ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ホールに届く音量が予測不可能

<<   作成日時 : 2006/04/11 12:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 4

画像前回冬の演奏会の録音を聴いた。
わたくし、1年前からすごーく簡単なコントラファゴットパート担当(初心者)。
吹奏楽でおなじみ「エル・サロン・メヒコ」、コントラファゴットはファゴットのソロの裏で伴奏してます。

「コントラファゴットはどうせ聞こえないから、pでも強く吹いて良いよ」
というパートリーダーのアドバイスの元、音量関係なく、音がきちんと鳴るように吹くことにした。
しかし、前回演奏会(マーラーSym.10)では、コントラソロの部分でもあまり音が聞こえず。

だが今回、体力不足のわたくし、音量が小さすぎかと自覚していたが、
意外にもよく聞こえる。この録音では聞こえすぎ?
周囲の音量との相対的な関係もありますが、
このぐらい吹き込んだらこのぐらいの音が聞こえるという予測が出来れば加減しやすいのに…。

前回の演奏会のコントラが破門的な出来だったので、
まあ一安心だワン。
次回も、ラヴェル:スペイン狂詩曲にてコントラファゴット(サリュソホーンパート)修行させていただきます♪


−−
パートリーダー所有(=自前です)のコントラファゴット
こっそり勝手に写真撮ってごめんなさい。
いつもありがとうございます♪
立てて吹きます。
身長はわたくしの肩まであります…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ホールに届く音は予測不可能(2)
もちろん、コントラファゴットの音だけでなく並ファゴットの音も、どのくらいホールに響くか予測不可能です。 2ndパート担当が多いわたくし、 Fgパートが3度・5度ハモリの部分で、1stのスーパーヘッケルおじさまの音を消している部分が…。 ホントごめんなさい。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/04/12 12:38
太った?エル・サロン・メヒコ
前回演奏会の録音を貸してくれた友人のコメント 「重い(エル・サロン・)メヒコだなぁ」 確かに頻発する変拍子リズムを追うだけで、軽快さがない…。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/04/14 12:41
立ち位置を変えて吹く
「のだめカンタービレ」の1?巻に同じようなセリフがありましたが 自分の担当以外のパートを吹くと色々な発見があります。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/06/12 13:12
コントラファゴットの聞こえ方は予測不可能
前回演奏会の映像を観た。 えーっ!! スペイン狂詩曲のマラゲーニャ(2曲目)、サリュソフォーン(今回は師匠の楽器を拝借して吹いたコントラファゴット)のソロが全く聞こえない! 頑張って吹いたのに。 でも、本番直前になって体力不足で息が続かない事が発覚し、どーしよう、どーしようと冷静さを欠いて吹いたから当然か。(おまけに姿が映ってないし) ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/10/02 12:20
演奏会録音を客観的に聞くが
演奏会録音が届いたので少し聴いてみた。 うーん。 うーん、うーん。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2007/03/02 07:23
コントラファゴットとファゴットの違いに困惑
ブラームス交響曲第3番の4楽章を初めてコントラファゴット(以下「コントラ」)で吹きました。 並Fg(普通サイズのファゴット)で吹けば何てことのない簡単な楽譜ですが、 四分音符、八分音符が頻発 音の跳躍激しい 高音F・G・G#・Aが出てくる ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2007/05/14 14:08
コントラファゴットの鳴らし方に苦戦
雨の中パートリーダーにコントラファゴットを持って来て頂き、ブラームス交響曲第3番の練習に挑みました。 前回より少しコツが掴めたような。 しかし特に4楽章はアンサンブルには至らず、道は険しい。。 頑張ります。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2007/06/26 07:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
僕にとって「エル・サロン・メヒコ」はファゴットを吹きたいと思ったきっかけになった曲です。ソロのところのコントラも渋いですよね。ウチは吹奏楽ですが、定期の曲には必ず「エル・サロン・メヒコ」(M.ハインズレー編曲)を挙げますがいつも却下されます…
次回はスペイン狂詩曲なんですね。これまた吹奏楽ですが、コンクールで4楽章を演奏したとき僕は1stから持ち替えでサリュソーフォーンを吹いてました。めっちゃ音程とり難いほぼバリトンサックスorチューバなダブルリードでした。(リード1本9,000円)コントラはまだ未経験ですが…Cフィルの演奏会行ってみたく思いました。
bagatelles
URL
2006/04/12 01:23
bagatellesさん、熱いコメントありがとうございます!演奏会是非お待ちしてますよー(^^)
「エル・サロン・メヒコ」侮れないですね。演奏できると良いですねー。
スペイン狂詩曲、1stとサリュの早業持ち替え凄いですね!でもわたくし、サリュソーフォーンは映像で見ただけ、吹いた事も音を聞いた事もなく、リード高いのですね…。
今回はサリュがないのでコントラFgですが、何が違うのだろう…(4楽章に高いEとFがあるので根性で?音を出します)
pyon
2006/04/12 13:35
サリュソって…なんでしょね?
追求すれば周波数の話しになってしまいますが、そのものの音を聴かせるのではなく各楽器の音や進行している音楽に深みをもたせる存在とでもいいましょうか…単独で聴くと工事現場みたいなただの騒音でした。ちなみに運指はバリサクと同じです。
bagatelles
URL
2006/04/13 01:41
>各楽器の音や進行している音楽に深みをもたせる存在でも
>単独で聴くと工事現場みたいなただの騒音
ますます興味津々。
「春の祭典」で見たことがあります。
吹奏楽バージョンのスペイン狂詩曲2楽章のサリュソsoloは、録音的にはバリサクとかが吹いてるのかなぁ?(楽譜見てませんが…)
pyon
2006/04/13 09:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ホールに届く音量が予測不可能 ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる