ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 芸術性と人生経験?

<<   作成日時 : 2005/12/18 09:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ルールを知らなくてもついつい見入ってしまうフィギュアスケート。
「フィギュアスケートGPファイナル」の浅田、安藤、中野3選手の演技には本当に感動した。
15〜20歳そこらで、あれだけの大舞台で失敗しても堂々と演じきる能力は本当にすごいです。

フィギュアスケートは、3回転ジャンプやスピン等の技術点以外に、いわゆる芸術性(演技力とか音楽表現?)も採点されてるが、どうやって身につけてるのだろう。
実況解説の人が「今期の安藤選手はアメリカに渡り表現力を身につけた・・」というような事を言ってた。確かに最近の安藤選手は(足の不調がとても残念だが)ひとつ大人になった感じがする。

オーケストラも体育会系。
指や息の使い方とかの技術面以外に、表現力は重要。
芸術性を磨くためにはやっぱ人生経験かなぁと思ってたが・・・



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
芸術面と主観性について
チョット前まで、野球ファンやバスケファンとよく議論した。 そんな時、先方が思いっきり主張してくるのが“逆転のスリル”。 「逆転ホームランが無い」「逆転の3Pショットが無い」・・・・ 確かに、そのとおり。 蹴球には一瞬でゲームを引っくり返すプレイは存在しない。 数年前のCL決勝、マンチェスターUtd vs バイエルンの様な 蹴球界で語り継がれる大逆転劇なんてのは、 短時間での逆転劇ではあるのだろうけど、 一瞬ではないし、ワンプレイでは決してない。 蹴球にその概念を取り込もうとすると、 超ロン... ...続きを見る
る〜ぷしゅ〜と 弐  −Nyotokuの...
2005/12/22 15:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
芸術性と人生経験? ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる