ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ゼネラリストのモチベーション

<<   作成日時 : 2009/06/06 06:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

わたくし、数年に一度職務ががらっと変わり、どの部署でも対応しなくてはならないゼネラリストです。

ゼネラリストって、その仕事内容(職務・事業)が本当に好きで仕事をしている人があまりにも少ない。
ゆえに、モチベーションの拠り所が仕事以外になりがち。
本当にその仕事が好きなならば、アイディアが湧き出てくるはず。
社としてせっかくやるなら、好きな人が従事できるようになればいいのに。。

趣味の楽器は、好きだから吹く。
単純明快です。


…お仕事の愚痴でごめんなさい <(__)>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
まじっくばすーんです。

モチベーションの維持が大変なときがあるかもしれませんが、音楽を支えに頑張って下さい。

私はずっと外資系の会社なので、「ジョブローテーション」みたいな発想がなくて、みんな基本的におのおのの分野で専門職です。私は人事総務畑でずっとやってきてます。

ローテーションを含め、キャリアデベロップメントまで考えてくれる日本の会社が羨ましくなることが時々あります。
まじっくばすーん
URL
2009/06/08 09:42
確かに楽器は好きなんですけど、オケやっている以上、曲や乗り番を選べない面もあります。とりあえず、来たものを受ける、ってのも、ある意味ではジェネラリストかも…。ほんとは好きな作曲家の2番ばかり吹いていたいワタシです。
ここぼろ
2009/06/08 20:46
コメントありがとうございます。反応が遅くなりごめんなさい。

まじっくばすーんさん、お久しぶりです。
私はお察しの通り超日本的組織に勤めてますが、組織に守られてるのかな…ないものねだりですがプロ集団に憧れます。

ここぼろさん、フランス系が得意な人やドイツ系が得意な人等、音色もクセも色々いますけど、確かに楽器奏者は何でもござれのジェネラリストですねぇ。
pyon
2009/06/12 21:33
ゼネラリストの養成は、衰退時代下では急務だと思います。
スペシャリスト養成は、個人の専門性を高め、組織全体の進歩の近道です。
しかし、それは縦割りの深刻化に繋がり易い状態です。
零細組織や成長期においては、縦割りは非常に有効に機能しますが、衰退期においては全体を俯瞰できる知見が必要になってきます。
ゼネラリストは非常に重要な存在です・・・・

と、私は自己理解してきました。。。
Nyotoku
2009/06/15 23:01
Nyotoku先生、お久しぶりです。
説得力ある先生のコメントのお陰で何とかモチベーションを保てそうです。
本当にそのとおりですね。組織強化にはゼネラリスト養成は必要だと思います。
しかし、ネタバレですが、公金を使っている我々の仕事のアウトプットを客観的に見ると、果たしてこのレベルでいいのかなぁとも思う今日この頃です。
pyon
2009/06/17 07:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ゼネラリストのモチベーション ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる