ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 花園と陰りのシューベルト「未完成」

<<   作成日時 : 2006/01/21 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

大学オケ友人が所属する☆オケの演奏会に行ってきました(1)。
2曲目はシューベルト交響曲第7番「未完成」。
指揮者も演奏者も若いメンバーが多いこのオケ、苦悩の曲だがテンポ良くさくさくと曲が流れていったが、低弦の陰りの主題は深く響き、木管とホルンのロングトーン和音がとても美しくホールに響いていた。和音の基音のファゴットの方がとてもしっかりとした音で、気持ちよい和音に聞こえました。

これまで、「未完成」のような「熟年層に人気がある正しく美しい曲(選曲の際に良く聞くフレーズです)」はあまり好きになれなかったが、改めて聴くと本当に名曲だと再確認。
熟年層に仲間入りできたのかな?

1曲目は同じシューベルトの歌劇「悪魔の悦楽城」
「未完成」の苦悩と美しさとは全く違う曲想で、トロンボーンのファンファーレが鳴り響く初めて聴く曲。
こんな曲もあったのか。ほほぅ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おじさまパワー
何とも失礼なタイトルですが… 大学オケ友人の演奏会に行ってきました(2) 前日の小編成のオケとは対称的に、このオケは40〜50代のおじさまお姉様中心の100人近い大編成オーケストラ。メインのムソルグスキー「展覧会の絵」、実にパワフル。 管楽器が太い大音量で圧倒させるだけでなく、弦楽器も全員が厚くいい音を出している感じ。円熟味を感じさせる演奏でした。 1曲目のチャイコフスキーの「眠れる森の美女」のワルツ、「3拍子が苦手な日本人」による演奏でも思わず身体を動かしたくなるような、全員で雰... ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/01/23 09:25
「正統派」なモーツアルト〜ピアノ協奏曲第20番
明日はかの有名な作曲家、モーツアルト250回目の誕生日だとか。 モーツアルトの曲は、誰が聴いても「清く正しく美しく心地よい正統派のクラシック音楽」ですが、 わたくし、どーも「正統派クラシック」が苦手でした。 現代曲に比べると単調で眠くなっちゃう。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/01/26 13:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
そうでした。
別に団体名を隠している訳ではないので記載。
<オーケストラ「☆の王子さま」>です。
練習の一環としてオペラを鑑賞したり、楽しそうな団体です。
pyon
2006/01/24 12:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
花園と陰りのシューベルト「未完成」 ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる