ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 主観と客観は異なる

<<   作成日時 : 2006/02/14 12:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

秋のY室内管弦楽団演奏会本番の映像をちろっと見た。
この時は自分的には一生懸命吹いて、ファゴットって面白いかもしれないと思った演奏会。

んー。しかし…
客席から自分を省みると反省点山積み。
普段は1stを吹かないわたくし、1stだったベートーヴェンピアノコンチェルト、ものすごーく力が入ってる。口に梅干し(シワ)ができるほど口の周りに力が入ってる。
特にフォルテの(強い)部分、力みすぎて音がひっくりかえり、音量も足りない。
2ndを吹いた曲の方が音が届いてる。

大きな音が出ない→息が足りない→強く吹く→力が入るという図式を見ているような演奏。
脱力系って重要かもしれません。

−−
やっぱ楽器買おう(楽器に頼りすぎ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
合奏(練習)の録音を聞く
合奏を客観的に聞くと、 予想外な所でよく聞こえすぎるし 頑張らなくても良い所で頑張って吹いてるように聞こえるし 聞こえてほしい所はいまいちかっこ悪いし まぁいいかと思っていた所は意外によく聞こえてみっともないし 何か、あと一息って感じっす。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2007/01/10 07:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
主観と客観は異なる ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる