ファゴット(だけじゃない)日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ベートーヴェン、ブラームス、モーツアルトの音?

<<   作成日時 : 2005/11/07 12:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

大学時代、個人練習をしていたら後ろから音もなく現れ、「基礎練習が足りん!」「ファゴットの役目とは」「ブラームスとは」などと一蹴する、熱い大先輩がいた。
先日の木管アンサンブルツアーで久々に大先輩にお会いしたので、聞いてみた。

ベートーヴェンらしい音って何ですか?」「太くて、角がはっきりしている音」
「じゃあ、ブラームスは?」「太い音」
「モーツアルトは?」「音は(太くなくて)柔らかくてもいいのだが、輪郭がはっきりした音」

「じゃあ、チャイコフスキーは?」 今度、チャイコフスキー交響曲1番やるんですけど…
「とりあえず、ちゃんと吹けばそれなりに聞こえる。」
うおー。
チャイコフスキーのファゴットパートは低音−高音のアップダウンが激しく、「ちゃんと」吹くためには基礎力が必要。
ますます悩みそう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
10年前の「先輩からのメッセージ」
大掃除をしていたら、大学の時、10歳上のオーケストラの偉大な先輩が、現役の後輩達に宛てた「木管セクション(楽器)の皆様へ」なる長いメッセージ(というか指導文)を発見。 このメッセージの存在すら忘れてた。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2005/12/30 22:41
シンプルな事こそ難しい 〜モーツァルト模索中
モーツァルト「魔笛」の木管分奏がありました。 本番には出れないのですが、人手不足という事で軽い気持ちで行ってきてしまいましたが とても勉強させていただきました。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/05/02 21:04
モーツァルトは音を短く…。
モーツァルト交響曲第36番「リンツ」を練習中です。 「モーツァルトは輪郭がハッキリした音で吹けば何とかなる」という教えを遵守し 四分音符、八分音符♪をしっかり鳴らすため、■■■■と長めに吹いていたら となりのFgの先輩が 「モーツァルトは、基本的に、音は短くていいんじゃない」 と言う。 ...続きを見る
ファゴット(だけじゃない)日記
2006/05/17 12:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベートーヴェン、ブラームス、モーツアルトの音? ファゴット(だけじゃない)日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる