ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ナルシストではないけれど…

<<   作成日時 : 2006/01/11 12:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

演奏会でのステージパフォーマンスはとても重要。
生演奏を聴きに来てくださる皆様に、音響だけでなく視覚で伝える何かも大きい。

夏の演奏会ビデオを観てしまった。
ファゴットは下向きに(息を下の方向に入れ)口を「も」の字にして吹く。
普段から笑顔が少ないわたくし、口元の笑顔はない。
さらに眉間にシワを寄せて真剣、睨んでる。こりゃ怖い。
演奏会は笑顔で♪なのにね。

思わず何回も観てしまった。
自分の気づかないクセが何となくわかってきた。
学生の頃は、自分が演奏する音や映像はこっ恥ずかしくって全く見れなかったけど
少しは神経が図太く育ったかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
感情は態度に出てしまう
夏の演奏会のビデオを観た(2) 前半の曲、1stだったこともあり、気合い満点な印象を受ける。 後半の曲:マーラー、この時は既に疲れ果て、楽譜を追いかけている感じがする。 曲の途中で「5楽章コントラの部分、息が続かずちゃんと吹けない、どーしよう、体力ない、どこをちゃんと吹けばそれなりに聞こえるだろう、あー、うー、どーしよう…」とずっとうろたえていたのがバレちゃうような、上の空の演奏。 よく「感情が表情に出ない」言われるわたくし。でも態度が2曲でこれほど違って見えるとは… ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/01/12 12:27
無言実行的演奏 −ムソルグスキー「展覧会の絵」/NHK交響楽団
1/29のN響アワーで、ムソルグスキー「展覧会の絵」@ロシア公演を聞いた。 先日友人の演奏会で展覧会の絵を聞き、数年前にはCフィル演奏会でも取り上げた(でもわたくし降り番)。 我々アマチュアオケの「展覧会の絵」、各人が各曲を大音量で吹ききり、それは吹いてても聴いてても気持ちよい演奏なのだが N響の演奏、Zauberfloeteさんと同じ意見なのだがアタッカでつなぐ演奏がおもしろい。 一番のクライマックスでもロシアオケのような「ぶっ飛び」がなく、音量大でも和音がしっかり響き重厚な音が... ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/02/03 12:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
演奏会のビデオですか・・・
実は私、一度も買ったことが無いのです。
結果は音があればいい!なんて思っていまして・・・

先日、トラ先のチューバ吹きに
「髪を振り乱して大暴れして吹いている」
と言われてしまいました・・・

うわぁ・・・
ますます見たくなぃ(−−;
善蔵
2006/01/13 12:57
それはぜひぜひ見てください(^^)
私もビデオを見始めたのはつい最近なのです

でもファゴットってフルートやバイオリンのような華の楽器と比べちゃうと、どーしても
見せ物ではない・・・ですよねぇ
pyon
2006/01/13 23:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ナルシストではないけれど… ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる