ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 顔では感情を隠せても態度には出てしまう

<<   作成日時 : 2006/01/12 12:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

夏の演奏会のビデオを観た(2)
前半の曲、1stだったこともあり、気合い満点な印象を受ける。
後半の曲:マーラー、この時は既に疲れ果て、楽譜を追いかけている感じがする。
曲の途中で「5楽章コントラの部分、息が続かずちゃんと吹けない、どーしよう、体力ない、どこをちゃんと吹けばそれなりに聞こえるだろう、あー、うー、どーしよう…」とずっとうろたえていたのがバレちゃうような、上の空の演奏。
よく「感情が顔に出ない」言われるわたくし。でも態度が2曲でこれほど違って見えるとは…

楽譜にある音を忠実に再現して(吹いて)も、そこに想いを入れないと、見た目も音ものっぺらぼうに聴こえる。
このマーラー、(自分的に)「オーラを発する」まではもうちょっと時間が必要だったか…


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コントラファゴットの聞こえ方は予測不可能
前回演奏会の映像を観た。 えーっ!! スペイン狂詩曲のマラゲーニャ(2曲目)、サリュソフォーン(今回は師匠の楽器を拝借して吹いたコントラファゴット)のソロが全く聞こえない! 頑張って吹いたのに。 でも、本番直前になって体力不足で息が続かない事が発覚し、どーしよう、どーしようと冷静さを欠いて吹いたから当然か。(おまけに姿が映ってないし) ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/10/02 12:20
コントラファゴットとファゴットの違いに困惑
ブラームス交響曲第3番の4楽章を初めてコントラファゴット(以下「コントラ」)で吹きました。 並Fg(普通サイズのファゴット)で吹けば何てことのない簡単な楽譜ですが、 四分音符、八分音符が頻発 音の跳躍激しい 高音F・G・G#・Aが出てくる ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2007/05/14 14:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
顔では感情を隠せても態度には出てしまう ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる