府駅近くのビル街に密かに佇む、平屋のCDショップ。 甲府には珍しくクラシックCDが豊富。大変貴重なお店です。 CDを買うたび、個性的な店のおじさまに名前を聞かれノートにメモされてますが…どんな顧客管理してるのだろう。最近の乗り番上、ベートーヴェンばっかり買ってく変な小娘と思われてるかも。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/22 07:10
平日夜練習
地方の市民オーケストラって、平日夜練習の団体が多いと思うのです。 皆、どーやって仕事や家事をやりくりしているのだろうと思ってました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/08/21 23:38
リハビリ開始
口を怪我をしたにもかかわらず、山の中のオーケストラの仲間に入れてもらうことができたので、 週末、合宿に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/11 19:31
リードの墓場
使い古したリードって、元値を考えると何となく捨てられず、ずーっと保管してあります。たまに廃棄処分しますけど。 そもそも、リードの買い替えの時期、どうしてダメになったと認識するかもよくわかりませんがね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/08/09 11:27
オーボエ・クラリネット初挑戦
N響「ほっとコンサート」に行ってきました。 開演前、休憩時間中に管楽器の体験コーナーがあり、何とN響のメンバーやスタッフが教えてくれるのです。 オーボエをどうしても吹いてみたくて。恥も何のその、子どもや学生さんに混じって並ぶこと約30分後、初挑戦。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 5

2008/08/04 23:14
演奏会終了、その後
先週、演奏会が無事終了しました。 以下、お恥ずかしいですが事実関係の報告です。。(長文です) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 7

2008/07/06 23:00
管楽器に温かい目を^^
弦楽器の人には誠に申し訳ないのですが、一般的なアマチュアオーケストラの傾向として、弦楽器より管楽器の方が仕上がりが早い、という話を聞くことが多い気がします。(自分さておき) 管楽器は弦楽器よりも楽譜も音符も少ないし。弦楽器のあの量の楽譜を読む事を考えただけで疲れそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/17 00:26
都心へ通勤
以下、楽器関係者以外の方には全く理解が得られない事ですが。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/06/11 08:04
楽譜が簡単でも合奏でちゃんと吹けるとは限らない
シベリウス「バイオリンコンチェルト」は、本番に出られなくなったシベリウス大好き&超上手な後輩に代わり、急遽私が吹かせて頂くことになったのですが、 合奏があと2回しかないことが判明! うちソリストつき練習は1回のみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/09 07:15
低音炸裂〜シベリウス「バイオリンコンチェルト」
月末の演奏会でシベリウスのバイオリンコンチェルト(2nd)を演奏することに。 この曲は大好きで、1st・2ndファゴットともに美味しい。いつか吹きたいと思っていたのですが、 2ndファゴットはちゃんと練習しなきゃいけなさそうで敬遠したかった。だって、左手親指領域の超低音の伸ばしばっかり。中でも ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/06/08 18:42
楽器に隙間・亀裂
ご無沙汰しております。 相変わらずファゴットプー太郎ですし、ファゴットの目新しいネタが多く生じそうにありませんが、ファゴット購入後の一記録等を中心に??記載してみます。よろしくお願いしますm(__)m ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2008/06/06 00:21
社会人でもオーケストラをやっていて良かったこと
学生時(しかも引退後に)ファゴットを購入する際、 悩みに悩んだ挙句、清水の舞台から飛び降りる覚悟で出費しましたが、 後に楽器を買わなきゃ=所持しなきゃ良かったと思ったことは…。 ないかも(^^) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/26 22:34
何度も聞きたい曲
「ひだまりのお話」で、オーケストラの中でどの音がヴィオラの音が判別できないという記事がありました。 わたくしなんか実際近くで聞いて吹いているにも関わらず、まさにその通り。大いに同感なのですが、(ヴィオラの皆様すみません) http://hi-damari.at.webry.info/200801/article_39.html ファゴットも同様だと思うのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/01/25 07:57
我が家のリコーダー
わたくしがファゴットを始めたのは、小学校のリコーダークラブで、形・運指がファゴットに似たバスリコーダーを担当していたから、ということもあるのですが、先日、荷物の奥底にしまいこんでいたリコーダーを所用で十数年ぶりに開けたので記念撮影。 右からアルト、ソプラノ(ジャーマン式・バロック式)、ソプラニーノ、クライネソプラニーノ。 ソプラニーノはアルトリコーダーの運指で1オクターブ上、 クライネソプラニーノはソプラノの運指で1オクターブ上。ピッコロのような感じ? で、私は笛を何に使った... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/01/17 07:42
Singing♪イオンの紙袋
三重からの帰省土産を頂いた時のイオングループの紙袋に、何と一面楽譜が書いてあった。(全国的にあるのかな) 譜読みしようと試みたが…、この曲なんだろう??CMでやってたかしら。いや、やってないと思うが。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/01/15 07:34
ひそかな秘密(2)
わたくし、これまでの記事で、 完成(市販の)ファゴットリードを削って微調整するなどと偉そうなことを記載しておりますが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/29 06:49
盛り上がるクラシック曲…?
YOMIURI ONLINEの「発言小町」のトピックに、 「盛り上がるクラシック教えてください」 朝の通勤時に聞いて元気が出るようなアゲアゲな曲を教えてください!というテーマ発見。 http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/1225/161785.htm?o=0&r=1 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/12/28 20:24
酸欠
ラヴェル「ラ・ヴァルス」@コントラファゴットの練習に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2007/12/24 09:10
音から入るか、楽譜から入るか
ラフマニノフ交響曲第3番、楽譜を知らず・見ずに聴くと、 どこが変拍子なのか、どこが拍の頭なのか、どのパートがどんな事をやっているのか、 よく分からない。 (この曲に限らず大曲と言われるクラシック音楽は大抵そうだと思う) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/20 07:59
スコアに頼ってます
次回演奏会はラフマニノフ交響曲第3番です。 みなさん、この曲聴いた事ありますか?ないよなー。普通。 でも、あの有名なラフマニノフ2番に匹敵すると、池辺晋一郎氏もお薦めの1曲ですよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2007/12/08 08:29
リードに頼りたい
NEWヴァルターは重くて鳴らすのに体力がいる…と弱気になっている所でありますが、 学生時代に使っていた軽い種類のリードに変える必要があるかなぁ。。 でも、軽すぎて音が裏返るし、音が明るくなるし(超主観的に感じるだけでしょうが) 調達する時間ないし、…等と思案中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2007/11/22 07:26
メンディングテープ
私は楽譜の製本用にメンディングテープを愛用しています。 (製本:原譜のコピーを1枚1枚テープでジャバラカーテン状につなぎ合わせる) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/17 06:51
適切な時に的確な仕事を
最近気になってよく見る日曜朝7時〜フジテレビ系列「ボクらの時代」、 今朝のフリーアナウンサー福澤 朗氏&八木亜希子氏&渡辺真理氏の対談中、確か渡辺氏や福澤氏がこんなような事を言っていた。(でも記憶曖昧) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2007/11/04 23:14
アンサンブルと自己主張は紙一重
大学オケで初めて演奏会に出演した際の木管セクション練習や合奏の時、 一人で吹くと何となく吹けた気でいるのに、 皆で合わせると、びっくりする程へたっぴなの。 一人だけ数ミリ出遅れる、飛び出る、和音が不協和音になる、一人だけ浮いて聞こえる等々、 自分の力量不足で皆さんの足を引っ張ってしまう事が情けない位よくあり、 きちんと「合う」まで何度も練習に付き合ってくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/11/01 06:59
楽器を鳴らさなきゃ
前回演奏会DVDを見た時の反省が続きますがご容赦下さい…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/21 08:34
間違いは何故か撮られてしまう
前回演奏会のDVDが届いたので流し見してみた。 うーん。うーん。うーん。 映像を客観的に見ると、色々大いに思うところがあるのですが(後日記載) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/10/20 09:23
本業だけ、もどうだろう。
…安易なタイトルだわ。適当に読み流して下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/10/18 22:04
Fg2nd職業病
プロの方の演奏を観るのは(プロに限らず他の方の演奏も)とても勉強になります。 で、どうしてもファゴット2ndの方の吹き方に耳が行ってしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/10/15 06:58
ウィスパーキー調整
先日、演奏会本番にて音が出ない事件があったこともあり、 特にウィスパーキーの塞がりが弱い所を診てもらいに行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/29 06:44
2拍前で吸って1拍前で止める
炎のCフィルバイオリニスト・Hifujiiさんが「入りの呼吸と持続の呼吸」で、入りの呼吸について、 「管楽器以外でも、あらゆる楽器が呼吸を合わせることで、入りをピタッと一致させることができる。弦楽器など、入りの1拍前に、合図の「吸って」がある。」 http://blogs.itmedia.co.jp/barbaro/2007/09/post_254d.html とあった。弦楽器の皆さんが呼吸を合わせているのを後ろから見て、こちらも合わせるのは快感なのですよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2007/09/26 06:47
日常にはない世界
以下、ボヤキで誠にすみません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/09/11 07:12
ビリビリ音を出すための技
ファゴットは、同じ楽器・同じ奏者でも、口、息、吹き方やリードによって実に色々な音が出せると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/10 07:00
狙って変な音を出すこと
昨日、N響アワー(2007/8/5N響ホットコンサートの模様を放映)を流し見していたら、 首席ファゴット奏者水谷上総氏が、腰を曲げたおじいさんの格好&演技付きで、フチーク作曲:コミカル・ポルカ「小言の多いおじさん」を吹いていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/09/03 12:38
音が出ない事件
新楽器で挑む演奏会2回目だった訳ですが、 初っ端の曲の途中、ウィスパーキーにロックをかけ、指をおさえリードを鳴らしたつもりが、 音が全く出ない(裏返った音が微かに出る)事がありました。 (Fgユニゾンの目立たない伸ばしの低音なので、体制には影響なかったと思う…) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 7

2007/08/29 07:16
遠距離でも出演して良かったと思うこと
夏の演奏会が終わりました。 聞きに来てくれた皆様、共演者の皆様、どうもありがとうございました。 1曲目ブリテンは何とか止まらず、落ちず(←オイ)、皆気合で吹き倒した感じでしたし、マーラーはさすが金子氏が研究しつくしたマーラー!っていう感じの演奏ができてとても楽しかったですし、ブラームスも…すみません、個人的には勝率6〜7割位だったんですけど、吹いていて楽しかった。 この楽しさがお客様にどう伝わったかは当事者としては推測困難ですが、 本番ならではの名手の演奏者の本気+ステージ効果を舞台上で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2007/08/27 11:21
いい演奏とは(一要素)
先日、山梨のとある市民オーケストラの練習を見学させて頂きました。 (人手多数で団員にはなれないんですけどね) 偶然、私の先輩に当たる中田延亮氏が、練習指揮で来ていたのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/08/24 06:59
個人的ブラームスチクルス第2弾
パートリーダーの記事と重複しますが、演奏会目前なので、わたくしも告知。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/08/23 10:15
タンギングと鯉のぼり
先日の木管練習時のM尾先生の教えをうろ覚えですが記載してしまう。 (…こんなんだったかな?) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/07/31 07:10
ファゴットボーカル試行錯誤
新しいファゴットに替えてからは、楽器付属のヴァルターのボーカルを使っていたが、これまでずーっと使っていたヘッケルのボーカルが先日手元に戻ってきたので、少し吹き比べてみた。 (使用楽器:ヴァルター、使用リード同じ) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2007/07/19 22:49
ノバホール的聞こえ方
ノバホールは不思議なホールで、 舞台上で演奏すると、音が普段の練習と違った聞こえ方をするのでとても面喰います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/13 07:02
ヴァルター初舞台
だった訳ですが、 以前より自分の思う音に近い音が出せる。この楽器でブラームスの演奏会に臨めた事はとても幸せでした。ただ、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 12

2007/07/11 06:52
合奏(練習)の録音を客観的に聞く(新楽器編)
新しい楽器で臨んだ合奏を客観的に録音したものを聴いた。 ほぅ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2007/07/06 07:04
練習場所のありがたさ
音を出して練習できる空間って本当に貴重なんです。 新楽器に慣れない状況にあっては殊更。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/05 23:05
首席奏者と人間関係力
曲を正確に、上手に吹けるだけは、首席奏者はどーも務まらないのです。 その人の人格・リーダーシップが、管楽器セクションだけでなく、オーケストラ全体に大いに影響する気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/07/01 07:28
楽器に頼ってばかりもいられない
新しい楽器に替えて良かった事も多数あるのですが、 楽器自体の下積みがない、絶対的な経験数(吹き込んだ量)がどーしても少ない状態なのに、 いい楽器を買ったから、何もしなくて即今までと同じように吹けるだろう、という考えは甘かったかもしれません。(当然です) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2007/06/29 07:00
もし生まれ変わったら(浮気)
もし生まれ変わったら、仮に私がファゴットを吹いていなければ、 何の楽器やりたいかと聞かれたら、迷わず、 「コールアングレ(=イングリッシュホルン)♪」 だと思う。 あの音と音域がとても魅惑的。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 10

2007/06/24 07:03
新楽器に慣れないまま
これまでは、演奏会直前になってようやく自分の吹けなさにあっ!と我に返り、 出来ない箇所に優先順位をつけ、一夜漬け練習後、本番に臨んでしまっていたのですが、 (こんなに開き直っていいのだろうか…関係者の皆様、誠に申し訳ございません。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2007/06/22 06:53
練習場所確保苦戦中
甲府に来ても(甲府に来たのに)、ファゴットの練習場所の確保に悩んでおります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/06/21 07:04
人間の習性
多分どんなに自分を律する人にでもあるだろう人間の傾向 ○長い音は拍よりも伸びる  (のんびりしずぎる) ○短い音は拍よりも短い  (早く逃れようとする) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/06/18 12:30
楽器の特性を生かす
楽器ごとに得意・不得手な分野があります。 とろけるような甘いメロディーは、フルート、クラリネットが得意です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2007/06/15 07:00
ブラジル産ファゴットケース(マーカスボナー)
新しいファゴット(ヴァルター)についてきた今度のファゴットケースは、 ブラジル生まれのリュック型でーす。 ということは、このケース ブラジル→ドイツ(楽器を積んで)→日本を旅してきたわけだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2007/06/05 07:00
気合は実力には勝らず
全曲1stを吹いてしまった演奏会の録音を渡されたので聞いてみたら、 悩みを携えながら吹いた箇所が相当悲しい出来ですが、意外な箇所がいい感じに聴こえる…かも^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/31 07:00
弱音を出そうとすると音が破裂
ダブルリード楽器(オーボエ、ファゴット)は、P(弱音)を出すのが苦手です。 ↑皆さん苦手ですよね??  弱音はフルートとクラリネットの方が比較的得意のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 7

2007/05/27 09:54
P(弱音)でも大音量で
合奏中、特にP(ピアノ・弱音)の箇所が多かったりして、小さめに、ビビった音で吹くと、 なぜか周囲にも伝染し、 なぜか皆ビビった音を出し、 なぜかアンサンブルがうまく噛み合わなくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/17 12:49
ウィーンフィる(動詞)
世界のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ではなくて、 指揮者:Mr.Odanoの合奏中の指示。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/16 07:55
癒し系になるって難しい
職場から朦朧として帰る際、なぜか自分の音(録音)を聴いてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

2007/05/09 07:11
「ボーイングだけでは音楽は作れない」
合奏中の指揮者(Mr.Odano)の指示を書いてしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/07 23:47
200回練習
先日のN響アワーに、N響主席トランペット奏者の津堅直弘氏が出演していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2007/05/01 06:41
視覚で探らなくても合う(?)
1拍目が聴いた感じとずれている、ブラームス交響曲第3番の練習にも行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/04/26 23:26
気合を入れすぎても
平均年齢20代前半位のオーケストラの練習に行ってきました。 お題はブラームス交響曲第2番です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/04/25 07:33
準備運動しないと…
○新しい楽器を買って良かったこと  ・大きい音が出やすい(と思う)  ・自分の好みの音が出ます ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 8

2007/04/23 00:40
初稼動
先日、夏の演奏会の初合奏がありました。 で、合奏中に初めて新しい楽器を使いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/03/27 12:22
ヴァルターを選んだのは 〜楽器に頼りたい(15)
約2ヶ月前にファゴットを新調し、 その後、あんまり吹いていないので、ごめんなさいですが、 当時、なぜヴァルターを選んだか、を書くのを忘れておりました。 決して安くない買い物をしたので、個人的記録を兼ね長文記しております。読み流してください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 2

2007/03/23 07:51
楽譜の山
何となく捨てられずに取ってあったオーケストラやアンサンブルのパート譜、気づけば高さ15cmの山に。 その都度パート譜をもらえるから、捨てちゃえばいいんですけどね…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

2007/03/21 23:54
大変お世話になりました♪
今まで使っていた楽器(アドラー)を、大学の後輩が引き取ってくれることになり、受け渡しに行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/03/18 08:02
演奏会録画を客観的に観るが
冬の演奏会のDVDも手元に届いたので、少しだけ観てみた。 うぉ。 わたくし、深刻に思いつめてます。 1stだしソロ複数だしハイトーンあるし、色々切羽詰ってるのが見え見えであります。 お仕事中の無愛想モードの私より多分怖い顔。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/17 09:02
ボーカルの汚れを除去する方法求む…
購入以来、ほとんど使っていなかったアドラーのボーカル。 あえて写真を撮っても良くわかりませんが、 ほとんど磨いたこともなく9年間放置していたら、ボーカルが汚れて(白濁して)しまったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 3

2007/03/15 07:16
楽器で気分転換
この3月で転勤をすること等々に伴い、最近どーも弱気で、落ち込んだり弱音を吐いたり思わせぶりなことを日記に書いたりですが、それが、その当時は全く無意識的な発言だったことに今となって気づき、驚いた。 たかが転勤なのに、視野が狭くなっていたのでしょうか。 知人友人職場の人から、たくさんの励ましやご意見をいただきました。 結局は自分のことは自分が納得し、解決しないといけないと思っていたので、極めて悶々と内向的になっていたのですが、 大変身に沁みました。 わたくし、自分のことを結構チャレンジャー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 16 / コメント 11

2007/03/10 20:18
演奏会録音を客観的に聞くが
先日の演奏会の録音が届いたので少し聴いてみた。 うーん。 うーん、うーん。 全体的には皆さんのお陰でいい感じだと思うんですけど、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/02 07:23
横浜そごう・山野楽器にてスコア購入
横浜そごう7階にある山野楽器は、以前はCDのみ販売でしたが、少し前からクラシックCD売り場の一角でオーケストラスコアを扱ってくれるようになり、 (…といっても、銀座yamaha・山野楽器等の楽譜取り扱い店の品揃えには及びませんが、メジャーどころはそろっています。全音、音友版の他に、Eulenburg版、ベーレンライター版もあります。) CDと共に購入できる事が便利です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/02/28 08:23
小中学生向けのオーケストラ演奏会
過日の話ですが、 とある市の教育委員会が主催し市民オーケストラが演奏する、小中学生向けの演奏会(いわゆる音楽教室)のドアマンに行く機会がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2007/02/19 07:32
シューベルト「30小節ロングトーン」の結末
以前この日記に記した シューベルト交響曲第1番1楽章の1stファゴットに出てくる「『ラ』の音の30小節ロングトーン」ですが…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/14 07:41
体育会系演奏会を乗り切るために(2)
白状しちゃいます。 管楽器女性陣の控え室では、演奏会前にアミノ酸系を摂取する光景が…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

2007/02/13 00:02
周囲の反対を押し切って… 〜楽器に頼りたい(14)
以下、事実関係のご連絡、私信っぽいことを記述してます。お許しください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 14

2007/02/10 09:50
こっそり昼練
自分的に、昼夜にっちもさっちもいかない状況なのに、 テナー音域の音程が定まらないし、 楽器に慣れないし、 シューベルトの細かい音符がわかんないので、 会社の会議室で期間限定でこっそり昼練。 と言っても、些細な基礎練習のみ。 気休めのような気がするけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/02/08 12:56
PDF形式でパート譜
週末の演奏会に向けてファゴットの練習しなくちゃ…と思いつつ、これまでの積み重ねもなく、そしてこれからも、全く練習がままならないまま本番を迎えそう。こんな時に限って本業が切羽詰ってきたし。。←日記を更新してる位なのでまだ余裕があるはず。 色々反省、葛藤中。 みなさん、ごめんなさい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/02/06 07:15
30小節ロングトーン
シューベルト交響曲第1番には ファゴットは1stパートだけ、第1楽章に30小節「ラ」をロングトーンする箇所があります。 (二分音符=126、4拍子ではありますが) ここは、フルート1本、オーボエ2本、クラリネット1本(でも途中で消えちゃう)、ファゴット1本の伸ばし、だけなので、誤魔化せません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 11

2007/02/02 07:55
アマチュアオーケストラといえども
わたくしが演奏会に参加するのは、 ただ、自分が楽器を吹きたいから…という個人的欲求を満足させるため、です。はい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/01/31 08:01
古い楽器を吹く 〜楽器に頼りたい(13)
ファゴット購入についていつもお世話になっている先生と相談していた所、 「中古楽器も検討した? 新品の結構良いマシンと同額程で、中古のヘッケル買えるよ。」 と、たまたま出回っていた「ヘッケル」(ファゴット界の「ストラディヴァリウス」のようなファゴットの機種。新品ヘッケルは現在一台定価600万以上!だとか)のうち、戦前位に作られた7000番台(ヘッケルは順番に製造番号がつけられる)を試奏させて頂く機会がありました。 (わたくし、ヘッケル等について全く詳しくないので、間違っていたらご指摘下さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 12

2007/01/29 12:57
大きな音を出すためには
音が大きくて、遠くまで音が良く届くファゴットのお兄様に 「どーしたらいつもそんなに大きな音が出るのですか?」と質問すると、口癖のように 「深く座って『たっぷり』吹くといいよ」 「じゃあ、特に強い f(フォルテ)の時はどうするんですか?」 「フォルテの時はいつもよりもっとたっぷり吹く」 と言うのです。ほぅ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 5

2007/01/23 12:51
木管楽器の2ndパートが上手であること
先日の演奏会、ドビュッシー「小組曲」本番中に多少確信した事。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2007/01/18 12:09
楽器が大洪水
管楽器関係者以外の方が見たら、なんだこりゃ?というタイトルですが…、 先日の演奏会の本番中、楽器の左手中指でふさぐ穴から、水(唾含む・水滴?)が漏れてきた。 ファゴットがかなり目立つ所で、高い&低いミの音を伸ばすつもりが、 「ミー ボボボボボボボ」という音になってしまった。(穴が水で塞がっちゃうため) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/01/17 00:30
ccv-1ヘッケルボーカルの威力 〜High-C#、D、D#(8)
演奏会当日のドビュッシー「イベリア」のステージリハーサル時、 ハイトーン(High-C#、D、D#)がことごとく命中しない…。 いつも使ってるリードはヘタレて、High-D#が出なくなるし…。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 12 / コメント 5

2007/01/15 12:56
観客がいると響きが変わる(のかしら)
冬の演奏会が無事終了しました。 応援してくださった皆様、遠方から駆けつけてくれた友人、たくさんのお客様、関係者の皆様、どうもありがとうございました♪ 今回は、2曲も(前半戦だけですが)1stを吹く事になり、大概2ndに甘んじているわたくしはドキドキだったのですが、懸案の一つ、ハイトーンも何とか捻出でき、個人的には相変わらず事故等々を起こしつつも、いつものメンバーのお陰で何とか終わりました。 ありがとうございました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 7

2007/01/14 23:54
合奏(練習)の録音を客観的に聞く
合奏を客観的に聞くと、 予想外な所でよく聞こえすぎるし 頑張らなくても良い所で頑張って吹いてるように聞こえるし 力入れて吹いてない所が意外によい感じだし 聞こえてほしい所はいまいちかっこ悪いし まぁいいかと思っていた所は意外によく聞こえてみっともないし ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 3

2007/01/10 07:31
High-C#、D、D#(7)
演奏会本番まであと数日なのに、 ドビュッシー「イベリアから(2.夜の薫り)」のハイトーンのソロは神頼みであるわたくし、 Fgパートのお兄さまが、ハイトーンを出す秘訣を伝授してくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2007/01/10 07:20
ボイス(IC)レコーダーで録音
自分が吹いている音を客観的に聞いてみたいですよね。 ありがたいことに、学生の頃は録音担当の係がいて、合奏がある度に録音、テープをダビングして皆に回覧、自分が今どういう音が出ているのかを認識して今後の合奏に繋げよう…というシステムがあったのですが、(当時は自分の音を聞くのがとてもむず痒かったけど) たいがいの社会人オケでは、演奏会本番の録音を聞いて初めて、あぁうぅ…こんな感じに吹いていたのか…とわかる、ドキドキモノなのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 3

2007/01/09 07:33
High-A、BからHigh-H〜への移行に苦戦
よく考えたら演奏会まであと10日で、 いつもなら早々に開き直るのですが、今回はそういうわけにもいかず といっても冬休み中河川敷で練習することもなく…(-_-;) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/04 07:56
アンサンブルって難しい 〜後輩とパート練習♪(2)
先日、次回の演奏会に向け、ドビュッシー:小組曲を高校生とパート練習を試みたのですが、 この曲、楽譜は実に簡単なんですけど、 Fgは1st2ndで同じ音形でも、スラーの区切り・フレーズの取り方が違う等、2人一緒ではない場所が意外にあり、(ちょっと大げさですが)2人がそれぞれの役目を果たして初めてカッコよく聞こえると思われる箇所、盛りだくさんなのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/31 09:20
後輩とパート練習♪
最近、後輩と仕事をしたり、年下の人と一緒に演奏会に出演することが増えてきましたが、 今度の演奏会(ドビュッシー:小組曲)は、うら若き高校生とコンビを組むことに! で彼、小中高のオケ・吹奏楽で8年もファゴットをやってるスーパー高校生。 指、タンギングは文句なしに上手なのですが、 よく聞くと、オーケストラの基本であろう、まず近くの人と、同属楽器で合わせるための練習:セクション練習やパート練習(オーケストラの曲を木管楽器だけ、ファゴットパート2人だけでまず合わせてみる)をした事がないと言うし、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/12/30 08:51
あがらないためには…まず練習か
お恥ずかしいことに、1stを吹く事にあまり慣れてないわたくし、 今回の演奏会は、2曲1stパート予定(2曲ともソロがあるし…)でして、 普段の練習時でさえも、相当「あがって」…るんです。ハイ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/25 08:06
苦情…?
ずっと同じ事を書き続けてるのに、懲りずに全然改善してません… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/12/23 08:03
ビブラート苦戦中
というか、そもそも 曲の中で「ビブラートをかける」って、どこから手を付けたらよいかわからない状態なんです。 考え過ぎかしら。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/12/20 12:56
変わりないのが何より
年末の恒例行事、大学オーケストラ同期の忘年会に行ってきました。 毎年毎年、幹事のぐ殿とマ氏、本当にありがとね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 8

2006/12/18 12:04
High-C#、D、D#(6)
運指と選抜リード陣のお陰で、(音色ともかく)高音:High-C#、D、D#のヒット率が上がってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

2006/12/12 07:39
楽譜に書いてある以上に大げさに
気がついたら本番1ヶ月前なのに、未だにドビュッシー「イベリア」苦戦中です。 (「小組曲」は全く単純なのにさらに定まらない…) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/11 12:30
「美しい」魅力だけでないファゴットの音
大学の同期のファゴット奏者は、ドイツ系のモーツァルトやブラームス、ベートーヴェンがお得意。 ポッポッ♪というスタッカートが上手だし、きれいな正当派な音を出す人でした。 対してわたくし、ロシア系のショスタコやストラヴィンスキー、レスピーギ、チャイコフスキーの曲を好んで吹き、何となく効果音的な吹き方をしていた、かも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/12/02 11:13
えせ・ビブラートの改善(2)
そんなこんなで、 師匠にも、「ビブラートはどうした」と言われちゃいましたが、 懸案その2:ビブラートの習得・改善が停滞中でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/11/30 07:35
High-C#、D、D#(5)
ドビュッシー「『映像』よりイベリア」2楽章の、懸案のHigh-C#,D,D#のソロ部分、 教えて頂いた指使いと、リードと、気合いのお陰で、 先日の合奏中にHigh-C#,D,D#を捻出する事ができました。ほっ。 ありがとうございました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2006/11/29 12:21
音程がはっきり分かるリード/やわらかいけど音がこもるリード
ぽっかり時間が空いたので、渋谷にファゴットリードを調達に行きました。 今回のテーマは、懸案事項のHigh-C#,D,D#が出やすいリードを探すこと。 試しに、同じ楽団の人から紹介してもらった、「いつも使ってるリード」より「少し軽め」という種類のリードをお店で試奏してみる。Eの音も下がらないし、良い感じなので購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/11/22 07:42
[予告] N響アワーでファゴット特集
わたくし、NHKやN響の関係者でも回し者でもありませんが、一応宣伝。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/11/19 22:56
船に乗ったら前に進む
かつて同じ部署にいた後輩に会ったら、後輩が、 「先輩、今日はダメダメな日なんです。いくら頑張って書類作っても今の上司にダメだしばかりされる。もうやってられません。」とボヤイてた。 彼は今、社内で花形の部署にいる上、庶務担当だから業務盛りだくさん、大変忙しい。 そういう業務に携われる機会があるだけうらやましい限り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/17 08:27
ロングトーンは背筋
先日、テレビ東京系列「たけしの誰でもピカソ」の本田美奈子.氏の追悼番組を流し見してたら、 「本田美奈子.は、あんなに細い身体なのに、何故あんなに美しい声で超ロングトーン(約30秒続けて音/声を延ばす)ができるのか?」←「題名のない音楽会21」等で披露 「彼女は細いのに、背筋が強いから」 というコメントを聞いた。ほほう。 実際、ロングトーンの映像を見たら、あれだけの長い時間、太い声量で、音程を一定に保ち、素晴らしい美声でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

2006/11/16 12:10
ラファウ・ブレハッチ ピアノリサイタル/オール・ショパン・プログラム
横浜みなとみらいホールにて、ラファウ・ブレハッチのピアノリサイタル(全てショパンの曲)が催されることを発見し、職場近くだし、急に思い立って行ってきました。 2005年第15回ショパン・コンクールで優勝した、ショパンと同じポーランド出身、若干21歳の若きピアニスト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/14 12:17
合奏に臨む際の暗黙のマナー
先日の合奏中(その日はドビュッシー2曲の1stを担当) わたくし、山カンが外れ、まぁいいかと思ってた思わぬ所で指揮者に捕まってしまった。 指揮者が合奏を途中で止めて、ファゴットパート、ファゴット&旋律パートだけで吹かされたが、 全然指が回らず、吹けず、お恥ずかしい演奏。_| ̄|○ 指揮者もご納得頂けず首をかしげてる…。 ←そりゃそーだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/13 12:46
やっぱり注文が多いベートーヴェンの曲 〜交響曲第7番
2月の演奏会に向けたベートーヴェン交響曲第7番の練習に行ってきました。 のだめカンタービレの影響を受け、楽しく、元気に、華々しく演奏できればいいなぁ というイメージで合奏に臨んだのですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/11/12 08:28
学生と社会人、若者と熟年者
現役大学生と一緒に演奏した時に感じた個人的感想 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/11/10 12:10
フランス系の音楽って
連休中、Y楽団の合宿はお休みし(すみません)、休養して、お出かけして、ぼちぼち楽器の練習などをしているうちに元気になってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2006/11/06 12:48
シューマン交響曲第2番・Fgの超主観的コツ
以前、ドイツ系:シューマン交響曲第2番を演奏し(2ndファゴット)、録音を聴いたので、 コツ…というか、反省点・個人的感想を記録してみます。読み流してください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/29 23:04
いかに楽に吹くかに投資すること 〜楽器に頼りたい(12)〜
先日、モーレンハウエルを試奏させていただいた時の女性店員さんとのやりとり。 pyon「今、ヴァルターと迷ってるんですよ。」ヴァルターの低音がわたくしを魅了しています。 店員「え!?、pyonさんがヴァルターを吹くんですか?」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 5

2006/10/26 07:38
High-C#、D、D#(4) 〜運指表模索中
ネット上で見つけた運指表を元に、高音の捻出の手掛かりを模索中。 色んな指使いがあります。 http://www.idrs.org/bsnfing/fingnote.htm ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 5

2006/10/23 12:52
課題:高音域スケール
フランスものドビュッシー「イベリア」練習中です。 この曲、懸案のHigh-C#〜D#の超高音域ソロだけでなく、そもそも高音域(C〜High-C)の細かい音符ばかりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/10/19 07:17
成功・失敗の集団感染
演奏会本番中、人の成功・失敗は、すぐ他の人に伝染しちゃうのです。 いやはや、ホントに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/10/17 07:34
冷静さは一番の薬
賛助として出演させていただいた、木管アンサンブルの本番が終わりました。 大学時代以来の木管アンサンブルの演奏会です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/10/16 02:05
一つ入れるだけで全体が変わっちゃうモノ
スターバックスコーヒーは今年で10周年だそうで、10/11〜11/7、カスタマイズアイテムが週替わりで1種類、無料!だとか。 久々にスタバに行ったら、店員さんに「シロップ(通常は+50円)が無料です。いかがですか」と勧められたので、 初めて、普通の=本日のコーヒーにバニラシロップを追加してみた。 えーっ。シロップを入れるだけで、全然スタバのコーヒーじゃない甘い味がしますよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/10/12 07:50
少し重厚になったモーレンハウエル 〜楽器に頼りたい(11)
ファゴット機種の内の一つ、モーレンハウエル(略:モーレン)を扱うFg専門店から、 モーレンを複数入荷したという電話と葉書を頂戴した。 「楽器買っちゃおうか」的思考、しばし中断していたが、 へぇ、そこまでお誘い頂いたなら行くだけ行ってみようと、試し吹きに行ってきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 14

2006/10/11 01:17
地域みんなのコンサート
帰省ついでにかに先生が出演する「行田みんなのコンサート」に行ってしまいました。 千葉県船橋市行田町周辺の小学校3校、中学校1校の各校のブラスバンド&管弦楽の演奏と、参加者全員による総勢約200人の合同コンサート。ここ数年の恒例行事なんですね。 実はこの中学、私が初めてファゴットを吹いた出身校。船橋市近辺は音楽に力を入れている学校が多いのですが、私のいた頃からは比較にならない位レベル高いですよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/09 23:27
初見能力も訓練?
市民オケに入ったら、私の周りは初見で曲を吹きこなせる人ばかりです。 楽器の練習時間よりCDを聞く時間の方が圧倒的に多く、音源に頼ってばかりのわたくし、最近、明らかに初見能力の低下を自覚します。 自分で一通り吹いて、何回も練習を重ねて慣れれば吹けるんだろうけど、 少し難しい曲になると、楽譜を見て楽譜の通り吹き、曲にするまでに非常に時間と労力がかかるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/10/08 16:40
練習場所・時間、路頭に迷う
ファゴット(管楽器)の練習場所と時間が確保できず、たまに悶々と悩んでおります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/10/05 07:59
手段と目的は人により様々
ふと思う事。 大変語弊があるが、私は上手くなりたいために楽器を吹いているわけではない。 周りと合わせる事によって得られる何かが快感なのだろう。 合わせる為に、他の人の音に釣り合う演奏ができるようになるには、想像以上に練習が必要で、 その度に練習しなくてはと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/10/04 07:52
密閉型(挿入タイプ)ヘッドホン
演奏会のCDが続々と手渡された。 演奏会に来ていただいた方々に、よかったよー等の感想・コメントをいただいて嬉しいのですが、 自分でも録音を聞いて多々反省&自己満足に浸っております。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/01 21:50
音源に頼りたい
わたくし、何を隠そう初見演奏が大の苦手。 曲を演奏する際は、他の方の演奏を聴き、その真似をしちゃうことが多いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/09/29 07:32
えせ・ビブラートの改善
先日の練習後、パートリーダーこと師匠から、 「ビブラート練習して。」と一撃されました。 あぁ。ついに。言われてしまった。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2006/09/27 07:28
大勢の中に埋もれて甘んじていたこと
ひょんなことで木管アンサンブルの演奏会に出ることになり、木管○重奏の曲の練習をしているのですが、 …えーっ。あんまり上手くなかった学生の頃以上に指が回らない、ちゃんと吹けない、 自分でもびっくり。下手になっちゃったかも…。唖然です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 3

2006/09/26 07:36
High-C#、D、D#(3)
先日、高音を捻出できた軽いリードではなく、普段使っている種のリードのうち1本(でも古い)が、思ったより高音が捻出できるので合奏で使ってみた。 ・古くても高音が出るリードがある  私にとって高音が出るリードは、芯は厚いが先端が厚くないリードかも ・アドバイス頂いたように、C・Dのスピーカーキーを押すとHigh-C#、Dは出やすい ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

2006/09/25 12:10
High-C#,D,D#(2)
新しいリードは、高・中・低音、いずれも出やすいですが、 高音は殊更に出やすい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 4

2006/09/20 12:52
協調性か芸術性か
シンクロナイズドスイミングのW杯を見た。 実力ほぼ互角だが対照的な、日本とスペインチームの演技が興味深かった。 手足が長く、演技がダイナミックなスペイン。足は大変高く上がり、緩急のメリハリがハッキリしているが、所々「合っていない」ことが素人でもわかってしまう。 一方日本。欧米選手に比べ身体が小さいことがハンデだが、足の指まで全員できっちり揃える協調性、正確さ、緻密さにおいてはピカイチ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/19 12:56
高音が出やすいリードってあるのかな
やはり小手先の業に頼りたいわたくし、超高音が出やすいリードもあるのかなぁと ダブルリード専門店に行って一通り試奏してきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/14 23:04
High-C#、D、D#
冬の演奏会に向けた練習が始まり、ドビュッシー「『映像』よりイベリア」の1stを吹きました(パート割り仮ですけどね)。 2楽章?に、ずーっと避けて通ってきた高音域、High-C#、D、D#のソロがあります。 そういえば、演奏会でこの音域をまともに吹いたのは、学生時代に吹いたローマの松とヒンデミットの木管5重奏ぐらいだわ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 13 / コメント 4

2006/09/11 12:46
呼吸のタイミング
音の出だしから吹き方、終わりまで合わせるアンサンブルでは、 息を吸うタイミング、吸い方を合わせろと教わった。 確かに、隣と呼吸を合わせる方が合いやすいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/09 22:52
音楽界は未だB版
楽譜って未だにB4サイズが多い。 色んな取組みが大変遅れている私の勤め先でも、随分前に書類がA版化されており、 会社によってはB4サイズのコピー用紙を用意していない位なのに。 でも、A4に縮小すると音符が小さく見にくいので、B4サイズのまま使っております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2006/09/07 09:10
疲れても周りを見渡せる冷静さ
先日のモーツァルト「リンツ」やらラヴェルの演奏会のCDを頂いたので聞いてみた。 ホールの響きで思った以上にいい演奏!ほほ。 今回初めてバソンと一緒に組みましたが、あまり違和感ないですねぇ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/05 12:53
N響吹奏楽
N響管楽器奏者が、吹奏楽を初めてやってみたとか。ほぅ。 昨日のN響アワーで、そのほっとコンサート(2006/8/6)の様子が放送されていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/09/04 12:16
低音息絶え絶え
メンバー不足ということで、Cフィル関係者多数の木管アンサンブルに急遽参加する事になり、ブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲(木管9重奏)」を練習してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/08/31 12:54
相方のタイプ毎に吹き分ける?
最近、この日記の存在を、関係者に続々と見つけられちゃった。 (別に極秘ではないんですけど、積極的にPRせず申し訳ございません。) 身内ネタ盛りだくさんなので、支障があれば削除しますので教えてくださいませ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/28 12:06
楽譜の書き込み
わたくし、楽譜(パート譜)には色々書き込む派です。 先生の指示やら眼鏡マーク(ここでは指揮を見ようマーク)、厳守すべき強弱・テンポ、音程の注意点↓↑に始まり、 ここはどのパートと一緒とか、1stの音(ハモり部分)とか、 先生が言ってた曲の思想とか、イメージとか、 初見が苦手なのでキ譜の音とか♯♭も(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 5

2006/08/27 15:14
口が持たずに吹けない
演奏会が終わると、やっぱりダメだった…的箇所がいくつも課題として残ります。 (課題が毎度同種、という事はさておき) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2006/08/25 12:24
演奏会本番中に思うこと(2)
演奏会って、運動会並に体力を消耗します。 今回の演奏会はずーっと吹きっぱなし。汗がしたたり落ち、口が疲れて音がヘロヘロ、というか全く吹けなくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/22 12:16
演奏会本番中に思うこと
夏の演奏会が無事終わりました。 聴きに来てくれた方々、エールを送って頂いた皆様、関係者の皆様、どうもありがとうございました♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 7

2006/08/21 12:15
音だけは存在感が出ますように。
以下、もはやネタですが、 わたくし、身長150センチ弱のミニサイズ。 前で背が高い人が吹いてたり、ひな壇に上れなかったり、コントラファゴット等大型楽器に囲まれると、姿が見えなくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/08/19 22:42
ちゃんと音を出して練習しないとね。
お恥ずかしながら。 このファゴット日記で大層な事を書いておきながら、この演奏会に向けた約半年!もの間、忙しさにかまけて個人練習が停滞しておりました。関係者の皆様、申し訳ございません。 で、やっとMューザの練習室が確保できたので(最近まで「○○フェスタ」で全室使えなかった) 半ば強引に休暇を取り、一夜漬け練習に行ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/08/18 12:12
ひそかな秘密
白状します。 腕が短い・手が短いわたくし、 ハンドレスト(写真右側の曲玉みたいなの。右手位置を固定させる。)を、写真の通り、上下逆に使っております…。 (^_^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 11

2006/08/17 21:34
吹奏楽編曲版・スペイン狂詩曲
最初にラヴェル「スペイン狂詩曲」を聞いたのは、なぜか中学生の時に買った「90'第38回全日本吹奏楽コンクール実況録音版」のいわき市立平第一中学校の大人顔負けの演奏(吹奏楽編曲版)。 そのCDで聴いた「マラゲーニャ」の低音のウネリが頭にずーっと残っており、今回Cフィルで演奏する事になって初めて、あの曲は本当は管弦楽だったのね、しかもあの低音の怪しいウネリはサリュソフォーン(Cフィル演奏会ではコントラファゴット使用)なのか、と記憶が繋がったのです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/08/16 12:54
ジェットコースター・スペイン狂詩曲
夏の演奏会1曲目はラヴェルの「スペイン狂詩曲」です。 ラヴェルは、弦・木管楽器の半音階・トリル・その他細かい音符盛りだくさん。ウネッてるように聞こえます。 Cフィルの木管陣が吹くと、要所要所で縦が揃い、しっくり纏まるのです。恐るべし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/08/15 12:58
注意するって難しい
パート内で(曲の吹き方についてetc)作戦会議をする際、 「○○はこうしましょうよぅ」 「こう吹くとカッコいいよね」 命令形ではなく、勧誘形で打合せをすると、円満に行く事が多い気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2006/08/14 18:46
ファゴット奏者人格形成論
N響茂木大輔氏の「オーケストラ楽器別人間学」を友人から借りて斜め読みした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2006/08/13 17:06
頑張って営業活動。
という訳で、演奏会1週間前。 一緒に出る会社の人と連名で、社内にチラシを掲示してしまった〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/08/11 12:59
「のだめカンタービレ」オケ団員募集中。
かの漫画、「のだめカンタービレ」が今度フジテレビ系で月9ドラマになるとか。ほう。 ドラマに出演するオケと録音部隊も募集してるんだって! やるのか。 皆さまお急ぎご応募下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2006/08/10 12:23
「100回練習した?」
大学時代、木管セクション練習を見てくれたクラリネットの先生は、 できない箇所を見つけると、1人ずつ吹かせて、 「100万回さらって!」(ニヤリ) と言い放った。 それが快感だったりしたかも。(?) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 6

2006/08/10 12:14
シューマンSym.2の2ndFgのメロディ
シューマン交響曲第2番の話題が続きます。 クラリネット&ビオラ、ファゴット&チェロ・バスと、とにかく同じ音を重ね続けるシューマン。 チェロとコントラバスにメロディーが移ると、もれなくファゴットもメロディーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/09 12:24
シューマンのオイシクない旋律は吹かない?
シューマン交響曲第2番、集中練習を経て結構盛り上がってきました。 で、練習中に指揮者が 「誰にでもわかるシューマンの直し方〜♪ ・メロディー以外の所は大きく吹かない ・おいしくない旋律は吹かない」 と言ってた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2006/08/08 12:24
踊りのないバレエ音楽
集中練習時に、プロコフィエフ作曲バレエ音楽「シンデレラ(全曲版抜粋)」を初めて通しで演奏しました。 うーん。 次の楽譜にたどり着かない前に曲が始まっちゃう(^^;) ←おい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/08/07 12:49
集中練習♪
サークルに合宿練習はつきもので、市民オケでも連休とかを利用し、演奏会ごとに合宿がありますの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/05 12:46
自分のカラーを出す
会社の美人後輩:キャリアウーマンに久々に会ったら、 「仕事って、新人でも『私わかんないの〜』ではなく、自分なりに調べた上、自分のカラーを出して」初めて皆さんに認められるから、これからも頑張らねば と言ってた。 こういう人と一緒に仕事できるのは嬉しいことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/03 12:43
シューマンは和声
引き続き、シューマン交響曲第2番に思案中。 楽譜は簡単なのに、普通に吹いてるだけではどーもかっこ悪いのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/08/01 12:04
和音を100%合わせる快感
シューマン交響曲第2番の木管セクション練でした。 シューマン交響曲第2番は単純で、一部以外は初見でも吹ける簡単な楽譜ですが、 ・全ての音形が、他の楽器との和音構成で成り立ってる ・和音進行は何となく合うではダメで、100%合わせて 初めて、美しい音楽として聞こえるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/31 12:35
ファゴットパート地位向上に向けて(??)
先日、友人の演奏会を観に行ったら、 (通常は、演奏終了後、活躍した首席奏者とかを立たせてくれるのですが) ファゴットだけ指揮者が立たせてくれなかったのー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2006/07/26 12:26
人と何かをしてひそかに得られる喜び
振り替えると、わたくしの楽しみって、個人プレイよりも 「人と何かをして得られる喜び」に帰属することが多い気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/25 12:50
ストレスだけど楽しいコト
主婦がフラメンコに挑戦する様子をTVで見た。(フラメンコブーム?) 「思ったように踊れないのがストレス…だけど楽しい」 というような事を言っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2006/07/24 12:54
ファゴットリード通販生活
もっぱら市販ファゴットリードを使うわたくし、演奏会1ヶ月前なので新リード(写真左下)を通販で入手し、育成することにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/07/21 12:33
???なプロコフィエフ
プロコフィエフ作曲、バレエ音楽「シンデレラ」全曲抜粋版を練習中です。 プロコフィエフの音楽は、いかにも終わるぞー。という終わり方ではなく、???な音で終わる曲多数。 パート譜を見ると、ますます???な音階多発。 (ですよね?) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/07/19 12:58
組織に属し続けること
かつて大学時代、大学のサークル:オーケストラを辞めようとした事があった。 練習が拘束時間が長くてしんどかったし(今思えば全くたいしたことはない)、練習ばかりで彼には怒られるし、体調不良が一向に良くならなかったし、とかとかとかとかとか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/07/18 12:34
楽譜衝動買いの巻(2)
冬の演奏会の曲が、団員投票により、エルガー交響曲第1番と、ドビュッシー映像(イベリア)と小組曲。に決まりました。 で、衝動買いモードだし、3曲のスコア(オーケストラ全パートの楽譜)を楽器店のヤマハで発見しちゃったし、買っちゃった♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/07/15 14:12
楽譜衝動買いの巻
上司の「今のところ忙しくないし明日休んだら」という一言で、わたくし、今日は突然夏休み中です。 四連休♪…とはいえ突然の休みなので計画ゼロ。 休日には人手が多い都内を暑い中ふらついて、買い物に勤しんでます(>_<) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/14 17:08
代打は本打者を上回らないと…
わたくしの本業である事務作業は、ルーティーンであればあるほど仕事の根幹に個人のセンスを盛り込みにくい。 他の方の代わりにその人の仕事をしても、仕事の手順を覚えれば完成度が高いものができやすいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/12 12:20
愛はハーモニーである
幼なじみの結婚式に出席させていただきました。 いやぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/09 16:28
ランドマークプラザコンサート
横浜ランドマークプラザの1階階段広場(ガーデンスクエア)では、 平日ほぼ毎日お昼時間帯12:00〜13:30(と夕方たまに)、ピアノの生演奏が流れています。 思い思いに音楽を楽しむ人たくさん。 優雅なひとときです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/07 18:19
ステージ上では自分の音が聞こえない
初めて文京シビック(大)ホールで演奏しました。 残響が多く、良く響きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/05 12:28
「心」を伝えるためにはテクニックも必要
異性をくどく術が豊富な方はうらやましいですが、別の話。 テレビ東京の「ド短期ツメコミ教育豪腕コーチング」で、ピアノ素人の方が10日間ピアノの先生に付いて1曲(結構長い曲で難しそう)マスターし、番組で披露するという企画で、大林素子氏とくわばたりえ氏が挑戦していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/07/04 12:30
リードするって難しい(2)
大学時代、高音木管楽器の方々から 「ファゴットが大きめに吹いた方が安定感があった良い」 「ファゴットが後ろからあおるようにリードして欲しい」 「ファゴットのベルで後ろから度突かれたい」(?) と耳にタコができるぐらい言われた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/03 12:52
「わたしの音」を聴いてもらう事
3日前に演奏したモーツァルト「リンツ」やら「ボエーム」の歌が、まだまだ頭の中をグルグル回っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/06/28 09:10
ステージ上の力(2)
モーツァルト交響曲第36番「リンツ」も、この楽団ならではの力で結構盛り上がりました。 美しく楽しいモーツァルトの曲、 当日まで、演奏中楽しくても、乱れちゃう箇所が多数・複数ありましたが、 本番では、全員が、みんなで音を一つにまとめようとしていることが伝わってきて、 私も、この和を乱してはならないと思いました。 モーツァルトの曲って、一体感を持って演奏するだけで、小編成でもこんなに響きが変わるんですねー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/06/26 12:45
ステージ上の力
大事故なく無事に演奏会終了です♪ 楽しかったー。 特にラ・ポエーム、歌い手が見事で、いつになくすごく盛り上がり、本番の相乗効果(+)盛りだくさんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/25 18:10
ネガイボシにお願い☆
演奏会2日前ですが、信じられないぐらい準備できておりませんので、天にお祈りするしかありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/06/23 12:33
営業活動は苦手
現在、営業とは全く縁のない事務作業員のわたくし ネタの一つとして「ファゴットという木管楽器やってます」と言うことがあっても 知人に演奏会を積極的にご案内することは得意ではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2006/06/22 12:51
つい出る、「しまった!」顔
間違えちゃったり、変な音を出しちゃったとき、 舌を出したり、「しまった!」的表情をしちゃいますよね。つい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/20 12:20
プロオケとアマチュアオケの違い
少し前に、 ファゴット生活のsogottoさんが「プロフェッショナルとアマチュアについて」で (1)http://brown.ap.teacup.com/kensolisten/115.html (2)http://brown.ap.teacup.com/kensolisten/116.html (3)http://brown.ap.teacup.com/kensolisten/117.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/06/15 12:59
立ち位置を変えて吹く
「のだめカンタービレ」の1?巻に同じようなセリフがありましたが 自分の担当以外のパートを吹くと色々な発見があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/06/12 12:53
練習不足でも楽器やってて良かったと思うコト
日常が忙しい時ほど、ファゴットのありがたみを感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/10 17:44
音楽と数学
ドイツで音楽家を目指すFg奏者なつきさんは、日々の練習で 音楽は「感覚の作業」と半分はやはり「物理的な作業」。と書いてます。 そうそう! (記事の、MDスロー再生で問題点発見!にもびっくりですが、また後日) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/08 12:58
ひと味違う的な人
前の記事、「何を」ではなく「誰と」は、友人のコメントを勝手に拝借…だったのですが(ごめんなさい) 関わる人によって作品の完成度がぐっと上がることがあると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/07 12:58
「何を」ではなく「誰と」
職業人としての満足度は、どんな職務を遂行する、ではなく、 どんな人と一緒に仕事をするかに大きく左右されると思う。 どんなにやり甲斐のあるビックプロジェクトを手掛けていても、スタッフ、取引先との相性が合わなければ最悪。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/06/06 12:56
のっぺりモーツァルトでは…
モーツァルト「リンツ」の練習にて 音が汚くならないよう、なだらかに吹いていたら、師匠から 「ノッペリしすぎ」 とのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/04 22:06
伴奏が主役を感じること
ファゴットパートは音楽の中で伴奏的役割が多いかもしれません。 で、合奏中 「メロディーはいい感じでも、伴奏がメロディーと一緒に歌う感じに乏しい。」 「主役を超える事はダメだが、主役が何をしているのかを感じなければ音楽が成立しない。」 という感想を頂いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/02 09:14
やっぱり組織人って楽かしら
一人で独立開業した方は本当にすごい。 1から10まで自分のやりたいように事業を回せるのが醍醐味。 でも、全ての結果が自分にストレートに返ってくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/30 12:58
伝統ある奏法…?
あくまで相対的な話。 社会人になって、(自分の出身でない)他のオケで演奏するようになり気付いた事。 自分の大学オケ木管陣は ・管楽器で息のスピードを合わせようと全員が探り合う その分 ・アインザッツがみんな大きめ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/05/26 12:58
オーラのある音
以前の「首席奏者のオーラ」では、たくさんの方からコメントを頂き、ありがとうございます。 薪さんのコメントのとおり、視覚で訴えるオーラもものすごく大事だと思うのですが 「音」自体にもオーラがあると思うのです。 例えば(目指すは)、NNHK交響楽団首席奏者の水谷上総さん。オーケストラの中にいても「水谷さんの音」がよく伝わってくると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/25 12:51
首席奏者のオーラ
管楽器の首席奏者は、確固たる音で、堂々と吹かなくてはいけない などと言われたことがある。 メロディーライン担当だし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

2006/05/23 12:45
美しい高音を奏でるために
今朝の「めざましテレビ」の「広人苑U」で、オーボエ奏者の宮本文昭氏が特集されていた。 おぉ。 以下、寝おきの記憶なので文言等正確ではありません…。あぁお許しを。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/22 12:58
「楽器をやってる人」のステレオタイプ
昨日、楽器を担いで電車に乗り込み、練習会場に着いたら今日は練習お休みだった という大ボケはさておき、車中で聞こえた一般的なお話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/22 12:27
モーツァルトは音を短く・均一に(2)。
社会人になって、正当派な古典曲をたくさん演奏する機会に恵まれた。 夏の演奏会でも、モーツァルト「リンツ」の他、ベートーヴェン、シューマンを抱えているが はて、やっぱり、いまいちかっこ悪い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/18 12:40
モーツァルトは音を短く。
モーツァルト交響曲第36番「リンツ」を練習中です。 「モーツァルトは輪郭がハッキリした音で吹けば何とかなる」という教えを遵守し 四分音符、八分音符♪をしっかり鳴らすため、■■■■と長めに吹いていたら となりのFgの先輩が 「モーツァルトは、基本的に、音、短くていいんじゃない」 と言う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/05/17 12:56
無言実行が一番望ましいけど
アンサンブル能力に乏しいわたくし。 練習回数が極端に少ない1回限定のオーケストラでは、周囲の個性が読めないまま本番を迎えてしまう。 練習中に思うように吹けないフラストレーションが溜まっている人も多いようで、合奏中の意思統一を図るべく、という事でメンバー同士メールが飛び交っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/05/15 18:09
和音が・・・感覚的に合わない?
というのは他力本願的で大げさですが チューナーで同じA=44・・にあわせているのに、所属する団体によって、音程のとり方、基音や3度5度の音程のとり方が違うことがある と思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/05/14 09:38
パズルをはめて和音を作る
一人で吹くと単なる音の繋がり。 運指表通りに指を動かし音を吹けば、まあ、音になる。(ならないけど) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/12 12:26
5割ぐらいの力で余裕を見せたい
寄り道しすぎたのでやっと本題に OBオケのベト7合奏に参加させていただいたときのこと 「管楽器は5割ぐらいの力で吹きなさい。ただし顔だけ一生懸命吹いているフリして」 全部全力疾走すると、すぐリードがダメになっちゃうでしょ。 との指示が。 いつも参考にさせて頂いている善蔵さんも書いておりますが、fにしてもpにしてもまだまだ余裕のある演奏にみせたいものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

2006/05/11 12:59
内声が(ある程度)うるさくても良いと思うんだけど…
Y室内管弦楽団の合宿に1日だけですが参加し、モーツァルト、ラヴェル、プッチーニ「ラ・ポエーム」を1日中合奏してきました。 このオケは、内声担当の2ndバイオリンとビオラがごしごし弾き、とても気持ちいいのですが 2ndバイオリンが1stバイオリンより多数参加していたせいか、「2ndうるさい」と何度か指揮者に言われてた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/05/08 12:24
「熱狂の日」音楽祭2006(モーツァルト週間)に野次馬
GW中(今年は5/3〜5/6)に東京国際フォーラムにて、一日中ずーっとモーツァルトのコンサートをやっている音楽祭があると聞いて行ってみた。 先週、「随分前のNHKの芸術劇場で去年の音楽祭の様子を放送していたなー。今年も確かやってるって言ってたなー」と思い出したのだが、その時既にチケットはほぼ完売(特に歌劇とレクイエムには残席あり)。当然わたくしもチケットを確保できず、まあどんなものか野次馬的に行ってみたのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/05/05 19:56
シンプルな事こそ難しい 〜モーツァルト模索中
モーツァルト「魔笛」の木管分奏がありました。 本番には出れないのですが、人手不足という事で軽い気持ちで行ってきてしまいましたが とても勉強させていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/02 21:04
ファゴット大試奏会に行く 〜楽器に頼りたい(10)
新宿にあるダブルリード専門店がGW中にファゴット大試奏会をやるというので行ってきました。 http://www.jdri.jp/whatsnew/200604/guidance.html わたくしがお邪魔した時には、アマティ、アドラー、シュライバー、モーレンがあり、新品楽器で40万〜160万程度(値引き後) 「お好きなのをどうぞご自由に」と、一通り吹かせていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 7

2006/05/01 17:30
演奏会メンバーになる条件って
mollenさんから丁寧なトラックバックを頂きましたが、 楽団で吹くためには、まず楽譜が吹けることは当たり前で、人と合わせていくことは重要なファクター だと、私も思います。 (その到達度は周りの皆さんとの相対的なものによるのだろうけど…) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/27 12:46
出したい音質をイメージして吹く
先に皆さんが吹いている和音の中に、後から自分が混ざるときの音の出し方って難しいっす。 和音の音程や、音質を皆さんに出だしから合わせなくてはならないので 神経を使います。 →音が緊張します。 →神経使って吹いても和音がきれいに響きません…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/04/26 12:39
暗譜してハーモニーを作る
4/21(金)NHK「にんげんドキュメント」で、千葉県少年少女オーケストラの練習風景・演奏会本番の様子を見た。(4/24深夜も再放送) http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2006-04-21&ch=21&eid=28749 小学生から20歳までの学生オーケストラ。 演奏時間1時間を超えるベートーヴェン交響曲第9番「合唱付」を立派に演奏していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/04/25 20:16
長時間吹くと口が持たない
通常のCフィルの練習に加えて、6月に本番予定のY室内管弦楽団の練習が本格化してきました。 したがって、隔週日曜の昼→夜はファゴット吹きっぱなしです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/04/24 12:32
いったん練習を休むと…
早く帰宅できたので、本当に久しぶりにお家でこっそり練習。 日曜日に練習があるモーツァルト・リンツを一通り吹いてみる…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/21 12:58
結果を自分に引き寄せる
ドイツでプロのファゴット奏者を目指すなつきさんのBlog「音楽家になる方法」のやりすぎの発想力という記事に >練習量とか内容よりは発想でもっと結果を自分の方に引き寄せられる・・・引き寄せられるというより確信して上手くなれる気がする >伸び率(出来具合の進捗状況?)だって自分の支配下で支配できるんじゃないかと思う http://diary.jp.aol.com/applet/xfkmehb/173/trackback とあった。 なつきさんはいつも前向きですごいですわー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/20 12:15
楽器に頼りたい(9) 〜沈思黙考中〜
わたくし週末ファゴットプレイヤーなのに、最近は週末すら楽器の練習を全くしていません。(開き直り)すみません。 bagatellesさんのBlogを見て、随分前にJDRからカタログが送られてきたのを思い出し(おい)開く。 やっぱりファゴットは高いですよね。 そんな訳で、楽器を買おうかなぁプロジェクト中断中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 10

2006/04/17 12:39
太った?エル・サロン・メヒコ
前回演奏会の録音を貸してくれた友人のコメント 「重い(エル・サロン・)メヒコだなぁ」 確かに頻発する変拍子リズムを追うだけで、軽快さがない…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2006/04/14 12:39
ホールに届く音は予測不可能(2)
もちろん、コントラファゴットの音だけでなく並ファゴットの音も、どのくらいホールに響くか予測不可能です。 2ndパート担当が多いわたくし、 Fgパートが3度・5度ハモリの部分で、1stのスーパーヘッケルおじさまの音を消している部分が…。 ホントごめんなさい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/04/12 12:35
2人の共同作業は難しい
前回冬の演奏会の録音を聞いた。 チャイコフスキー交響曲1番はFgは1stと2ndの2管編成。オクターブ、3度ハモリ、ユニゾン(同じ旋律を吹く)が続出し、2人で息を合わせないときれいに聴こえない曲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/10 12:08
同じ部署で再び共に働く
わたくしの属する組織は、2〜3年に1度人事異動があり、周期的に全国の組織を渡り歩きます。 入社後数年が経過すると、新人の時に同じ部署だった人が(偉くなって)また同じ部署で働く、という事が頻繁に発生するのです。 あの時は…の方でも、いつどこでお世話になるかわかりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/07 12:56
報われない努力こそ
陰の努力、報われない努力こそ重要だという。 大編成での合奏中、ファゴットは報われない努力の連続でです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/06 12:40
近くで聴く音、遠くで聴くと…
自分ができる楽器(ギター・三線・ウクレレ・歌)を持ち寄り、遊びでセッションする機会がありました。 ファゴットは重いので割愛し、歌で参戦です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

2006/04/04 20:06
大きな音は脱力系なのに…
高校生が新しくやってきて、1stと1stアシに挟まれて2ndを吹いた時のことの続き。 シューマンSym.2の1stと2ndパートは和音でハモることが多いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/29 12:58
新しい仲間がやってきた
Cフィル賛助として高校生がやってきました。 小・中・高校のオケ・吹奏楽で7年!ファゴットの経験を積んだスーパー高校生。 (千葉の総武線沿線の小中学校は、部活に管弦学部がある学校が多く  かなり力を入れている有名校も多いのです。) 嬉しい事に、Cフィルの演奏会に何度も来てくれたとか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 5

2006/03/27 12:58
ステージパフォーマンス効果
The Rolling Stones東京ドーム公演に行ってきました。 (わたくしストーンズの音楽をちゃんと聴くのはこれが実は初めて。) ボーカル:ミック・ジャガー61歳、かっこよすぎます。 もちろん他のメンバーもしかりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/03/26 10:46
演奏者の存在自体が音楽…?
本日、会社のローリングストーンズ熱狂ファンの方に「The Rolling Stones/A Bigger Bang Tour」(要はライブ)に連れてって頂きます♪ でも正直わたくし、この系統の音楽は全く素人。(何ともったいない) その方から熱烈な解説メールを頂いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/24 09:15
存在感がある≠土臭い演奏だけど
3月19日のN響アワーにて、ブリテンの青少年の管弦楽入門@ネビル・マリナー(1979年公演)を聴いた。 木管楽器各パートのソロが満遍なくあり、1stだけでなく2ndも大活躍する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/21 21:00
イメトレだけでは…
最近楽器の練習をしておりません。はい。すみません。 移動中はスコア片手に(しないときもありますが)CDを聞いて曲の構造や和音の理解に努めております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/18 18:16
心地よいライブ録音
吹奏楽コンクール入賞常連:横浜ブラスオルケスターの演奏CD「メジャー・バーバラ」を聞いた。 数年前、団員だった会社の先輩から入手したCD。 聴いてたまげた。 音楽性、リズム感以上に、一番驚いたのは音程の良さ。 fのファンファーレだけでなく、pの箇所、早いパッセージでも音程が決して乱れない。 聞くところによると、音・和音の音程が少しでもおかしい箇所はオルガンで合わせているそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/03/16 12:49
滋味豊かなシューマン交響曲第2番…を目指したい
次回Cフィル演奏会メインの曲はシューマン交響曲第2番、 わたくしまたもや2nd担当予定。 初合奏に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/03/13 12:55
リードの旅
リードの選定は本当に難しい。 あえて製品名を公表してしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/10 12:35
ドイツ系とアメリカ系楽器 〜楽器に頼りたい(8)
そんな訳で、音質はヴァルター(ドイツ製のファゴット機種)、吹きやすさはフォックス(アメリカ製)が気になってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 3

2006/03/07 12:12
楽器に頼る前に 〜楽器に頼りたい(7)
まだまだファゴット購入について迷っております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 10

2006/03/06 13:00
モーツァルトはかっこ悪くなっちゃう
6月のY室内管弦楽団演奏会でモーツァルト交響曲第36番「リンツ」を吹きます。 で、練習に行ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/03/02 12:42
複数でも一つに聴こえるように
夏に向けて取り組む曲−クープランの墓・亡き王女のためのパヴァーヌ・スペイン奇想曲−フランス物・ラヴェルの曲が目白押し。 木管楽器は指の練習曲のように楽譜真っ黒、臨時記号多発ですが、ファゴットパートは他の木管パートより苦労が少ない気がします。ほっ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/02/28 12:51
ベルリングが割れた…
日記に記すのもお恥ずかしい。 昨日の練習後、首掛けストラップで楽器をつるし楽器を抱えた上いろんな物を持っていたら、不注意で楽器を手放してしまい、イスにぶつけてしまった。 楽器ぶつける:良くあること。(←おい) だが、よく見たら先っぽの白い○にパッカリ亀裂が入ってる。 吹いてみる。音は出る。だが変な振動音がする…ような気がする。 思った以上に悲しい。 応急処置でくっつけるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2006/02/27 12:39
ヴェルディ:「運命の力」序曲
善蔵さんの「運命の曲?」にありましたので、わたくしも… 私にとって運命の曲(といえる程同じ曲を複数回こなしてない)は、ヴェルディ:「運命の力」序曲 初めてオーケストラで演奏した曲 Cフィルに入ろうと決意した時の演奏会でも「運命の力」が1曲目でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2006/02/24 12:59
楽器に頼りたい(6) 〜価格と楽器の価値…
尊敬する知人が新品ヘッケル(というFgの最高峰機種)に買い換えるとか。すばらしい。 以前ある管楽器店でヘッケルを少しだけ試奏させて頂いた。その時聞いたお値段約550万円! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 5

2006/02/23 12:50
イマジネーション(2)
白状してしまう。 管楽器奏者というと、先生に従いてレッスンに通うのが普通である気がするが 私の出身大学のFgパートでは、当時個人的にレッスンに通う人が皆無であった。 ・金銭的 ・時間的(東京は遠い) ・先生に従くのが苦手 …理由様々 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/16 12:08
イマジネーション
7月にR.コルサコフ:シェエラザード(しかしわたくし2nd)を吹いた時のこと。 この曲は管楽器のド・ソロが続出する曲。 すばらしく上手に1stを吹いた先輩に聞いてみた。 2楽章のソロどうやって吹くのですか? 「色々イメージするの…」 どうやってイメージするのですか? 「情景や歴史背景、物語を想像するの…」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/15 13:19
主観と客観は異なる
秋のY室内管弦楽団演奏会本番の映像をちろっと見た。 この時は自分的には一生懸命吹いて、ファゴットって面白いかもしれないと思った演奏会。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/14 12:40
丁寧に吹く(2)
わたくし不真面目な面倒くさがり屋。 テストで毎回100点取るより、受験に合格すればよい。重箱の隅をつつくような問題は捨てて、必要最低限やっとこ。という発想の人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/07 12:35
丁寧に吹く
Cフィルファゴットのある人、隣で吹く私や低弦が同じ所で何回も間違えたりすると 「もっと丁寧に吹かないと」 とつぶやく。 (間違えすぎるとそのうち叫ぶ) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/02/06 12:43
テナー音域はあくび状態にて
自分では全く気づかなかった、楽器を吹く際のクセ。 「(ヘ音記号五線より上の)シ♭〜ミ♭を吹く時、喉が鳴ってる」 ごろにゃー。 とある方からご指摘頂いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/02/01 12:50
新品楽器と中古楽器の違いって 〜楽器に頼りたい(5)
以前ファゴット専門店で楽器を試奏させていただいたとき、中古だがヴァルターという機種が気になった。で、最近新品が入荷したというので、再び試奏させていただいた。 新品・中古楽器ともに、低音(特に真ん中B♭より下)の音色・出やすさピカいち=2nd吹きには魅力的…は以前の印象と変わらず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 21 / コメント 8

2006/01/31 12:50
楽器に頼りたい(4)
以前ファゴット専門店でファゴットの様々な機種を試奏させていただいたのですが、その際取扱いがなかった機種:フォックスを別のお店で試奏させて頂きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 6

2006/01/30 12:44
能力と環境
今日は、京都のファゴット吹きmakiさんの「βオケ 演奏会」からトラックバック。 makiさんも最近演奏会を終えたそうで、本業の傍ら、これだけ思い入れのある演奏会ができるってすごい事。 今後の抱負で「今の自分を認めてくれて気長に成長を見守ってくれて、なおかつ自分を高めてくれるオケじゃないとしんどい」と綴ってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/01/25 12:15
脱力系で音を飛ばす
Zauberfloeteさんから、「音を遠くに飛ばす事」についてコメントを頂きましたが わたくし、ファゴットの音が小さい、音が客席に届かない事が悩み。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/01/18 17:54
決戦の金曜日:GP
演奏会本番前日は、リハーサルその1:GP(ゲネプロ:ゲネラールプローベ、Generalprobe:独語「本番と同じ条件で行う通し稽古」)を行う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/01/13 23:43
オーラを発したい
身長がたとえ小さくても、オーラがある人はいくらでもいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/12 12:47
アイン・ザッツ
大学時代、演奏の際は「アイン・ザッツで音楽が決まる」:首席奏者はわかりやすいザッツ(吹き始めの合図)を出す事が、とても重要だと言われた。 楽器を上げ下げし、一緒のフレーズを吹く隣人がわかるように出だしの拍子を取り、曲の雰囲気を醸し出す。隣人はそのザッツから速さや息のスピードを読みとる。 わたくしザッツ出しが苦手。 どーも音よりも動きが微妙に遅い(ように見える)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/08 10:01
低音が鳴らないのはリードのせいにしたい…
職場が正月モードなので早々に帰宅し、楽器禁止の社宅でこっそりファゴットの練習。 (上下左右にお住まいの皆様ゴメンなさい) でもやっぱり音漏れが気になり、低音部分を弱音で練習しよう。 息の使い方と音の昇降の練習になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 9

2006/01/06 12:35
楽しい音楽の時間です
楽器関係者から、素敵な明けましておめでとうメールを頂きました。 ・・・今年も楽しい音楽の時間を過ごしましょう!まずは14日の演奏会、楽しみましょう〜 この方は毎日超多忙な研究職、この心の余裕に感服です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/01 23:56
10年前の「先輩からのメッセージ」
大掃除をしていたら、大学の時、10歳上のオーケストラの偉大な先輩が、現役の後輩達に宛てた「木管セクション(楽器)の皆様へ」なる長いメッセージ(というか指導文)を発見。 ぎょぎょ。このメッセージの存在すら忘れてた・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2005/12/30 22:41
話術も美味しさのうち
ふぐ専門チェーン店「玄品ふぐ」でのCフィルホルン会にお邪魔しました。 皮の湯引きにはじまり、白菜に乗ったぶつ刺し、ふぐの唐揚げ、てっさ、焼きふぐ、紙鍋のふぐちり、雑炊&ひれ酒で、しかも比較的安価で、ふぐでお腹いっぱい、大満足です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/29 22:45
努力しなくても天才は…
実力は努力の結晶でもありますが、 「勉強してないのに100点取っちゃう」人がいることは事実。 成功への過程は人それぞれ。でも、成果物は僅差、紙一重です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/12/28 17:30
ローマは一日にして…
毎日ファゴットの練習をしていない私。 Cフィルのファゴットパートリーダーが衝撃発言! 「俺、バソンは週2日、ファゴットは週3日練習」 ひぇぇ。仕事して、子持ちで、よく継続して練習ができますねー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/12/27 12:55
低音ブツ切れ
Cフィル冬の演奏会に向けた集中練習でした。(クリスマスなのに) メインのチャイコフスキー交響曲1番、やっとさ何となく音の集合体になってきた、よーな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/12/26 12:10
大学入学から10年・・・
年末の恒例行事、大学オーケストラの同期会でした。 同級生は次々と結婚し相方を連れて参加、友達の輪は着実に広がってます。 皆、近況はそれぞれ、今でも楽器を部活並に続けている人、全く楽器から離れている人さまざまですが、同じ作品を創り上げた人たちと卒業後もずっと交流し、他愛もない話ができることはありがたいことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2005/12/24 09:04
知らないクラシック音楽は聴くのは体力勝負
次回演奏会の選曲の時期が近づいてきました。 Cフィルの選曲はとってもマニアック。 来年はショスタコービッチ生誕100年ということもあり、ショスタコ盛りだくさん。 ショスタコービッチ:「交響曲第6番」はよいにしても、「交響詩10月」、「ロシアとキルギスの主題による序曲」…知らないよなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/21 12:53
低音の遅れは永遠の課題
チャイコフスキー交響曲1番の管分奏がありました。 ファゴットパートは1stと2ndでオクターブでリズム良く動くことが多い。 最低音は最初に響かなくちゃいけないのに、2ndの低音が遅れて聞こえます… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/19 12:27
楽器も十人十色 〜楽器に頼りたい(3)
仮に楽器を買うにしても、どの楽器でどんな音が鳴るのか知りたいと思い、 ファゴット専門店で楽器を試奏させて頂きました。 当然、どの機種も吹きやすい。 同じ楽器(ファゴット)でも、機種により音や吹き心地が(主観的に)違うのにはびっくり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 7

2005/12/14 12:17
音の七変化
わたしの仕事は公務員的事務作業員。 配置部署により、総務経理から営業、相談、法律作成、システム開発… いわゆる一般教養と面接で採用されたが、一人何役もこなす(中途半端な)何でも屋さんである事が要求される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/12 12:21
楽器に頼りたい(2)
今の楽器(アドラー)の音は結構よい。 でも、思うように吹けないことが気になってきて、楽器買ってみるか? (…その前に練習しろ) 以前、ここに綴ってコメントを頂いたが、先生と相談してみた。 誤解を恐れずありのままを記載してしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 3

2005/12/09 18:15
チェロと仲良く
チャイコフスキー交響曲1番のファゴットパートは、チェロ(ビオラも)とユニゾン(同じ旋律を吹くこと)が多い。 小心者のわたくし、いつもチェロに迷惑かけてないかな〜、ビオラの音を消してないかな〜、と心配しながらファゴットを吹く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/12/08 12:58
楽譜の意思を伝える
演奏家の意思を伝える楽譜 楽譜に書いてある音、強弱記号、音の長さを正確に再現するだけでは想いが伝わらないのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/06 12:32
イメージを具象化して伝える
演奏中、「〜な感じ」を表現する時に、音の長さ、息の使い方、フレーズの流し方等のお約束を作って吹くことがある。 だが、イメージ像を演奏でお客さんに伝えることは想像以上に難しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/12/05 12:27
間違っても笑顔で
月1回ペースで演奏会本番をこなす、Cフィル美人オーボエ奏者のすばらしい心がけ 「私、愛想笑いは苦手だけど、演奏会の舞台に上がった時から終わるまで、演奏中の休みの小節間も、演奏会の日はずっと笑顔でいるの。」ほぅぅ。 どんなに上手な音大生でも本番は間違える。でも、演奏が終わった後はたとえ演奏中に何があっても満面の笑顔でいる。この笑顔を見ると演奏中のミスも全部忘れちゃう、この人の演奏を聴けてよかったと思った。 その音大生を見習い、以後気をつけてる、そうだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 4

2005/12/04 23:11
「人生は選択の連続」
雑談中に戦友が発した言葉… わたくしの日常は流されっぱなし。でも結果的に何気ない出来事に左右されてる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/12/02 12:40
エンヤワールド
今朝のめざましテレビを見てたら、エンヤ(Enya)が歌ってる! 5年ぶりのアルバム発売で来日中だって。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2005/12/01 12:58
基礎練習は大事だけど…
今日は、善蔵さんの「基礎練習メニュー公開♪」(のコメント)からトラックバックです。 基礎練習って15分から30分ぐらいで終わるのですか! そのぐらいで切り上げないと、ホント、曲を練習する前に力尽きちゃう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/28 12:27
No.1にもNo.2になること
Cフィルの方と木管五重奏をしてきました。 いつもは2週間に一度の合奏にてオーケストラ全体で音を合わせるだけだが、いつか木管アンサンブルを・・・と念願かないました。 驚くことに、この5人はとても合う。初見で曲を知らないのにDarius Milhaudの曲が通る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/27 23:08
今を楽しむ
今どんなに幸せで、楽しくても 次の瞬間、いつかこの幸せが壊れちゃうという恐怖が頭から離れない。 感情移入するほどむなしさが深まる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/25 12:30
曲数をこなす
いわゆる「成功している方」は、仕事量が圧倒的に多く、仕事の内容も濃い。 その仕事量、コストパフォーマンス、凡人からすれば想像を絶するモノだろうが、色々な経験を数多くこなさないと自分の力にならない…というのは何となくイメージできる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/24 12:58
全部100%・・・
会社の人の紹介で、経沢香保子氏(トレンダーズ椛纒\取締役)と、乙部綾子氏(ライブドア広報)他2名の、今一番熱い女性リーダー?による講演会とパネルディスカッションに行ってきました。 さすが成功する人は違う!という発言が続出し感銘を受けたのだが、中でも乙部さんは「仕事も、育児も、妻も、女性として全部一番、100%でありたい」と言い切った。すごい人だ。一OLである乙部さんがなぜこんなに注目されているのか、マスコミを通してでだけはわからない、彼女の本領をほんの少しだけ垣間見た気がした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/23 07:16
基礎練習メニュー公開♪
基礎練習、苦手です。 (三流の私、個人的にレッスンについたこともなく…) 「ソノリテ」でコメントを頂いたので、調子に乗って、大学時代のファゴットパート基礎練習メニュー公開です。音符が表示できず、分かりづらいですがお許し下さいまし。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 8 / コメント 3

2005/11/21 12:57
ソノリテ
大学時代、当時のファゴットパートの基礎練習メニューにあった(通称?)「ソノリテ」。 最低音B↓−真ん中B↑−真ん中H↑−低音H↓、C↓−C↑−C♯↑−C♯↓〜 以後高音まで続く オクターブ音の跳躍が、拍どおり、スムーズに移行させるための、メトロノームに合わせた練習。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 3

2005/11/20 10:32
中弦はグルタミン酸とイノシン酸
Y室内管弦楽団の中弦陣のコメント (後ろから眺めてると、Y室内管弦楽団の2ndバイオリンとビオラ陣は、腰を浮かせて熱く弾いてる) 高弦≒メロディーは、顔 低弦≒ベースは、土台 中弦≒内声は、旨味成分、グルタミン酸とイノシン酸 だってさ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/17 12:20
波長を合わせる
オーケストラでは、パート(同じ楽器)内、木管楽器、金管楽器、弦楽器と、音程、リズム、音の長さ、吹き方から曲想…その他諸々を合わせるのだが(当たり前か) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2005/11/15 12:38
木管セクション練
昨日はCフィルの木管セクション練習でした。 オーケストラの曲を、木管楽器(フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット)だけで細部を合わせる、ストレスフルな分奏。 オーケストラと違って人数が少ないので、(吹けないことが)色々ばれちゃうのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/14 12:26
阿吽の呼吸
今日は、大学オケの同期の結婚式で演奏させていただきました。 我々木管楽器の同期は互いの式で演奏させていただいている。今回も全国各地からこの日のために集まり、ネタ(曲)を仕込んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/11/12 23:02
初心にかえって
ふとしたことで、Cフィルに入って初めて参加した演奏会のCDを聴いた。 シューベルト:交響曲7(8)番「未完成」 ん、予想に反し、今よりまとまって聞こえる・・・? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/10 00:32
ベートーヴェン、ブラームス、モーツアルトの音?
大学時代、個人練習をしていたら後ろから音もなく現れ、「基礎練習が足りん!」「ファゴットの役目とは」「ブラームスとは」などと一蹴する、熱い大先輩がいた。 先日の木管アンサンブルツアーで久々に大先輩にお会いしたので、聞いてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/11/07 12:40
木管アンサンブルツアー
わたしの出身大学オケの木管パート陣は毎年「木管アンサンブルツアー」なるものを開催している。現役学生からOBが楽器を持ちより(お酒を飲みつつ、遊びつつ)、木管五重奏等やファゴット四重奏等のアンサンブルをするという企画。今年は那須に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2005/11/06 23:10
ベートーヴェンらしい音?
ありがたいことに、演奏会でベートーヴェンピアノ協奏曲5番「皇帝」を吹いた時、楽団の方に 「pyonさんの音はベートーヴェンらしいよね」「音が太いね」とコメントを頂いた。 そういえば、小さい頃習っていたピアノの先生にも「pyonさんにはベートーヴェンが合ってる」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/11/05 08:38
クラシック演奏会マナーは不思議
演奏会を聞きに来てくれた、友人(元落語研究会所属)のコメント。 「あれだけのお客さんがほぼ時間通りに集まり、あれだけの方が全員拍手してくれるという世界はすごいですよね〜 お笑いなら絶対拍手してくれないよ。受けなかったらお客が途中で帰っちゃうし。」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/11/04 12:21
心理的(物理的)な親近感
演奏会会場「トッパンホール」は、ソロや室内楽向きの小さめのホール。 客席とステージの間が物理的に近いなー(結構お客さんの表情が見えました)、と思ったら トッパンホールHPの紹介文↓を読んだら、なるほど、と思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/11/02 12:36
音漏れが気になって
明後日本番だというのに、まださらい(練習し)切れてない。 早めに帰宅できたので練習しよ!と思いきや、前述の社宅では練習しがたく、近所のMューザも、いわゆる音楽教室のスタジオも、全部埋まってる… 21時まで家で弱音を練習し、あとは低音のB、H、C、D、Esの指の練習をした。 以前、トラックバックして頂いた善蔵さんのように、23時まで練習できる環境はうらやましいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/10/28 12:51
発泡スチロールファゴットケース(JDRライトケース)
そんな訳で腰痛持ちの軟弱なわたくし、荷物をできるだけ軽くしたいと、1年前からJDR(日本ダブルリード株式会社)の「ファゴットライトケース」を使っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2005/10/27 12:21
楽器と腰痛
練習の日は、右手or肩に重い楽器、左肩にその他色々の荷物を担ぎ、電車で千葉に遠征。 合奏が頻発する演奏会前は、何だか左腰が痛い。(肩こりも) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 5

2005/10/26 12:58
土臭い室内楽
Y室内管弦楽団は、邦人作曲家の土臭い曲がお得意。 芥川也寸志「交響三章」、伊福部昭「シンフォニア・タブカーラ」・・・etc 弦楽器が腰を浮かしてごしごし弾いて、日本のお祭りにいるみたいに血が騒ぎます。 いわゆる、おしとやかな、「癒しの室内楽」をイメージ聞きに来てくださる方は、びっくりしますよ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/10/25 12:17
目先の音程はやっぱり気になる
アマチュアオケは技術面にとらわれずとはいえ、合奏中、音程やリズムを皆さんと合わせられないことがとっても重圧なのです。 今回のベートーヴェンピアノ協奏曲、2nd吹きの私には珍しく1stに挑戦。 でも、曲に頻発する高いC前後の音程が安定しない。 ファゴットの中音域のオクターブ上の音は、指使いが下の音とほぼ同じなので、息の圧力変えて音を出すが(この表現正しくないかもしれませんが) 音が細いわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/24 12:13
目先の事に囚われの身
昨日素晴らしい「秋味のベートーヴェン」を聴いたのに、いざ合奏では「いつもの曲」に戻っちゃった。 音のイメージとか曲の流れ云々以前に、音程が、リズムが、強弱が、ブレスが、指揮が・・という技術的な事に意識が向いてしまう。 この次元を超えるには個人練習の一言。しかし、限られた時間で練習する我々アマチュアオーケストラは、技術面だけに囚われず、その瞬間に鳴る音に集中し、次を瞬時に判断・予測し、互いに共鳴し合う音を奏でたいなぁ、と思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/23 23:58
本番1週間前のトラウマ
前回のY室内管弦楽団の演奏会1週間前、不注意で左足小指を骨折した。 大ショック。 松葉杖をつかなかったのが幸いだが、包帯足を引きずって入場… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/21 12:19
人も楽器
今所属しているCフィルのFg男性陣は、オーケストラ大音量でもよく通る音を出す。 演奏以外でも、発言しかり、その人自体が迫力満点。 わたくし、態度デカいのに身長148pのミニサイズ(言い訳) 息が続かないし、鉄砲玉のような音でちょっと迷惑な人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/10/19 12:11
エキストラの心構え
合奏(Tutti)に臨む際には暗黙のルールがあると、学生の時に言われた気がする。 エキストラであればなおさら。 初合奏前にスコア等で曲を勉強する、初見で合奏に臨むなどもってのほか、練習開始よりも早く来て音出しをする、演奏する曲以外はその場でさらわない、合奏中は個人練習の場ではない、等々 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/10/18 12:15
音が拡散?
前出の、自分のファゴットを隣の方に吹いてもらった時のこと。 「pyonさんの楽器よく鳴るよね」「音が拡散している、というか生音」 「こっちのボーカルの方が音がまとまるよ」 と、今月末の演奏会に向け、その方のヘッケルボーカルを貸して頂いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/10/17 12:08
音がでこぼこ
意識しないと、普通に吹いているだけでは音がでこぼこになる音形がある。 ●●●●●のつもりが●・●◇● 鳴りにくい音、タンギングと指が合わない、指のもつれ等技術的な要因が大半。 でも、人間の注意力って思った以上に持続できない。 何となく流しちゃう、見逃しちゃう箇所にこそ、注意を払えるようになりたいのぅ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/15 20:42
部活動
今日は、まじっくばすーん さんの 『「吹奏楽」というもの』 からトラックバックです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/13 12:25
楽器に頼りたい
以前、音は人に由来と書いた。 善蔵さんの「人と音色と楽器」で、音は自分の体に共鳴していると表現しています。(初トラックバックです〜) 音は、奏者、奏法、楽器、リード、ボーカル、空気etc…が相互に影響し合った結果であり、楽器は重要な要素。ファゴットには色々な機種があり、それぞれ特徴があるとか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 15 / コメント 2

2005/10/12 12:20
7年ぶりの再会
大学時代のFgの一つ上の先輩、K先輩とその旦那さんに会った。 K先輩は美術系の方である。大学卒業後、研究生、ストラスブール留学の後、現在は、関西でデザインの仕事や研究員をしているとのこと。 お互い各地を転々としており、実に7年ぶりの再会。無礼を反省です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/11 12:58
音は人に由来?
Y室内管弦楽団の練習に行った。 一緒に組んでるファゴットの方に「pyonさんの楽器貸して」、私の楽器を吹く。 ・・・私の楽器なのに全然、全く別の音がする ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 3

2005/10/08 21:15
強弱記号
オーケストラの強弱記号ほど相対的なものはない。 (緻密な作曲家の場合、絶対的なものもあるので、ご批判あると思いますが…) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/06 12:12
理系と音楽家2
管楽器奏法はきわめて理系だと思う。 「この音は■、●、▼、◆?」 「2拍目からクレッシェンドして、4拍目まで持続し、次の小節の2拍目から落とす」 「10セント低い音で」 どんぶり勘定だけでは演奏できましぇん ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 8

2005/10/05 12:15
理系と演奏家
演奏に大切なのは表現力、心だー。 と言うけれど 理系を本業とする人と一緒に演奏すると、目から鱗が落ちる。 音の長さや強弱記号等の楽譜を忠実に再現する能力、変拍子、音程合わせ等々 彼らはどんなに苦しくて熱くなっても、感覚やサジ加減ではなく、常に理性を保っている。 でも、文系思考と理系思考、演奏者には両方必要だと思うけどね〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/10/04 14:29
ソリスト
今月末に、エキストラで演奏会に参加することになった。 今日は、ベートーベン「ピアノ協奏曲5番」のソリスト、串田真理さんとの初合わせでした。 ソリストがいるだけで、通気口から風を吹き込んだように それまでの我々の演奏の流れががらっと変わってしまった。 彼女はあんなに華奢で小さいのに、偉大な音がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/02 22:50
練習室
今の住まいは集合住宅のため、家では楽器を吹けない。 Mューザの練習室を借りて個人練習をしてみた。 (お金を出して練習所を借りるなど、よほど切羽詰っている。) ここはきれいで、二重扉で集中できて、とても気に入っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2005/10/01 23:37
音を飛ばす
前回の演奏会の録音を聞いた。 なぜ自分の音が聞こえないのだろう。(2ndが1stのサポートをしていない…) たくさん吹いて、自分では自分の音が良く聞こえるのに。 どうしたらよいのだろう。 来月の演奏会ではリベンジしたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/30 17:53
イメトレ
わたしは初見が大の苦手。なので、演奏会の曲のCDをずーっと聞き続ける。 通勤途中の電車の中、川崎の仲見世通りを突き抜けるとき、練習に向かうとき。 曲想や吹き方しかり、力加減、和音のハマリ方を聴いている。 CDの音程が?だったりすると、その通り吹いちゃったりする。 これはもう、イメトレの範疇を越えて洗脳。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/09/29 12:47
結婚式余興
11月に、大学オケの同期が結婚します。 大学オケ木管同期6人は、お互いの式や2次会で演奏しており、今回も余興させて頂きます。 しかし、同期は世界中に散っていて、楽器生活もバラバラ、かつ、いつも微妙な編成。 (今回はOb1、Cl2、Fg1、司会1) 正統派アンサンブルは諦め、ポップス系の弦楽四重奏を木管で吹くが、なぜかしょぼい…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/28 12:34
Fg2ndの魅力
演奏会では2ndを吹くことが多いです。1stを吹く能力に乏しい事もあります。 でも、ファゴットの2ndは魅力満載だと思いませんか? 他パート2ndように、1stの追従ではなくて、木管の支え、木管をコントロールできるFgパート…。 だから、ファゴットの2ndパートをブリブリ吹く人、大好きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/09/27 12:59

トップへ | みんなの「音楽」ブログ

ファゴット(だけじゃない)日記 音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる