ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 合奏に臨む際の暗黙のマナー

<<   作成日時 : 2006/11/13 12:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

先日の合奏中(その日はドビュッシー2曲の1stを担当)
わたくし、山カンが外れ、まぁいいかと思ってた思わぬ所で指揮者に捕まってしまった。
指揮者が合奏を途中で止めて、ファゴットパート、ファゴット&旋律パートだけで吹かされたが、
全然指が回らず、吹けず、お恥ずかしい演奏。_| ̄|○
指揮者もご納得頂けず首をかしげてる…。 ←そりゃそーだ。

オーケストラの合奏中、指揮者に捕まって吹けない箇所がある(=個人攻撃を受ける)と
→全員が音を出す時間が減る
→先に進まない(たいがい曲の途中で時間切れで終わっちゃう)
→非効率
→限られた合奏回数なのに曲の仕上がりが遅れる

…だから事前に個人練習しましょう、
という合奏に臨む際の暗黙のマナーみたいなものを、学生の時うるさく言われた気がしますが、
一人のまぁいいかが全体に迷惑かけちゃいますね。
皆さんごめんなさい。
本番までには何とか…します/したい

エキストラの心構え

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
合奏は何十人もの人が動きますから、
いろいろ気を使いますね。

オーボエの場合、
・ソロがある人は休まない、ない人も代奏の覚悟をする(→オーボエソロが落ちると合奏に多大な影響が出ることが多いので)
・ロングトーンもちゃんとさらう(息が足りなくなることがないので忘れがちですが、チューニングのAがキレイに決まらないのはオケ全体に対してすごく迷惑なことなんですよね)

・・・でしょうか。
ここぼろ
2006/11/14 11:45
ここぼろさん、うおー。恐れ入りました。。
>ソロがある人は休まない、ない人も代奏の覚悟
>ロングトーンもちゃんとさらう
確かにチューニングのAがとても上手な人、いますね。聞いてても気持ちよいです。やっぱり練習されてるんですね。
でも私、おそらくチューニングの「ラ」は恐ろしくて出せません。。
pyon
2006/11/14 22:35
こんばんは。やっと娘が寝たので、ちょっとのぞきにきました!
上のここぼろさんへのコメント笑ってしまいました(~_~)
㋶の音怖いですね!!フリックキー押せば高くなるし押さなければこもるし・・。軽くしても「プスっ」なんて微妙に音がしたり・・・・。
私だけかも知れないけれど、ソノーラを使っている私はすごくいやでした・・・・(ToT)
temayu
2006/11/15 00:31
そうそうtemayuさん!私も、Aの音を出すとき、フリックキー押せば高くなるし押さなければ音がこもるし、気をつけないと音が命中しないし…
私だけじゃないと分かって少し嬉しいです♪(笑)
pyon
2006/11/15 07:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
合奏に臨む際の暗黙のマナー ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる