ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 音源に頼りたい

<<   作成日時 : 2006/09/29 07:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

わたくし、何を隠そう初見演奏が大の苦手。
曲を演奏する際は、他の方の演奏を聴き、その真似をしちゃうことが多いです。

音源を聞くと、楽譜を頼りに自分なりに考えて吹く時と比べ、自分のパートが曲の中でどういうフレーズなのか、どこを頂点にするのか、どの程度主張すれば良いのか、
えーっ!(こう吹くのか)という齟齬が非常に多いのです。

今度、木管8重奏でやる「ハイドンの主題による変奏曲」のオーケストラ版をちゃんと聞いてみた。
Fgパートは、オケのFgパートというより、ビオラ、チェロ、コントラバス、ホルンのパートを吹いていて、木管8重奏にてFg2ndパートが担当する音は、オケ版では強烈に主張してきこえます。

…音源を見つけておいてよかった。
プロ級の方等は、楽譜やスコアを見ただけで、ここはこう吹くというイマジネーションがムクムクと沸いてくるのでしょうねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
私も楽譜がちゃんと読めません。
邪道と思いつつ音源に頼っているのですが、
曲が多い時は音源だけだと間に合わなくて困ります。
なんとかならないもんでしょうか…。
ここぼろ
URL
2006/09/29 11:18
さすがにブラバンで演奏するのとは違いますね。オーケストラの大変さ、改めて実感です・・
確かに、どうやって吹いていいのか分からなかったりして、コンテスト前にはいろんなCDを聴いていたりしましたが、それでも私には分からなくて結局自己流・・。 そう思うと、音1つ出すことにもオーケストラの方は気をつかっているんでしょうね。 
木管8重奏、がんばってくださいね!!
AQUA
2006/09/29 20:48
コメントありがとうございます!
ここぼろさん、私、曲が多いときは音源を聞かずになすがままに吹き、本番後に後悔する事多数です。
音程の幅とかを体得されてる方は、音源が必要ないのでしょうかねぇ。

AQUAさん、ありがとうございます〜
オーケストラはずーっと1人1パートなので、その分気を使います。でも吹奏楽でも複数人で合わせるのももっと気を使いますよね。
でも、ちゃんと気を使えるようになったのは、大人になってからかも、です。
pyon
2006/09/30 00:11
こんにちはー。
ちょっと前に、
楽譜からだけでも読み取って音楽作りをしよう。
などとえらそうにブログに書き込んだ経験があります。
でも、実際僕も音源が手にはいるときには、なるべく聴くようにしています。
しかし、大事なのはその先ではないでしょうか?音源を聴いたあと、もう一度楽譜を読み直し、自分なりの音楽解釈を加えていき音楽を作る。
指揮者が合奏中に出される解釈にも自然と対応できていくはず。
な〜んて、これはうちのトレーナー先生のうけうりであります。
mollen
URL
2006/09/30 08:18
mollenさん、ありがとうございますー!

>音源を聴いたあと、もう一度楽譜を読み直し、自分なりの音楽解釈を加えていき音楽を作る。
素敵な言葉ですね!
聞くだけでなくて、あれこれ自分なりの解釈を加えないと楽しくないし力にならないですね。。
なるほどです(^^)
教訓ありがとうございます!
pyon
2006/10/01 17:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
音源に頼りたい ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる