ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 組織に属し続けること

<<   作成日時 : 2006/07/18 12:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

かつて大学時代、大学のサークル:オーケストラを辞めようとした事があった。
練習が拘束時間が長くてしんどかったし(今思えば全くたいしたことはない)、練習ばかりで彼には怒られるし、体調不良が一向に良くならなかったし、とかとかとかとかとか。

そしたら、Fgパートの人全員がファミレスに集まってくれ数時間も説得してくれた(というかお話含む)時に、
「オケを辞めても友達は友達だけれど、同じオケに属しているという繋がりがなくなってしまったら、お互いをもっと良く知る機会自体が少なくなるし、(オケを続けている場合より)友達である度合いが少なくなっちゃう。」
というような事を冷静に言ってくれた。

もしあの時オケという組織を辞めていたら、楽器は買わなかったし、今市民オケをやってないだろうし、その後の生活も随分違っただろうし、
助言してくれた皆様にはとても感謝しているのです。


私は10年後も市民オケを続けているだろうか?
星の数ほどある市民オケのうち一つの組織でずっと吹き続けることや、我々が市民オケに求めることは、社会人として組織に属することとある意味似ていて、
たとえOBオケであっても、精神的育成要素も強い大学オケとは少し性質が異なると感じている。

そのうち区切りをつける時が来るのだろう。
だが、種々様々な理由があって区切りをつけたとしても、
今まで一緒にやってきた方々と一緒に演奏する機会がなくなるのは、単純に寂しいなぁ。
と思うのです。
そんな葛藤中です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
何やら意味深な・・・
先日一つの時代に区切りをつけたところです
演奏を続けている限りどこかで一緒になることもありますよ
私は十年後も二十年後も楽器を吹き続けているはず(と信じています)
三十年後は自信ないなぁ
善蔵
2006/07/18 12:51
善蔵さん、コメントありがとうございます〜
>演奏を続けている限りどこかで一緒になることも
確かにそうですね。。
今回は、何か大事件があった訳ではなく、
歳の節目とかで悶々と考えていた事なのです。
歳だわ。なぁんてね。
pyon
2006/07/18 20:03
今晩は。
ふと自分の足跡を振り返ってしまうこと、ありますねぇ。私などは、結局その瞬間の足取りが確認しようがなくて振り返るだけなのですが・・・
今が一生懸命ならどのような道に進んでもよいのだと思いますよ。
満月
URL
2006/07/18 21:48
この先色々身辺に変化があったりすると、続けたくても続けられなくなってしまう可能性は大いにあるわけだから、私はやむなく辞める時までできるだけ続けていたいと思っているよ〜。
全国転勤があっても各地で友達ができるのも、オケのおかげだったし・・・
今回の引っ越しも危機の一つではありましたが、幸運なことに今のところ続けられております。

2006/07/19 00:00
コメントありがとうございます!

>満月さん、ご助言ありがとうございます。
今が一生懸命…と胸を張って言える自信もないのですが、前を向いて頑張らねばいけないですねぇ。

>ゆ殿、今回の引越し後でも続けてるのですか!
貴女のそのパワーを見習います。
私の目下の悩みはその全国転勤で、その利点もある事を少し忘れていました。
関係ないけど00:00ですねー。
pyon
2006/07/19 18:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
組織に属し続けること ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる