ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽器の特性を生かす

<<   作成日時 : 2007/06/15 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

楽器ごとに得意・不得手な分野があります。
とろけるような甘いメロディーは、フルート、クラリネットが得意です。

ブラームス交響曲第2番4楽章122小節〜・325小節〜の、クラリネット&フルートで始まる木管の綺麗なスケールフレーズは静かに綺麗に吹きたい。
だが、途中からファゴットが加わると…
バタバタモゴモゴ煩いのょ。。(-_-;)
フルート、クラリネットの影に潜むためには練習が必要です。

---
じゃ、ファゴットの特性って…?
・ミステリアス系
・おとぼけ系
・他の楽器の音同士をまとめるツナギ
・味に深みを与える…?

いずれにせよ、「甘美」とはやっぱ少し違うと思います。

「美しい」魅力だけでないファゴットの音

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「吹けないのは自分の技術面以外の問題」
ブラームス交響曲第2番4楽章の合奏にて、木管楽器が実にたくさん捕まってしまいました。 綺麗なスケール以外にも、どの楽器も指とか音とか難しい所多数。 その上で、元気良く喋る所があったかと思えば、静かにミステリアスに吹く所あり、で、 コロコロ表情を変えなくてはなりません。 ちゃんとできたらカッコいいだろうなぁ。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2007/06/23 20:12
演奏者が違うと
先日、ブラームス交響曲第2番の本番を終えたところですが、 この秋にブラ2をやる団体の練習に行ってきました。復習復習。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2007/07/25 07:12
テナー音域E-F#運指
ブラームス交響曲第2番4楽章122小節〜の2ndファゴットには、 ラシドレミファ#ミレ〜のA-durの甘美な音階があるが、 実はこれが結構鬼門。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2007/11/10 08:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「甘美」というよりは「いぶし銀」かしら・・・でもファゴットがどっしりと厚みのある音で吹いてくれるとくれないとでは、吹きやすさが全然違うよね。重鎮でありつつ時には前線に躍り出るところは、サッカーでいうディフェンダーのようなものでしょうか(謎)。確かにブラ2の4楽章のような速い動きのメロディーは得意でなさそうだけど・・・(笑)

2007/06/15 23:09
おぉ、ゆ殿!
>重鎮でありつつ時には前線に躍り出るところは、サッカーでいうディフェンダー
うぉぉー。そうなのか。重鎮であるかピョコピョコ隠れるか、二者択一なんだよね。
プレッシャーだ。。。
pyon
2007/06/16 08:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
楽器の特性を生かす ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる