ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ベートーヴェン交響曲第7番/ゲルト・アルブレヒト&NHK交響楽団(1982.2公演)

<<   作成日時 : 2006/01/17 12:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 5

1/15(日)、久々にN響アワーを見たらベートーヴェン交響曲第7番が流れてた。
この日は過去の名演奏の紹介。司会の池辺氏は、若き日のアルブレヒトの「何がやりたいかはっきりしている」明瞭な指揮を絶賛していたが、
2ndファゴットの音(奏者は当時在籍しておられた菅原眸先生?)が、とても良く聞こえることに感銘を受けた。

注)私はNHK交響楽団も菅原眸先生もよく知らないし演奏を批評できる力もないので、以下、一個人の感想としてお受け取り下さいませ。

普通2ndパートは、メロディーラインの1stよりも弱めに、1stが浮き立つように吹かなくてはいう暗黙のルールがあるが、
ファゴットパートはそれに依らないと思っている。
基音(ベース音)が弱いと、和音が▼な感じになり、足下がふらつく。
そうは言っても1stの音を邪魔してはいけない。難しいところ。

このベト7、中音域で吹きやすいが、休みが少なく体力勝負。
2ndパートの基音の音程が最初から最後まで太く良く響き、3楽章の木管後列メロディー部分や、4楽章のロングトーンクレッシェンド部分も迫力満点でした。
でも決して出しゃばりすぎたり、周りから浮いてもない。
ああ、木管の和音を支えるというのはこういう事かなぁと思いました。

−−
と悩みながらも、私は主にFg2nd奏者でーす
http://satapyon-fg.at.webry.info/200509/article_3.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
脱力系で音を飛ばす
Zauberfloeteさんから、「音を遠くに飛ばす事」についてコメントを頂きましたが わたくし、ファゴットの音が小さい、音が客席に届かない事が悩み。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/01/19 09:24
無言実行的演奏 −ムソルグスキー「展覧会の絵」/NHK交響楽団
1/29のN響アワーで、ムソルグスキー「展覧会の絵」@ロシア公演を聞いた。 先日友人の演奏会で展覧会の絵を聞き、数年前にはCフィル演奏会でも取り上げた(でもわたくし降り番)。 我々アマチュアオケの「展覧会の絵」、各人が各曲を大音量で吹ききり、それは吹いてても聴いてても気持ちよい演奏なのだが N響の演奏、Zauberfloeteさんと同じ意見なのだがアタッカでつなぐ演奏がおもしろい。 一番のクライマックスでもロシアオケのような「ぶっ飛び」がなく、音量大でも和音がしっかり響き重厚な音が... ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/02/03 15:06
ベートーベン2ndパートはやっぱり美味しい
演奏会メンバーが足りなくなったという事で急遽出演することになった、大学のOBオケの練習に行ってきました。 ベートーヴェン交響曲第7番(ベト7)、2年前に1度2ndパートを吹いた曲。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/05/08 12:40
1st・2ndの和音のバランス
ベートーヴェン交響曲第7番の木管分奏に行ったら、和音に悩むわたくし、先生の言葉に開眼。 以下、わたくしのメモ代わりに記載してます。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/05/29 18:25
木管楽器の2ndパートが上手であること
先日の演奏会、ドビュッシー「小組曲」本番中に多少確信した事。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2007/01/18 12:24
Fg2nd職業病
プロの方の演奏を観るのは(プロに限らず他の方の演奏も)とても勉強になります。 で、どうしてもファゴット2ndの方の吹き方に耳が行ってしまう。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2007/10/15 07:17
二番奏者の手腕
週末の演奏会ではベートーヴェン交響曲第3番の2ndも演奏します。 いつもお世話になっている「2ndファゴットは重要」と教えてくれたファゴットの先生に合奏を観て頂きました。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2008/06/22 22:22
2ndの立ち位置に悩む
これまでの日記でさんざん「2ndは大事だ」と書いてきましたが、 三十代も半ばにさしかかり、仕事上でも態度がでかくなりつつあるわたくし、 (以前から態度がでかいというのはさて置き) 2ndを「普通に」吹いていても主張しすぎてるような気がしてなりません。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2010/05/21 12:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。
私もファゴットをやっており、学生時代から数年間、菅原先生に習っていました。技術的、音楽的なことももちろん教えてもらいましたが、私が一番参考になったことは、いかに音を遠くへ飛ばすか、ということでした(極端に言えば、ソロの箇所などは強弱記号にかかわらずとりあえずフォルティッシモで吹いていみるとか)。
あと、2ndファゴットの重要性と難しさ。これはおっしゃる通りで、木管楽器のベースであることに間違いはないと私も思います。そしてこれほど面白い2ndパートも他にないと思います。
Zauberfloete
2006/01/17 22:55
私も2ndだけど、やはりどの楽器も
2ndの面白さってあるものなのね。
この2ndFgの面白さを知って
先日の演奏会に臨んでいたら、
また違う感想があったかも。
次回は注意深く聴いてみますね(笑)。

2006/01/18 00:41
Zauberfloeteさん、初めまして!
同業者心強いです。よろしくお願いします〜
私、菅原先生とは全く面識がないのですが、
そうですか、2ndファゴットが重要だと思って吹いていらしたのですか・・・
勉強になります。
>極端に言えば、ソロの箇所などは強弱記号にかかわらずとりあえずフォルティッシモで吹いていみる
これも同感です。最初から弱く吹いていたら萎縮した音楽になっちゃう気がします。

バイオリンのぐ殿も2nd同業者でしたね!
私、ダシ?味の素?みたいな役割を狙ってます。
頑張りましょう!?
美味しい旋律以外の木管楽器2ndパートって3度下・オクターブ下の音とかで、全面的に聞こえないのです。
正直、楽譜見て注意して聴かないと未だにわかんなかったり。。。修行します。
pyon
2006/01/18 16:38
2006/12/17の放送のN響アワーのDVD録画をしているかたを、探しております
しているかたは、ご連絡ください。
藤原ひろき
2006/12/21 19:10
2006/12/17の放送のN響アワーのDVD録画をしているかたを、探しております
しているかたは、ご連絡ください。
藤原ひろき
2006/12/21 19:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ベートーヴェン交響曲第7番/ゲルト・アルブレヒト&NHK交響楽団(1982.2公演) ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる