ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大きな音を出すためには

<<   作成日時 : 2007/01/23 12:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 3 / コメント 5

音が大きくて、遠くまで音が良く届くファゴットのお兄様に
「どーしたらいつもそんなに大きな音が出るのですか?」と質問すると、口癖のように
「深く座って『たっぷり』吹くといいよ」
「じゃあ、特に強い f(フォルテ)の時はどうするんですか?」
「フォルテの時はいつもよりもっとたっぷり吹く」
と言うのです。ほぅ。

でも、個人的には
・たっぷり(息を入れて朗々と)吹く
 → 歌いすぎてテンポがどんどん遅くなる
 → のんびり構えすぎて一人だけ呑気な演奏になっちゃう
・重いリードでは息が持続しないので、軽いリードで朗々と吹いた気になる
 → やっぱり音が細く、大音量の中では客席に届かない(リードのせいもあると思いますが)
・椅子に深く座って吹く
 → 「半ケツ」(緊張感を保つため椅子に深く腰掛けない:安純の教え)に反する

でも、難しい曲ほど、曲の演奏中は確かに、
音・音程・指等、目先の技術面に気を取られすぎて、
たっぷり息を入れて「楽器を鳴らそう」という意識は薄いのかも。

難しいですね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
響きのある音を・・・
この話題を書くと例によってオヤジさん達から 苦笑付きのコメントがつくのだけれども・・・ ...続きを見る
まきたばのさけび
2007/01/23 22:59
響きのある音を・・・
この話題を書くと例によってオヤジさん達から__苦笑付きのコメントがつくのだけれども・・・____先日の演奏会では1stを吹いた後輩・3rdを吹いた先輩と大音量の持ち主__なんだけど・・・__ ...続きを見る
まきたばのさけび
2007/01/23 22:59
貧乏サラリーマンが3年、片手間で株式投資で50万を3000万以上にした成功の法則!
裕福な生活を送りたい会社員さんへ株式投資で50万が3000万になるとしたら、あなたの人生変わりますか?たとえ「仕事をしながらでも」、たとえ「毎日遊びながらでも」1日わずか30分株式投資で、サラリーマンの年収の5倍、10倍を稼げる、この単純明快で、誰でも実践できるノウハウを理解したあなたは、今後一生お金に困らない人生を送れるはずです。この秘密の法則は、すでに300名以上の方が実践し成果をあげています。このノウハウを読み終える頃には「あ~ナンだ株式投資で稼ぐことは簡単な事なんだ」... ...続きを見る
株式投資
2007/04/09 12:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
オケでは、ファゴットに大きい音が必要な場面はあまり無いような気がします。とくに我々アマオケだと周囲の楽器も音が小さい場合が多いですし。

ソロでリサイタルやる場合なんかはホールを鳴らせる音量が必要だとは思いますが、アマチュアだとせいぜい発表会くらいでしょうか。私も音は小さいので(師匠に比べたら親子ほどの差が...)、発表会の時だけは重めの良く鳴るリードに換えて、体力の配分に気をつかっています。

オケの中で大きな音が出せてもバランスを崩して指揮者ににらまれるばかりですし、逆に弱音が出せなくなってしまったりしますよね。それよりは、ほどほどの音量で楽器が良く鳴り、弱音まで充実した音が出るようにしたほうが良いのではないでしょうか?
トゥッティで埋もれてしまうのはファゴットの宿命だということで(笑)
大きな音ですか....
2007/01/24 01:47
.....とコメントしたのに、ニックネームのところにタイトルみたいのを書いてしまった粗忽者です(笑)
m_arai
2007/01/24 01:49
m_araiさん、ありがとうございます。
私は、音量がどちらかというと小さく、というか遠くに届かなく、平常時はいいのですが、ソロやファゴットがメロディーの時は音が埋もれてしまい、指揮者に必ず「もっと音出して」と言われるのです。
(当楽団の木管陣は音大きめなのです)
肝心な時には大きい音が出したいなぁ…と。
pyon
2007/01/24 07:35
アマオケは周りの音量が落ちないからそのなかで聞かせようとすると大変ですよねぇ
パワーのある人は重めのリードに速い息を入れて力で押しまくる手もありますが
むしろ軽いリードにゆっくりした息を沢山入れて吹く方がより遠くに届く音が出せると思いますよ
言われた「『たっぷり』吹く」というのはこの事を言ってると思います

べト7・シューベルト共に低弦としっかり鳴らした音をつくるいい機会ですね

善蔵
2007/01/24 07:45
善蔵さん、今までどっちかというとしっかりした音を出したくて重めのリードを使うことしか頭になかったのですが、
先日の練習で軽めのりードを使ったら、個人的に楽器を良く鳴らせていい感じだったかも… 
頑張ります〜
pyon
2007/01/24 08:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大きな音を出すためには ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる