ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 知らないクラシック音楽は聴くのは体力勝負

<<   作成日時 : 2005/12/21 12:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

次回演奏会の選曲の時期が近づいてきました。
Cフィルの選曲はとってもマニアック。
来年はショスタコービッチ生誕100年ということもあり、ショスタコ盛りだくさん。
ショスタコービッチ:「交響曲第6番」はよいにしても、「交響詩10月」、「ロシアとキルギスの主題による序曲」…知らないよなぁ。

初めて読む本をあっという間に読むのとは違って、知らない曲を聴くことは結構体力がいる。
特に交響曲、長く感じて疲れます。
同じフレーズの繰り返し、???、α波が…
でも、一度曲を「知る」と、(感情移入するせいか) あっという間に曲が終わるように感じる。
不思議です。

いわゆる歌謡曲(死語?)との違いは何なのでしょうね。
そもそも曲が長いから?(交響曲全楽章 30分〜長くて60分以上)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
知らないクラシック音楽は聴くのは体力勝負 ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる