ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽譜の意思を伝える

<<   作成日時 : 2005/12/06 12:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

演奏家の意思を伝える楽譜
楽譜に書いてある音、強弱記号、音の長さを正確に再現するだけでは想いが伝わらないのです。

同じスタッカート(・)記号でも、数種類の吹き方(タン/タッ/タ …)がある
その前後の音、周囲の音により音程の取り方が変わる
その曲、フレーズの感じに合わせて吹き方を変えて感じる事ができれば楽しいですね。

人を介して演奏するから意思が伝わる。
心を吹き込まないと。
(…本来の「意図」には歴史的背景とかも含まれるのだろうけどねぇ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウクレレを自分で製作できるキット
ウクレレを自分で製作できるキットがあるんですよ。「全音ウクレレキット」です。表面板と裏面板はウクレレの形にカットされているし、側面板もカーブした状態になっています。ただし、細部はヤスリをかけたりカンナをかけたりする必要があります。もともとは学... ...続きを見る
ウクレレの魅力
2007/10/14 00:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
楽譜の意思を伝える ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる