ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 低音息絶え絶え

<<   作成日時 : 2006/08/31 12:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

メンバー不足ということで、Cフィル関係者多数の木管アンサンブルに急遽参加する事になり、ブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲(木管9重奏)」を練習してみた。

ブラームスの2ndFgは低音続出だが、この曲も例外でなく、ヘ音記号真ん中のCから下の低音域が頻発し、最低音B♭から始まるスラーのフレーズや、低音の伸ばしばっかり。
吹いてみる。
案の定、息が続かず、その前に音が命中せず、左手の親指が回らず、モゴモゴしてる。

高音域から低音域までまんべんなく出現する曲を1曲通して吹くと、低音が細くなる、音が出ないのは、ずっと課題なのです。
オーケストラの合奏では、リードを変えたり、途中休憩したり、小手先で色々自己流に工夫しちゃってるのですが、
アンサンブルだと基礎力が露呈。
どうしようかなぁ。。

と思ってたら、いつも拝見している善蔵さんのブログ
低音ロングトーンの練習について、
>楽器内での共鳴音だけが増えていくように息を入れていきます
>うっかりするとリードのばりばりが響きより大きくなってしまいますが
>これを抑えてゆっくりと息を増やしていく…
とありました。なるほど。練習してみよっと。

−−
学生の時、ブラームス・ベートーヴェンが得意な同期のFgがこの曲を吹いてた気がするが、
どうやって吹いてたかなぁ。
ブンブン吹いてた事は確かだが…思い出せない。

低音ブツ切れ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中低音持久力不足
低音が気に入って買ったはずのヴァルターですが、 (↑この言葉を何度使ったことか…) 毎日どころかここ数ヶ月ほとんど楽器を吹いていないわたくし、(すみません) たまに低音を吹くと、以前にも増して息絶え絶え、全く息が続かないのです。 楽器が他の機種より若干太め・厚めだからだそうで。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2007/11/18 23:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
残業のともは不要な善蔵です

トラックバックありがとうございます
私も今度の嘆きの歌とマーラーの五番で低音連発に苦しんでいるのです
単発でロングトーンなら問題ないのですが連発すると不発を起こしちゃうので・・・

低音でハッキリした立ち上がりで吹こうとすると息のスピードが早すぎて失敗しちゃうんですよね

そんなわけでとにかく必要な息を身につけようとあんな練習になりました

善蔵
2006/08/31 17:29
善蔵さん、こんにちは。
そういえばわたくし、まず単発ロングトーンに問題がありそうです…。
連発の時にハッキリ吹きすぎると確かに破裂しますし、ゆっくり吹くともそっとした音になる。
うまくいかないですね。
pyon
2006/09/01 12:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
低音息絶え絶え ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる