ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 実は内声も面白いかもモーツァルト/交響曲第36番「リンツ」

<<   作成日時 : 2006/01/27 12:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

画像今日はモーツァルトの250回目の誕生日
Amazonでもモーツァルト5−15%offセール中で、どこもかしこもモーツァルト特集

次回Y室内管弦楽団演奏会でも、モーツァルト生誕250周年にあやかり
モーツァルト交響曲第36番「リンツ」を演奏予定。
で、早速聞いてみる。やはり正統派で正しい曲という素人印象だが
数回聞いてみる。
特に1・4楽章、メロディーとベース以外の内声が面白いことに気づき
装飾音符と緩急強弱はっきりを吹くと気持ちよさそう…
チャイコフスキー等のように、終わるぞーと盛大に終わる交響曲とは対称的に、あれ?終わったの?とすっきり気持ちよく終わるところも良いと思えた。

他の美点は…
またまた登場で恐縮。ファゴット生活のsogottoさんは
>リンツは…(略)…繊細さ、一種女性的なたおやかさにおいては、明らかに(モーツァルト交響曲第38番の)プラハに勝るものがある。リンツの端正な響きが私は好きである。
…というコメントが書けるぐらい、もうちょっと勉強します -_-;


○モーツァルト/ピアノ協奏曲第20番
 http://satapyon-fg.at.webry.info/200601/article_35.html

モーツァルト : 交響曲第36番「リンツ」&第39番
モーツァルト : 交響曲第36番「リンツ」&第39番

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「正統派」なモーツアルト/ピアノ協奏曲第20番
明日はかの有名な作曲家、モーツアルト250回目の誕生日だとか。 モーツアルトの曲は、誰が聴いても「清く正しく美しく心地よい正統派のクラシック音楽」ですが、 わたくし、どーも「正統派クラシック」が苦手でした。 現代曲に比べると単調で眠くなっちゃう。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/01/27 14:43
モーツァルトはかっこ悪くなっちゃう
6月のY室内管弦楽団演奏会でモーツァルト交響曲第36番「リンツ」を吹きます。 で、練習に行ってきた。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/03/02 12:42
モーツァルトは音を短く。
モーツァルト交響曲第36番「リンツ」を練習中です。 「モーツァルトは輪郭がハッキリした音で吹けば何とかなる」という教えを遵守し 四分音符、八分音符♪をしっかり鳴らすため、■■■■と長めに吹いていたら となりのFgの先輩が 「モーツァルトは、基本的に、音は短くていいんじゃない」 と言う。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/05/17 12:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
実は内声も面白いかもモーツァルト/交響曲第36番「リンツ」 ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる