ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS イメージを具象化して伝える

<<   作成日時 : 2005/12/05 12:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

演奏中、「〜な感じ」を表現する時に、音の長さ、息の使い方、フレーズの流し方等のお約束を作って吹くことがある。
だが、イメージ像を演奏でお客さんに伝えることは想像以上に難しい。

いつもお世話になっている美容師の「すみれさん」
「すっきりした感じで」「退色した時にこのぐらいの色になる感じ」等の曖昧なイメージを伝えても、本当にその通りの髪型を作ってくれるすごい人。
散髪技術については無知ですが、「すっきりした感じ」に魅せるためには、この部分の髪をどのぐらい、どのように切るというワザがあるのでしょう。


残念なことに
「すみれさん」は1月一杯でその店を辞め、実家の鹿児島市の駅前商店街で開業するそうだ。
鹿児島在住の方、是非すみれさんの店へ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Body detox.
Body detox. ...続きを見る
Detox you body.
2007/02/13 05:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コメントありがとうございます。
オイラはよく演奏のニュアンスを「映像だとこんな風景が〜」とか「カメラ割がここで変わって〜」などと他人に説明することがよくありますね。聞いた人が理解できてるかどうか、自信はないのですが…
今後ともよろしくです。
fg_muramura
2005/12/06 22:56
ご来場ありがとうございます〜
こちらこそよろしくお願いします♪
「カメラ割」いいですねぇ。
頭をリセットする時ににも使えそう?
的確に表現するのは難しい…
pyon
2005/12/07 12:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
イメージを具象化して伝える ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる